気の向くまま・・足の向くまま・・暇な時間を歩きたい。時間はたくさんある・・今まで行けなかった所、
行きたい所・・各地の花便りやイベントを聞くと歩きたくなる。一人でもいい・・友がいればもっといい・・
自然と風景を相手に・・ひとり言・・時には友と会話を楽しみしながら「ぶらっと・ひと歩き・・」
2009.10.28 『丸の内仲通りガーデニングショー2009 <東京ガーデンジュエリー2009>・・』
        テーマ「やさしさに気づく街 丸の内
丸の内エリア・日比谷公園で開催されている、「丸の内仲通りガーデニングショー2009 ・東京ガーデンジュエリー
2009」アーバンガーデニングショーで秋の一日を楽しんで来ました。
ガーデン、ベランダガーデン、コンテナガーデン、ハンギングバスケットの各部門の200点余りが展示され花と緑の
セミナー・実演、ハンギングバスケット制作講習会。新種の花、エクステリアグッズ、インテリア雑貨等の展示販売、
環境・緑化関連製品の実演や展示など園芸ファンにとっては楽しく一日過ごせるエリアとなっていました。
有料の講習会も開かれていましたがマダムの世界・・ビール片手の小父さんの入る余地はありません。
昼食はどこも混雑・・イベントにあわせ出店していた「佐世保バーガー」のテントは昼休みの会社員も並び長蛇の列、
でも・・あのボリュームではハーフカットで充分かな?
コンサートのイベントもあり、警視庁音楽隊・マリンバの演奏・・クラッシック・歌謡曲・演歌、同様ありともビール片手
にゆっくりと聴くことが出来ました。
昼食は待ち行列の短くなった松本楼へ・・ラガーのクラシックと秋の実りのカレーでした。

2009. 8.24 『「しらせ」艦内一般公開・・木更津公共ふ頭H岩壁・・』
8月23日・・ニッポン放送「うえちゃん」の番組で聞いた南極観測船「しらせ」の一般公開・・確か木更津公共ふ頭と
言っていたような・・早速、HPで確認間違いない・・ということで、木更津港公共ふ頭H岸壁へまっしぐら・・潮見公園
を過ぎ少し走ると埠頭に接岸された雄姿を眺めることが出来た。
駐車場の有無については定かでなかったので、とにかく現地まで行ってみる。埠頭には臨時の駐車場があり丁寧に
誘導してくれた。「さすが案内旗の振りかたは上手い・・!」・・ひとり言です。
木更津マリーナから 埠頭の「しらせ」 スノーモービル「しらせ」 CH−101 ヘリ 南極の石
6月に横須賀で新旧の「しらせ」を洋上から見たが・・岸壁に停泊している今日の「しらせ」は大きかった。
金属探知・所持品検査を通り艦内へ・・5月に完成、宗谷・ふじ・から3代目となる「しらせ」(「しらせ」としては2代目)
の艦内見学、普段は決して見ることのできない船内の諸設備・装備・装置を見学してきました。
お出迎えの・・ 南極の氷 隊員の装備 ラッパ 触らないでください
要所要所で担当官が詳しく説明してくれ、親子連れの子供たちにもいい夏休みの思い出になったと思います。
一番興味があり感心したのは艦橋でした。今まで端から端まで狭い種々の護衛艦の中を見慣れてきた目には、艦橋
は桁外れに広く感じ、整然と並んだハイテク機器に目を奪われ、最先端の装備・機器・・を目の辺りにして来ました。
GPS レーダー 艦橋から 後姿も・・ ハイテクでも?
上部見張所
「しらせ」は、海上自衛隊に所属する自衛艦で、南極地域観測協力を行なう我が国唯一の砕氷艦、11月に南極へ
向けて初の航海をするとのことでした。

