千葉の歴史の道 房総往還を歩く



 岩井から那古船形まで(木の根峠越え)

 JR岩井駅→市部追分交差点岡集会所木ノ根隧道越丹生集落岩崎地蔵岡本川八東小学校千部川地蔵白塚橋
 義民忍足佐内の碑→
白塚河原→石地蔵→記念碑→船形藩の・陣屋→那古寺→平久里川→鶴谷八幡神社→JR那古船形駅


 

市部追分交差点に出る。市部には継立場があったと言われているが、房総往還の宿場として取り上げられた例はみられない。間宿であったのかもしれない。ここから最終目的地館山に至る道筋に三通りあった。


岩井駅

伏姫と八房

まずこのまま現在の国道127号をたどって富浦町南無谷を経て館山市舟形の那古宿に至るルート。この海岸通りは現在も多数の狭くて無照明のトンネルをくぐらねばならない難所である。明治になって開発されたルートで、今回の対象からは除外した。


富山(とみさん)

岩井神社

拝殿内

第2のルートは木ノ根峠越えの最短ルートである。江戸時代に内陸公認ルートの近道として使われた。市部交差点を直進して大川を渡り、すぐ右側に残る旧道を経て国道127号を横断、「つくだや酒店」の先を左折して山に向かい、岡集会所の先の変則4差路を左に折れる旧峠越え登山道と、直進する木ノ根隧道越えの林道コースに分かれていく。


岩井の大蘇鉄

富山と田園風景
 
木の根街道

旧峠までは険しいながら山道は残っているようだが、峠から丹生(にゆう)側では道が消失しており旧道をたどることはできないらしい。旧峠越えの道は鎌倉時代の古くから存在していた。

この難所を迂回するため明治18年(1885)に峠の東の山裾に200mほどの素掘りの隧道が掘削され、この隧道の南北に林道「木ノ根林道」が開削されて大いに利用されるようになった。明治22年(1889)漱石が保田に遊んだ時、この林道を経て館山まで足をのばしたという新旧二つの木ノ根ルートは丹生集落で合流した後、南下して那古の三叉路で県道302号(旧国道127号)の浜ルートに合流する。

第3のルートは最も古い内陸の道筋で、南総里見八犬伝の里をめぐる道である。市部交差点を左折して県道258号から県道88号に乗り継いで南下し滝田宿、三芳村を経て終点北条宿で浜・木ノ根ルートと合流する。

岩井からは日程の関係で木の根峠越えのルートを選んだ。しかし木の根峠を越える旧道は、木の根トンネルが開通して時点で通行する人もなくなり荒れてしまっているとの事、途中まで歩いたが踏切もなく、峠に入る道はイノシシが出るので罠を仕掛けてあるので入らないようにとの看板があり畑仕事をしていた人に聞いたら道はない(判らない)との話に、引返し、舗装された新道を歩いた。


ビワ畑

木の根トンネル

船形側

以下に千葉県教育委員会が調査した時の文章を記しておく。
市部の交差点を国道にそって直進し、岩井川を渡つたところで往還はいったん川に沿って右折し、すぐ左折して国道にもどり、これを横断し山越えに那古・北条へと、国道とはまったく別のルートをとるのが、よく知られた木の根道で、那古までほぼ一直線に南下する。しかしこの道ばかりでなく、海岸沿いにコースをとる南無谷道も一つのルートとして知られていた。これは不入斗村のうちの高崎浦の町並みを過ぎ小浦を経て、ここから小浦坂を上って、山越えに獅子口を下って南無谷の海岸へ出て、さらに小三郎坂という岩山を越えて、坂ノ下・汐人・岡本・多田良・船形・川名・那古の集落を進む道である。
また小浦道は南無谷の手前にある小浜へ出て海岸沿いに南無谷へ入る道で、現在の国道はこのルートに最も近いコースをとっている。なお国道沿いの原岡にある富浦小学校前の道を入ったところに、老人いこいの家があるが、ここは旧富浦村役場で一角に明治26年の道路元標が残されている。

