日常でふと思ったこと考えさせられた事を書き綴ってみました・・
世間ではブログとやらがはやっているらしいが・・ブログまでいけないフロクかな。
個人の思い入れなので感想・意見等を書き込むことはできません。
画像はクリックすると拡大されます。

    与三郎の
  this and that 3

This time is the best today 「今日この時が最高!」
 No30 食事(栄養)指導   2007. 3.19 記

 高血圧・高脂血症・高中性脂肪の診断を受けてから参考に食事指導を受けています。
 参考と言うのは・・まだ、それほど悪い数値ではなくいわゆる「予備軍」であること、毎日お酒を
 習慣的に飲んでいることで通院・診察の時に一日のメニューを書き出し(画像)を持参。
 食事だけは自分中心ではなく家族、どうしても子供の好みのメニュー中心になっているようです。
 右の画像は3月のある休みの日の朝・昼・晩のメニューです。
 休みの日ですから当然自分で用意しました。自分では良くできたと褒めているのですが・・

 これでもカロリーオーバー・・
 緑黄野菜が少なく偏っている・・
 塩分取りすぎ・・
 缶ビールとマイカップが余分・・「これは我、活力で〜す(小声で)」

 毎度の事なので「いっちゃんの耳に念仏」ですが・・

 食べると言うことは「楽しみ」そして「自分の生命維持」と思っています。
 そうですね・・でも、あなたはもう少し考えないと・・
 では、どうすれば・・?
 ビールとマイカップを取って、野菜をたくさん・・

 はい・・「でも、そこまでして長生きをしたいとは・・」と心で呟くのです。

 でもね・・今回の検査ではすべて基準値をクリア・・でした。

 No29 ちょっといい話   2007. 3. 4 記

 今ちょっと話題の本を紹介します・・[車いすのパティシエ]です。
 ニッポン放送「うえちゃんのサプライズ ちょっといい話」放送分1,000話の中から視聴者から
 感銘を受けた23話が紹介されています。
 ラジオが好きで休みの日は一日中ラジオを聴いています。一日中ニッポン放送です・・
 特にすきなのが「うえちゃんのサプライズ ちょっといい話」です。うえちゃん(うえやなぎまさひこ)
 の語りもいいし、内容も感動したり、納得したり、身近にあるちょっと微笑ましいい話がたんたんと
 語られています。自分のまわりの毎日にも「ちょっといい話」がありそうな気がします。
 この23話の一つ一つに素晴らしい言葉が飾りなく語られています。
 一度、うえちゃんの語りを聞いてこの本を読んでみてください。
 私自身、続編を期待するとともにこの番組がずっと続くことを願っています。

 ちなみにこの中の数話はテレビで放送されています。みなさんも観ているかも知れません。

 No28 我が愛しき 愛「る」「け」   2007. 2.27 記

 皆さんは「愛の流刑地」を観たでしょうか?渡辺淳一は愛する人を独り占めにするために殺して
 (殺されて)しまいます・・どうなんでしょうね?死んで花実が・・という言葉もあるし。
 愛する人を殺しておいて「選ばれた殺人者」なんて格好良くないと思うけど・・
 「いつまでも一緒にいたい・・」これが凡人の願い(愛)なのかな?

 さて、話はまるっきり変わりますが・・我が愛する 愛「る」「け」 の話です。
 最近は皆さんがインターネットの世界に入ってきます。PCも手ごろな値段で手に入るし時間もあると
 いうことで、これを始める人が多くなってきました。増えるのはいいのですが、営業の「すぐできます」
 の言葉で契約、PCの基本ができていない人が多く、設定サポートの人の嘆きとなっています。
 「かなの[る]のところです」これは「.」ドット、「かなの[け]のところです」これは「:」コロン・・
 これが分からない、だからサポートに時間がかかる・・気の短いお客様はしまいに怒り出す。
 サポートの担当が「る」だの「け」と言っていると、周りは気の毒そうに「嵌まっているぞ」・・と一言。
 今までの最高傑作の言い訳「尋常小学校では教わらなかったぞ・・」この年代の人が多いのです。