2009. 8. 1 『夏の風物詩・・江戸川(市川市民花火大会・・』
8月1日(日)市川市民(江戸川)花火大会・・「ちば歩」の例会に参加予定も出かけのトラブルに例会参加・千葉市民
花火大会は取りやめ、お初の江戸川花火大会に方向転換・・市川の駅では「市川市民花火大会」との案内・・
ネットの花火大会案内では「江戸川花火大会」となっている。市川側から見ると「市川市民花火大会」となり東京川から
見ると「江戸川花火大会」となるらしい。そういえば、どこかに同じような花火大会がありましたネ。
横須賀へお出かけのとんぼサンは急遽市川へ・・大混雑の市川駅構内でしたが、携帯のお陰で無事合流・・会場へ・・
ふだんはジョギングの人・散歩の人、サイクリングの人たちの世界ですが、この日は河川敷から堤防まで全て超満員・・
斜面の空きスペースを目ざとく確保。打ち上げまでの40分は夕風に吹かれ折り詰め会席料理と缶ビールで乾杯!!
10カウント後一斉に夜空に花が・・・最後と思って楽しみにしていた富士と五輪の花火は直後に・・歓声が上がりました。
運が良かったのか?間が良かったのか座ったところから打ち上げ場所(江戸川対岸)がすぐに見えるところでした。
打ち上げの火花・空中に舞い上がる火の玉と光の尾っぽ・・そして闇の中に広がる花火・・準備も下調べ無しも、結果は
上々、大満足の花火大会でした。次の花火見物は東京湾大華火大会・・どこからの見物になるかな?

2009. 7.11 『関東三大宮神輿、八剱八幡神社「御例祭」・・』
「君去らず 袖しが浦に 立つ波の その面影を 見るぞ悲しき」八剱八幡神社ゆかりの日本武尊の心中を拝察して詠じた
ものです。八剱八幡神社「御例祭」、毎年7月第2金曜日に「本殿祭」を行い, 翌土曜日・日曜日には、 「関東一の大神輿」が
氏子内を巡幸します。
宮出しも無事に 鳥居をくぐり 出発前の神事 いよいよ練り歩き
祓所(はらえじょ)・参進(さんしん)・祝詞奏上(のりとそうじょう)巫女舞(みこまい)・宮出し準備(みやだしじゅんび)・町内引
継ぎの神事(ちょうないひきつぎのしんじ)の神事をすませ、各町内を祭囃子とともに練り歩き、夕刻には宮入となります。
担ぎ手たち 引継ぎ準備 次の町内へ 揃いの法被で 引継ぎの儀式
木更津に住んで35年余り・・今年初めてゆっくりと「御例祭」の準備の様子とお神輿が市内を回る姿を観ることが出来ました。
10日の午後は散歩(walkig)を兼ねて木更津市内へ11日の情報を集めてきました。11日は宮出しから各町内を回る神輿を
追いかけ、祭りの雰囲気を充分堪能してきました。
世話人 犬も・・ 出発の挨拶 威勢よく・・ しんがりです・・
『関東三大宮神輿』とは「深川・富岡八幡宮」「浅草・鳥越神社」と木更津「八剱八幡神社」です。そして「八剱八幡神社」の神輿
が関東一といわれていますが、人手が少ないのはPR不足かな・・と。でも、その分ゆっくりと見られるのは良い事です。

2009. 5. 2 『ここはお国のとっぱずれ・・ちょっと二人旅・・』
旅番組が好きでいつも見ている妻より九十九里と銚子に行きたいとのオーダーがあり、車を替えて始めての遠出ドライブ
となった。以前、仕事の関係で県内はほとんど車で周り、道は熟知しているつもりではあったが・・20年も前のこと・・
当時とは街並も風景も変わっていた。
形部岬から九十九里 屏風ヶ浦 形部岬灯台 台地の風車 銚子電鉄
当然のこととして「ナビさま」のお世話になった。木更津から牛久・笠森、睦沢・一宮、九十九里波のり道路・蓮沼、飯岡・
形部岬、「地球の丸く見える展望台」では屏風ヶ浦の景観と地球の丸さを実感。
犬吠駅 犬吠崎灯台 犬吠崎 遊歩道から ウオッセ21
銚子電鉄犬吠駅では名物の「ぬれ煎餅」の焼きたてと、名産朝取りの灯台キャベツ、犬吠崎灯台で潮風に元気よく泳ぐ・・
鯉のぼり。
君ヶ浜からウオッセ21へ「行列のできる食堂」で昼食とお土産購入、腹ごなしに漁港を一回り、網にかかった鮫が・・
帰路は白子の玉ねぎ(玉ねぎ祭り開催中)を農家さんから購入。
魚座屋さん 天丼・たぬきセット 名物・海鮮丼 漁港・八戸から こちらは釧路から
初夏の陽射しは強かったのですが・・千葉県名物・漁業、農業の恩恵に触れ、吹く風も心地よい一日でした。

