Blowin' in the Wind 2006
       男の手料理 (手造りのお弁当)
               
                                         
学校の給食は小学校4年生からだった・・コッペパンに脱脂粉乳がメイン。おかずは
鯨肉のから揚げが好きだったかな・・
中学に入ると給食はなく毎日弁当持ちであった。高校も弁当持ち・・中学・高校と育ち
盛りの時は、今はない、いわゆる「どかべん」にぎっしりとご飯が詰まっていた。
母の作ってくれた弁当のおかずの定番は海苔弁に卵焼き・ソーセージ・・毎日毎日、良く飽きなかったものだ。

幸いわが会社には社員食堂があるので昼食・夜食(16時から19時頃まで)には困らない。贅沢をいわなければ
価格もリーズナブルであり、会社からの補助(月額3500円)もある。何よりも嬉しいのはカロリー表示がある事
だ・・生活習慣病予備軍にとっては嬉しいことである

一昨年の10月よりローテーション勤務に入った・・困ったのは土日・休日の昼食・夜食(夕食)であった。
周りはビジネス街で休みが多いし、外に出ても食堂・レストランは混んでいる。コンビ二弁当は脂っこい物が多く、
好みが偏る、健康維持も難しい。病院での検査も気になる・・
「お弁当持って行ったら・・」「そうしようかな?」妻の優しい言葉に愛妻弁当を持つ姿を想い描いたのですが・・
土日休みの妻は・・朝寝坊(疲れているのかな?)
あれこれ考えるのが苦手な人生、あるもの・残り物を体裁よく詰め込み、メインは海苔弁・・会社のレンジでチン!
美味しく食べられます。石井さん・・「愛妻弁当いいな!」に・・とりあえず、無言
妻はつわりがひどく、汗をかいて作った娘がお腹にいる時、見よう見まねで作った息子の弁当・・妻が仕事でいない
時の娘のお弁当作り・・これにはお弁当マニュアルを買いました・・その時デジカメがあれば・・
やっておくものですネ・・いつ役立つかわっかりませ〜ん。
でも、「食」は自分の好みがそのまま出てきます。煮物とお新香・トマトorみかんがあれば文句は言わない。
最後の画像は養老渓谷紅葉散歩の時のお昼です。万葉祭り寿司にねぎ入り卵焼き・白菜の押付け・カジメの佃煮・
ウインナーとブロッコリー・かまぼこの炒め物、食前酒は秋田の雪中貯蔵、デザートは温室みかんでした。
まだ、土日勤務の弁当持ちは続きそうです・・この項も続きそうです。
調理場です →
[ TOP ] [ 大賀蓮 ] [ 像鼻杯(蓮) ] [ 谷津のバラ ] [ 菊花展 ] [ 男の弁当 ] [ ITアフター2007 ] [ ITアフター2008 ] [ きみさらづ ]