 No27 さわがに   2007. 2.25 記

 白州物語A 

 白州町から長坂町に行くには釜無川を渡る。この川は毛鉤でウグイ・ヤマベが良く釣れ、休みで帰宅
 できない時はよく遊んだところです。川の土手・岩の間には沢蟹がたくさん棲んでいた・・かまってみる
 と容易に捕まえることが出来た。ビール片手では観賞用でなく「つまみ・・」小振りのものを30数匹捕ま
 えたであろうか、持ち帰り明日のつまみとすることとなりバケツに入れておく。
 翌朝見ると一匹もいない・・脱走されたのです。その日のつまみはパックに入った「蟹のから揚げ」話は
 蟹の逃走方法・・蟹が肩車をして逃げたのだろう・・一番下の蟹はどうしたんだろう?平和な人たちの
 賑やかな会話でした。(画像はとあるところで撮影、本文とは関係ありません)

 「蟹バケツ」=ガサゴソとやたら落ち着きがなくうるさい事を言う。

 No26 酒のつまみ   2007. 2.13 記

 今日は家族それぞれの帰宅は遅い。子供たちがいれば夕飯の仕度はしてあるが・・
 のんびりと夕飯というよりつまみを作る。もちろんビールを飲みながらだが。今日はお土産で
 いただ いた 「かつおのなまりぶし」がメイン。なまりぶしを薄く切り香味野菜と混ぜ合わせポン酢で
 和える、若い人にはマヨネーズでも良い。後は冷蔵庫にあるものを小皿・小鉢に盛り合わせれば
 出来上がり。
 酒は高清水・・魚・煮物・漬物にあうのはやはり酒かな・・今日は止める人がいない・・
 お酒のうんちくは 日本酒講座こちら 
 
 No25 大人の休日倶楽部   2007. 2.13 記

 JR東日本のクレジットカード「大人の休日倶楽部ミドルカード」に入会し、「大人の休日倶楽部ミドル」
 会員となります。入会するとJR東日本線・JR北海道線のきっぷが何回でも5%割引になります。
 JR中心に使う人にとってはメリットがたくさんあります。使うことによりポイントがつきビュー商品券と
 交換できます。私の場合は定期の購入、suicaのチャージ、切符の購入全てに使っています。
 そのほかに会員限定企画、おすすめ旅等があります。
 今回(2月11日)はこの会員限定企画「踊り子南伊豆フリーきっぷ」で河津・稲取を楽しんできました。
 ちなみに料金は通常11800円が8000円でした。

 
 No25 手酌   2007. 2. 6 記

 白州物語@ 
 この項No5で紹介した白州での当事者は真面目であったが面白い、泣けない話である。

 毎年、会社の健康診断がある。現場に出ているものは現場近くで実施されるところで受診する事に
 なっている。
 この時は韮崎であった。現場を預かる者としては皆の健康を考えなければならない。
 毎日、仕事が終われば「ごくろうさん!」の夕食・・酒は付きもの・・差しつ差されつとなりついつい呑み
 過ぎとなる。健康診断の前ぐらいは飲み過ぎずにと「明日は健康診断なので呑み過ぎないよう手酌
 呑もう・・」と我ながら素晴らしい提案だと思い、一人ご満悦であった。
 が、当日は惨憺たる状況が繰り広げられた・・呑み過ぎ・ほとんどが二日酔いである。
 なぜか・・?そうなんです「手酌で・・」の言葉で、我・愛するノンベーどもは勝手に飲み続けたのです。
 最悪・・止める人がいなくなってしまったのです。
 結果は医師・看護婦(看護士)には懇々と意見され当然の事ながら事務所に呼び出された。
 事務所では「手酌」の話をした。お咎めは・・・であった。
 そのあとみんなで呑みに行った。「石井さんの手酌」はその後の健康診断時の語り草となった。