2009. 4.26『こんこん靴市(春・4月最終土日開催)・・』

可愛いネーミングの靴供養のお祭りに行ってきました。南千住の玉姫稲荷神社で毎年、春秋2回行われている靴の
お祭りです。
毎日毎日、お世話になっている靴、たくさん歩いて、履き古した靴、お世話になった靴を靴供養してくれるのがここの
神社のお祭りです。ちなみに秋(11月最終土日開催)は靴のめぐみまつり市と言うそうです。
南千住の駅から南に少し歩いた浅草方面にある境内周辺の山谷地区は、簡易宿泊所や工場が建ち並び、隣の公園
には段ボールハウスのホームレスの姿も多く見られました。
南千住駅前 こんこん靴市 玉姫稲荷神社 ご本尊までいけません こんこんガールズ
靴祭りは、地元生産の靴類の格安バーゲンが風物詩・・ 30数社のメーカーが市価の6割〜8割引き価格で、約10万
点以上の品が安価で(主催者のお話・・)販売されていました。テントの下は靴やベルト類を品定めする人で賑わいま
した。財布やベルトなど、靴以外の革製品を売っているテントが多かったような気がしました。
シンデレラ(女)神輿 記念撮影 シンデレラ わっしょいわっしょい 男神輿
古い靴は神社で供養してくれます。境内の置き場にはたくさんの靴が奉納されていました。お神輿は男神輿と女神輿が
あり、男神輿は地球の上に革靴が乗っているユニークなお神輿です。女性神輿はこれまたユニークなシンデレラの靴が
王冠の中にあるシンデレラ神輿です。
玉姫稲荷神社境内には、混雑の中でよく見られませんでしたが、紀元2600年記念関連の石燈、碑などが多く残されて
いました。
上野公園 葉桜(新緑の季節) 老舗の行列 根津神社 裏まで行列
ぶらっと一人歩き・・南千住から上野公園へ、半月前のピンクのトンネルは新緑のトンネルに模様替え。大道芸のお兄さん
も頑張っていました。公園を一回り、根津神社へ・・ツツジは7部咲き。老舗の料理屋は相変わらずの行列・・名物のたいやき
は裏の駐車場までの大行列・・お土産にはなりません・・

2009. 2.13〜15『貴婦人、内房線を走る・・』

2月13日〜15日に内房線の千葉みなと〜木更津間で「SL春さきどり号」が運転された。牽引する機関車は
「貴婦人」ことC57形180号機。この機関車のJR千葉支社管内の運転は、1969年に定期運転が終了して
以来40年ぶりとのこと・・。編成は先頭がC57蒸気機関車続いて12系客車6両、最後尾にディーゼル機関
車が補機として連結されていました。
C57形蒸気機関車は、そのスマートな美しい姿から「貴婦人」の愛称で親しまれているという。この180号機
は現在、毎年4月から11月まで「SL ばんえつ物語号」として新潟−会津若松間を運転しているそうです。
11日には試運転終了後、木更津駅構内で停車中を撮影。14日は木更津を出発する時と木更津へ向かう姿
を撮影しました。両日とも鉄道ファンが駅構内、沿線で熱心に撮影していました。
Blowin' in the Wind 2008

