千葉の歴史の道 房総往還を歩く



 船橋から幕張へ

 JR船橋駅→船橋大神宮→東光寺→鷺沼公園→慈眼寺・根神社→幕張町大須賀山(荒馬大五郎の供養塔・馬加康胤(まくわりやすたね)の
 首塚・タブの木の巨木)→子安神社→宝瞳寺→青木昆陽甘藷試作地・昆陽神社→JR幕張駅


JR船橋駅に降りる。船橋市は「住みたい街ランキングの常に上位にある」人気の街である。駅の南側にある京成船橋駅の南370m先のン交差点を東西へ通じる道が佐倉道である。佐倉道を東に西に500m程行くと船橋大神宮に突き当たる。房総往環は船橋市宮本(旧五日村)の船橋大神宮西下で、成田街道と分岐する。

分岐点は船橋大神宮の裏参道下であり、表参道は海側(京成大神宮下駅側)から入る。この裏参道から表参道の間はかつて横宿と称された所である。


JR船橋駅

船橋駅の碑

千葉街道・古商家

船橋(由来の碑)

船橋(長寿橋)

起点の180m程手前に海老川があり、「船橋地名発祥の地」の表示と案内板がある。古代の英雄(日本武尊のことか)が東征の折、川を渡ることが出来なかったので、地元民が小舟を並べて橋の代わりとし、無事向こう岸に送り届けたのが船橋の地名の由来だと案内板にある。別名長寿橋とも呼ばれ泉重千代さんの手形もある。


千葉街道から
 
船橋大神宮・一の鳥居

二の鳥居

意冨比神社拝殿

船橋大神宮は、少し高台にあり、扁額には「延喜式内意富比(おおい)大神宮」と、正式の名前が書かれている。

本殿右奥には日本武尊・徳川家康・秀忠を祀る常磐神社(ときわじんじゃ)がある。境内には摂社(本社に縁故の深い神を祀っ た神社)・末社(本社に付属する小さい神社で,摂社に次ぐ位置にある)も多く、伊勢神宮に倣った外宮・天之御柱富(あめのみはしらのみや)もある。


常盤神社拝殿
 
  常盤神社本殿  天之御柱冨  
灯明台

また、本殿東の土盛り上に明治13年(1880年点灯の灯明台があり、和洋折衷の珍しい建造物で、また数少ない現存の民間灯台として貴重であり、県の文化財に指定されている。


東光寺参道・本堂

東光寺・堂宇

石仏・石塔

石仏・庚申塔
 
大日如来像石仏

一つ先の信号を左折、すぐ左手に東光寺(真言宗)がある。境内には元禄二年(1689年)の古い庚申塔や十九夜塔など多数の石仏・石塔がある。入口右手の宝永六年(1709年)の廻国塔は道標を兼ね、「右ハかつさ道 左ハさくら道」と書かれている。分岐点の大神宮下にあったと思われる。墓地のどこかに戊辰戦争戦死者の墓、武内岳山の俳句墓碑があるとあったが、2度ほど丁寧に探したが見付けられなかった。墓地の区画整理に時に「無縁墓は一ヶ所にまとめられた」との話を墓参りの人に聞いた。

その先、左手に大日会館がある。元大日堂のあった所で「会館内には正徳元年(1711年)に本宿と横宿の念仏講中が造立した金剛界大日如来像石仏と、江戸時代の製作と見られる虚空蔵菩薩(智慧と福徳の仏様)木像が、会館六畳間に安置されている。

大日会館から少し進んだあたりから京成谷津駅東までの間は、江戸時代にはほとんど人家のないところであった。


虚空蔵菩薩
 
千葉街道への踏切

覆屋

街道の旧家
 
きく地蔵

船橋競馬場駅の先の踏切で右手、京成本線を横切り、現在の通称「千葉街道」こと国道14号と合流、そのまま左手の線路と並行する。

谷津駅入口の先の信号JR津田沼駅方面への道との交差点を左折してすぐの左角に、覆屋(おおいや:ふくどう)に収められた元禄五年(1692年)の庚申塔があり、横に小さな青面金剛碑、頭の欠けた道標がある。