さて木の根道は高崎の佃屋酒店から国道をそれて、公民館前の変形十字路を左に折れ、内房線に突き当たる。踏み切りはないが、反対側に道は続いている。真っすぐ行くと右手に湯浴堂という小さな薬師堂がある。境内には中世の五輪塔があり、堂内に一茶の句額が奉納されている。また線路近くの崖にやぐら状に穴を穿って三尊像が刻んである。薬師三尊と思われるか古風な作である。

この先から道は急峻な坂道となり、100mの比高差を一気に上る。峠には文化2年(1805年)の道普請の碑があり、不人斗村の又左衛門他4名と丹生村の藤十郎が願主となっている。

又この時行なわれた百万遍の供養塔も並んである。この峠には金波楼という茶屋があったといい、茶店で使用したという井戸が東へ10mのところにある。

下りは緩やかに坂をおりる。途中、伐られた雑木か道をふさいで通行不能の部分があるが、1Kmほどで木の根林道へ出る。ただし林道へ出る直前の部分はもう道がない。この林道は明治19年に木の根隊道が開削されたときのもので、これ以降、峠道は利用されなくなった。さて旧道はこの林道を横切り。丹生川までおりる。

以上である。

木の根街道・船形へ

ビワ生産農家

丹生集落へ

蘇鉄の栽培地

丹生の集落に辿り着く。林道は集落手前で左に曲がりいったん川を越えるが、旧道は直進して川を渡らずに集落の中を抜け、200m先で合流する。


道祖神と地蔵様

丹生集落へ

500m先の丹生と深名の境までくると岩崎地蔵)があり、文化4年(1807年)の廻国塔や寛政11年(1799年)の庚申塔などがある。さらに道に沿って1.5Kmでようやく丹生川の細い谷をぬけ、岡本川の中流域にでる。この出口のところを真瀬口といい、十字路の角に享和元年(1801年)の出羽三山碑)がある。

ここから300mで岡本川を渡るが、往還はそのすこし手前て八東小学咬の校庭を通り、今の橋の100m上流へ出てから川沿いにこの橋の位置まできていた。


石仏群

千部川地蔵

房総往還・那古へ

そしてこの橋の手前の旧道に千部川地蔵があり、左奥の地蔵の光背には「左 キノ子ミチ」と記されている。高さはわずか33cmのちいさなもので、明治22年の建立である。

橋を渡り、さらに700mいくと福沢川を渡るが、古い橋は現在ある橋の東に架かっていた。いまもその跡は分かる。白塚橋というが、これを渡って往還はすぐ左折する。

義民 忍足佐内の碑

 佐内地蔵・街道から

佐内地蔵(河原から)
 案内板

この橋のたもとには義民忍足佐内の碑がある。佐内は金尾谷村の名主で、明冶7年(1770年)に越訴(おっそ:江戸時代、管轄の役所・役人を越えて上級の 官司に提訴したこと。直訴(じきそ)・駆け込み訴えはこの類)を試みて処刑された人物で、この事件は勝山藩西領騒として知られている。

旧道の100m先の力−ブ下に佐内が処刑された白塚河原があり、石地蔵)が祀られている。


切割

記念碑

この先は切割になっており、それを抜ける船形である。ここの切割は明洽40年に切り下げたもので、その記念碑が傍らにある。もとはこの位置でわずかではあるか峠を越えるようになっていた。ここまできてようやく鏡ヶ浦を望むことかできる。
船形にはいって250mほどで十字路があり、その手前、左側に船形藩の・陣屋が置かれていた。現在は石垣が残るだけである。


長勝寺山門

本堂

宝篋印塔

十字路を左に300mほどに行くと左側に長勝寺がある。養老元年に行基が開祖したと言われる。南北朝期の木像簿沙汰が本尊である。石橋山の合戦で敗れた源頼朝がここで再起を誓い、長性寺を言う寺名を長勝寺と変えたと言う伝説がある。墓地には戦国時代の宝篋印塔が残されている。

元の道に戻り十字路から500m程で那古船形駅に、駅とは反対側、案内表示に従って500m程歩くと崖の観音・大福寺に辿り着く。



                      那古船形から館山へ