              いっちゃんの
                 ぶらっと・ひと歩き・・
2008.11. 5 『晴海インフィオラータ2008』

今日は「晴海トリトンスクエアー」で行われている『晴海インフィオラータ2008』に行ってきました。「インフォラータ」とは、
イタリア語で「花の絨毯」という意味だそうで・・8年目の今年のテーマは・・「ThanksEarth」で11月1日から5日までの
開催です。偶然YahooNewsの画像入りで紹介されていたのを見て、今年は行ってみよ〜と思った訳です。
バラの花びらで演出された絨毯が19面・・それぞれテーマがありボランティアの説明になるほど!最終日で花びらの色が
少しあせてはいましたが、充分に目と感性を楽しませてくれました。

トリトンのイベントブースでは「EdoからEcoへ」「粋を受け継ぐ中央区」のイベントが賑やかに開催されていました。
桐生の八木節・伝統の風呂敷・和紙・袋物・京都の物産・地元の和菓子等々それぞれ目の保養をさせてもらいました。
2008.10.26 よさこい祭り『ちばYOSAKOI 2008』
千葉県内最大規模のよさこい祭り『ちばYOSAKOI 2008』は、今年で開催5回目となりました。
今年は県内外約70チーム、3000名余りの踊り子が参加しよさこい鳴子踊りを披露しました。10月26日の本祭では
一次審査を行い、上位に選ばれたチームがファイナルステージに進出・・二次審査によって大賞、その他各賞が決定
されました。
今年も午後からの見物となりました。中央公園のステージと銀座通りで迫力と熱気の舞を楽しませてくれました。
来年はゆっくりとプログラムを片手に各会場と優勝・準優勝、各賞を取っているチーム(連)をじっくり見物しようと思って
います・・よさこいの舞いは年々振りが大きく激しくなってきているので、普通のデジカメ撮るのが難しくなってきています。
三脚と一眼レフでシャッター速度・露出等を設定しないと動きのある良い画は取れません。いつかはきっと・・
2008. 9 雨の日のアラカルト 映画と丸の内ジャック・アートと美術館・・

9月30日 あめ・・
映画・・
納棺士という仕事を通し、人の死を考え最期をどう送り出すか・・山形・庄内地方の移り変わる四季の自然の中で
コミカルなタッチ・笑い・そして涙々・・出演者の表情が豊かで、一度でも近親者を送り出した人には共感できるもの
があると思う・・美しい映画でした。助演男優として定評のある笹野高史(役所は火葬場の職員)の火葬場のシーン、
「ここは門ですよ・・待っててな・・」の台詞が印象的でした。

アートなウシが丸の内ジャック・・
小雨が降ったり止んだりの丸の内・・ビニール傘には雨粒が遊び、界隈では「アートなウシ」が思い思いにその姿を
アピール・・その姿を鑑賞、ほんの一部を画像で紹介・・その後は初秋の東御苑を散策、外人さんが多かった様な・・

「百寿を超えて」・・
山種美術館の「百寿を超えて」(奥村土牛・小倉遊亀・片岡球子)の展覧会を見てきました。
「高齢化社会が叫ばれる昨今では、定年を迎えても、まだまだ働き盛り。それどころか、80歳、90歳になってもなお、
いきいきと人生を謳歌する元気なシルバー世代はますます増えています」と案内にあった展覧会・・迫力がありました。
4月に60歳・・まだまだ頑張らなければいけないのかな?画家に長生きが多いと言うコメントもありました。
2008. 4 雨上がりの午後には・・東御苑の花たち

5月3日 午後
今年のゴールデンウィークの休みは3・4日の2日間後は休みが取れず「東京スリーデー」は今年もお休みです・・
前日の天気予報では午前中が「雨」の予報・・朝起きてみるとやはり雨・・午後には止むとの予報に春の花を訪ね、
ネットで検索し、花情報満載の皇居東御苑に向かう。
後楽園から水道橋・西神田、神保町から平川門へ、途中の三崎町では4日からの祭礼の準備が進められていました。
遅い昼食は「元気なお肉屋さん」直営の定食屋さんへ・・野菜たっぷりとお肉の鍋には満足・満足でした。

東御苑は昭和43年に完成、面積は21万uあるそうです。つつじを目当てに行ったのですが・・つつじは盛りを過ぎて
いました。しかし、その他の花たちが、特に山野草が目を楽しませてくれました。