津田沼(旧久々田村)に入ると、左路傍に厄除け地蔵の看板のある堂がある。一名「きく地蔵」とも言い、石地蔵が堂内に安置されている。かつては、はやり目の治癒に効験あらたかであるとして、祈願者がかなりあったと言う。元禄8年の造立で「念仏訪中四拾三人」の銘がある。なお、堂西側の高梨家にはかつて元禄年間頃の墨書銘が見えたと言う「観音・釈迦・薬師」の小木像が安置されている。


鷺沼公園

古墳跡・覆屋

石棺

鷺沼太郎
源太光義の碑

鷺沼1丁目の信号を左折すると、左手に斜面緑地が見える。その東方台地は鷺沼村(旧鷺沼村)で、台地南端に鷺沼古墳がある。鷺沼古墳は昭和40年代前半に一部発掘調査され、二基の小円墳とされてきた。ところが近年の調査では、変則的古墳で形の〈ずれた前方後円墳とする見解に変わっている。発掘された石棺は、現在、覆屋が作られ、外から見学することができる。鷺沼太郎源太光義の墓が高台の南西部に築かれたとあり、本丸内の祠がその墓であると伝わる。鷺沼太郎源太光義の石碑がある。

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」に鷺沼館の記載があるが、それが鷺沼城であると考えられている。石橋山の戦いで敗れた源頼朝が安房国へ落ち延びて再挙兵するが、房総半島を進軍して鷺沼館で兵を整えたとされる。

阿野全成が、下総国鷺沼の宿所で頼朝と対面し、兄弟の中で最初の合流となった。地名からその地がここだと考えられている。(阿野全成:源義朝の七男で、兄弟には「義平、朝長、頼朝、義門、希義、範頼、 全成、義円、義経」 がいる)


根神社・参道・鳥居

拝殿

古墳の東方鷺沼小学校の西側の通り沿いに根神社(日本で唯一の枕と寝室の守護神。不眠(健康・ 安眠祈願)子宝(子授け・安産祈願)に特別なご利益がある)がある。


慈願寺・山門

本堂

羽黒三山供養塔

坂を下ると左手に慈眼寺(真言宗)があり、境内の無縁塔中に武蔵板碑(いたび)は、主に供養塔として使われる石碑の一種である。板石卒塔婆、板石塔婆 と呼ばれ、特に典型的なものとしてイメージされる武蔵型板碑は、秩父産の緑泥片岩を 加工して造られるため、青石塔婆とも呼ばれる。


慈眼寺・観音堂

六地蔵
 
波切地蔵

庚申塔

慈眼寺東隣に観音寺(観世音菩薩の像を安置してある堂)と墓地があり、近世石造仏がある。

街道に戻り200mほど進んだ右手の民家脇路地入口に、尖頭(山状)角柱刑の墓碑がある。正面に「(ア)円人證悟信士」「従海中水口」、左側面に「右ハ江戸道」の銘があり、宝暦8年のものである。伝承では懐中に多額の金を持った老人がここで行き倒れとなり、村役人のはからいで丁重に葬ったと言うが、銘文からすると水死人が漂着したのを葬ったようにとれる。なお、この東側の小林家はかつて立場を営んでいた。江戸時代にはこの先幕張まで2Km近く人家がなかった。


庚申塔・石地蔵

現在の習志野市鷺沼と千葉市幕張境は京葉道路の幕張インターチェンジがあり、かつての街道風景と一変している。また現在の国道14号線は旧幕張市街には入らず、埋立て地を直進している。

旧房総往環は幕張町・幕張本郷・幕張西境で、14号線と分かれて左手に入る。500mほど進んだ左手に庚申塔・石地蔵がある。この場所はかつて、馬加(まくわり)村の西端と認識されていた時期のあった場所だと考えられる。