2008. 2 晴れた午後には・・観梅と再開

2月28日 午後
「今年の梅は10日ほど遅れています」これを聞いたのが今日でした・・小石川後楽園〜湯島天神〜上野・浅草〜
隅田公園の予定・・。例年なら、見頃の東京の梅も、今年のつぼみはまだまだ固く満開には程遠いようでした。
でも、花盗人はめげず、都内の梅の名所をまわってきました。入園口から遠い小石川後楽園の梅林はまだまだの
五部咲きでしたが、見物客の目を楽しませるには充分でした。
とんぼサンの携帯にamakaraからのmail、合流することとなり、御茶ノ水駅へ。懐かしい笑顔に出会う。
amakaraさんお初の神田明神に立ち寄り湯島天神の梅まつりへ。湯島の白梅はまだまだ先のようでやっと開いた
かな・・?というところでちょっぴり残念でしたが、合格祈願の絵馬は満開でした。
遠路はるばる荷物を担いでの歩きは大変・・上野にゴール、再開の嬉しいアフターは花満開でした。

2008. 2 晴れた午後には・・

2月22日(金) 横浜に行って来ました。裕美(妻)とかほり(娘)はお買い物・・ひとり春の気配を求め根岸へ向かう。
かほりの「横浜へ行きたい」との言葉に休みが合う、今日に決定・・午前中買い物、午後横浜散歩の予定だったが・・
ファジーなお姫様のお目覚めの時間に合わせたら、春節祭の中華街散策・食事、その後買い物となり別行動・・

根岸から山手、関内まで歩いてきました。ちょうど良い「春の横浜花散歩」の下見Wとなりました。

根岸なつかし公園
旧柳下邸
根岸八幡神社 お地蔵さん あの ドルフィン 根岸森林公園
根岸競馬記念公苑 梅もそろそろ 山手イタリア山公園
外交官の家
山手イタリア山公園
ブラフ18番館
イタリア山公園から
2008. 1 参道の風景・・

1月10日(木) あまり信心のない生き方ですが・・今年は年男と大厄・・西新井大師に出かけ、しっかり神頼みを
して来ました。
西新井大師一体は以前、テレビ番組「出没!アド街ック天国」で紹介されています。
事前の下調べが不十分だったため思うようには歩けませんでした。牡丹の咲く頃また、歩きたいと考えています。
参道のお土産屋さんの風景です。アド街でも紹介されています。
Blowin' in the Wind 2007                  
               いっちゃんの
                   ぶらっと・ひと歩き・・
2007.10 ちばYOSAKOI 2007
28日(日)は、午後から休みを取り「ちばYOSAKOI 2007」を見物してきました。台風一過の爽やかな青空のもと、
県内外から80数チームが参加し千葉駅周辺の7ヶ所で華やかな舞が披露されました。最終日の午後ということで
プログラムが手に入らず、お目当てのチームを見ることはできませんでしたが踊り子さんたちの熱気を充分感じ取る
事ができました。
夕方、西の空には富士・丹沢、伊豆の山並みが夕陽の中に拡がって、秋の深さを感じることもできました。
所沢・武蔵龍嵐 幕張ハーツ 朝霞・兜 ロッテ・チアガール
M・スプラッシュ
柏紅塾
舞神楽・2007 一宮・輝翔蓮 四国・一発会 韋駄天・HANABI 市立船橋高校
よさこい
2007.10 公園と川の風景
18日(木)久しぶりに都内を歩いてきました。上野から・浅草・隅田公園・桜橋・遊歩道・言問橋、吾妻橋から浅草
橋へ・・公園と川を眺めながら秋の近づいてきた風景を楽しんできました。
秋を感じる銀杏の葉はまだまだ緑色・・浅草寺では菊花展の準備始まり、隅田公園の桜はうっすらですが葉の色
を染めていました。公園・遊歩道を歩く人たちの服装も秋色になってきたような・・