荒馬大五郎の墓
 
風邪ひき地蔵

大須賀山・タブの森

そこから少し進んだ左手に「大須賀山の自然と文化財」の説明板がある。大須賀山は一名「堂の山」とも言い、階段上右側に郷土出身力士荒馬大五郎の墓がある。墓は深川回遠寺に建てられたが、郷里であるここにも安政4年に造立された。その先に大日堂跡があり、周囲に左の近世石造物がある。また堂の後に風邪を直す地蔵として信仰されて来た大きな丸彫りの石地蔵がある。享保13年に死去した「大阿闇梨印天鏡」の墓であり、なぜ風邪の神となったかは不詳である。


馬加康胤首塚

堂の後を左に上るとタブを中心とする樹林が残っている。東北隅の一本は京葉地帯にあるタブでは巨木の一つである。樹林の中央にかなり大きな平面方形の塚がある。伝説では康正元年(1455年)に干葉氏宗家を滅ぼした後で、東常緑(とうのつねより)等に討たれた馬加康胤(まくわりやすたね)の首塚であると言われる。塚上には大きな五輪塔があり、馬加康胤の供養塔とされている。


金毘羅神社参道

街道に戻り東進して川を越えると、直進する道と左に曲がる道の分岐点となる。直進する道は昭和10年代に造成されたもので、旧房総往環は左に曲がる。

右側の小高い所に金毘羅神社は、その主祭神である大物主神(大物主は蛇神であり水神または雷神としての性格を持ち、稲作豊穣、疫病除け、酒造り(醸造)などの神として篤い信仰を集めていたというが、現在は鳥居と狛犬だけの廃社となっている。


子守神社

拝殿

坂を行くと街道は右にカーブするが、直進すると子守神社がある。社伝によれば千葉常胤(つねたね)の子大須賀四郎胤信が、建久5年(1294年)幕張縫坂の屋形に造営させたと言い、永正5年(1508年)に現在地に移されたと言われる。


宝瞳寺

明治天皇
御休憩所跡碑
 
カラタチの花・碑
 
旧大須賀家住宅
(加曾利貝塚)

子守神社の北側に宝瞳寺(真言宗)がある。当寺は明治5年に馬加村内の宝瞳寺・東医寺・阿弥陀寺・龍性院・正園寺・福寿院・延命寺・聖光寺を合併し、阿弥陀寺敷地を宝幛寺としたものである。その旧阿弥陀寺の本尊であった阿弥陀如来は、千葉常胤が幕張の海中から得た二体の一つとする伝承がある。この日は寺で法事が営まれていて参拝は出来なかった。

街道に引き返して東進すると旧馬加宿の中心の部分となる。馬加村と言っても継場(つぎば)であって小規模であるが、宿の実態については史料が知られておらず、問屋があったこと以外は不明である。
江戸時代、幕張町は天領(てんりょう)に属し、北町奉行配下にあり、大須賀家はその代官所(だいかんしょ)にあてられ、俗称「北の代官所」「北の家」と呼ばれていた。大須賀家の母屋は現在、千葉市貝塚公園に残されている。幕張3丁目公園には、この石碑が残されている。明治15年5月千葉郡中野原(なかのはら)付近で行なわれた陸軍対抗大演習の際には、明治天皇の御休息所に使用された。
また、山田耕作が幕張小学校に通っていたころ公園の横のとおりには見事なカラタチの並木があったと言う。「カラタチの花」はこのころの思い出を綴った歌と言われている。


甘藷試作地の碑

秋葉神社・昆陽神社

ゆるい右カーブを行くと、左手に京成幕張駅方面への道がある。駅への途中の右手に県指定文化財の「青木昆陽甘藷試作地」がある。昆陽が享保20年に薩摩芋の試作をした場所とされている。幕張の地に作った甘藷(さつまいも)の試作地によって、天明の大飢饉にあってもこの地が救われた。
道の反対側には昆陽神社がある。
昆陽神社の南は秋葉神社である。鳥居左前の覆屋内に子安観音、鳥居脇に出羽三山塔群、石段上に手洗石、拝殿西に榛名山大権現石岡等がある。


                               幕張から検見川へ