休憩場所は上野公園とアサヒビールタワー22Fのアサヒスカイルームンと駒形どぜうのどじょう鍋にます酒でした。
いつもの時間に・・ 公園の大道芸 「花」の歌碑 桜橋
勝 海舟
ビールの似合う風景 これ階段です 吾妻橋 実りの秋 どぜう鍋
2007.10 コスモスのある風景
立川の国営昭和記念公園のコスモスを見にいっていました。お目当てのコスモスは咲き始めから満開まで見所は
たくさんありました。コスモスの丘はこの時期のメインで見応えがありました。ひと回り、新種から在来種、白・ピンク・
黄・縞、赤と色とりどりの花を見ることが出来、満足・満足・・今年はこれから、20日前後が見頃かな?
今回はコスモスがメインでしたが、公園内は四季折々楽しめるように木々が植栽されて、これからは紅葉が主役と
なりそうです。池に映る紅葉・黄葉もきっと美しいものでしょう・・

朝のニュースでは自動改札の故障が流れていました。東京駅・立川駅では駅員さんが整理に汗を流していました。
事前に往復の割引切符を購入しておいたおかげで改札もスムーズに通りぬけることが出来ました。
2007.10 花とパラソルのある風景
10月6・7日と千葉駅前通りから中央公園で主催・千葉市都市景観市民フェスタ実行委員会、後援・千葉テレビ、
千葉大学・多摩美術大学の協力で「都市景観市民フェスタ」が開催されました。この催しは平成12年から開催さ
されています。勤務先の直ぐ前ぶらりと寄り道してみました。
メインの中央公園には花のキャンパス・ビデオスタジアム、オープンカフェ、千葉駅東口からはパラソルギャラリー、
フォトメッセージが並んでいます。パラソルギャラリーには市民アーティストの作品が展示・販売されています。
花のキャンパス(12m×8m)は「花の都・ちば」のシンボルキャラクターちはなちゃんが描かれていました。千葉
大学の学生さんが2日ががりで製作したと聞きました。特設リフトで上空10mより撮影できます。
花のキャンパス パラソルギャラリー 楽器の演奏も パラソルギャラリー ワイヤークラフト
2007. 9 寺と造酒屋のある風景
  北区のとあるイヤーラウンドを歩いてきました。赤羽駅から元気印アーケド街を眺めながら通り抜け、住宅街を抜けると
  その先内はコンクリートの堤防が・・番地も違う。どうやら曲がるところを間違えたようだ・・
  地図と電柱の住所表示を頼りに西蓮寺に辿り着く。立派な庭園を眺め、荒川大橋そばの造り酒屋へ・・。    
庭園傍らの板碑 瓦と石の庭園 六地蔵 小山酒店 与三郎の胸に・・
2007. 9 川のある風景
  インターネットで検索したイヤーラウンドのコース「水辺の道」・・自宅からは少々遠いけれども午前中の所要を済ませて
  からでも歩けそう・・コースを確認し、9月下旬のある日・・雨を心配しながら(降らなかった・・降ったのはどうも千葉だけ
  らしい)歩いてきた。正規のコースを半分ほど歩いて日暮れとなる、残りはいつになるのかな・・?駅前通りの赤提灯が
  目に映る。
荒川青水門 荒川赤水門 荒川赤水門 過去の水位表示 赤提灯の灯
2007. 9 波のある風景
  小さい頃から海を見るのが好きで、いわゆる会社人間となってからは疲れると一日海を眺めて過ごすことが多かった。
  会社近くの浜、木更津の海・・ちょっと足を延ばし富津の海、外房へ行けば太平洋・・水平線が丸く見える展望台・・
  誰もいないうみ・観光地の賑やかなうみ・・いろいろな姿があるうみ。9月中旬、秋の気配がまだまだ感じられない海に
  行ってきました。
ボートの練習も 岩に砕ける なみがしら 怒涛の波 大型ヨットも
                                         
[ぶらっと2009] [ぶらっと2010] [ぶらっと2011]
いっちゃんの
    ぶらっと・ひと歩き・・
Blowin' in the Wind 2009
知らない街を 歩いてみたい
   どこか遠くへ 行ってみたい