 No24 節分   2007. 2. 3 記

 皆さんはすでにご存知であると思いますが、節分(せつぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・
 立秋・立冬)の前日のことで特に、立春の前日(2月3日)が節分として行事が行われている。 節分
 とは「季節を分ける」ことをも意味しているそうです。それともう一つこの季節に邪気が生じると考えら
 れていたそうで、これを払う意味もあるそうです。
 子供が小さい頃は近所でも大きな声で「鬼は外・福は内」の声が聞こえたが、今は静かな節分である。
 ラジオで聞いた話だが「落花生の殻付き」をまくところが多いとの事、まいた後「皮を剥けば食べられる
 から」らしいそうだ。産地は千葉ですよ・・歳の数だけ食べるとも言われるが、腹をこわしそう・・
 掛け声もいろいろあるらしく「福は内・福は内・鬼は外」「鬼は外・鬼は外・福は内」があるそうです。
 みなさんの地元はどうでしょうか?また、鬼を祭神または神の使いとしている神社では「鬼は外」では
 なく「鬼は内」としているそうですが「福は外」なのでしょうか?
 今夜の我家の夕食、久しぶりにそろっての団欒である。
 恵方巻きでなくのりまきであった。

 No23 ホームページの開設    2007. 1.31 記

 2月1日に「my home page」を立ち上げた。まったくの個人のホームページとして、とりあえず歩く
 ことが出来るまでが条件かな・・
 ホームページにもいろいろあるが、「Blowing’in the window」は自分と自分の歩きの仲間の
 「歩きの記録」として残していこうと考えている。このホームページをみて「あそこ・ここに行ってみたい
 な・・」と読者が感じてくれればと思う。文章と感じたこと(好く感じたことのみ)を書き綴り、地図が
 あれば 同じ道を 歩けるようなそんなホームページにしたいと目標だけは高い。
 掲示板は併設しないが、以前の「与三郎倶楽部写真館」再開した。これも以前と考え方は同じである。
 同好の皆さんの憩いの場であればと思っている。

 No22 保険の切換え2007.1.27   2007. 1.31 記
 
 
ふとしたことから、会社出入りの保険屋(表現が古いですね)さんと話すようになった。世間話
 だったが気にかかる事があり、いろいろと話すようになった。
 母が入院した頃だったから、2年も前になる。父の死・母の死が保険の見直しを考えるきっかけに
 なったのだろう・・継続でとは思っていたが、担当者が変わり親身に話してもらえなかった。
 なんとなく不満を漏らしたのが、この保険屋(同上)さんであった。
 たくさんの提案があり結局この案で契約した。死亡保障を削り、入院・手術、介護に重点にした。
 次の見直しは74歳・・見直しが出来れば父母より長生きできたこととなる。

 ちなみにいままでに給付された保険金はというと・・交通災害(自転車での自爆2件)と自転車での
 交通事故での自賠責からの3件でした。保険金の使途は快気祝いに消えました。
 死ぬならマイベットで・・マイベットでの証書類です。

 No21 新年会2007.1.24   2007. 1.25 記
 
 1月も新年気分が抜ける頃
の15日に嬉しいmailが入った。 「新年会のお知らせ」であった。
 いつの頃から始まったか忘れたが歩く仲間の「現役サラリーマンの会」である。前回は出られ
 なかったので即、「OK」の返信をする・・楽しみができた。

 19時20分過ぎ両国駅に着くと改札の外ではスーツにコート姿の現役サラリーマンの姿があった。
 当然のことながら歩きの姿とは違う。こちらは休み、ラフなスタイルで参加。みなさん一瞬戸惑った
 ようだが・・今回は6名参加、久しぶりに会う顔・会話、笑顔が嬉しい。

 楽しいひと時・・人の噂・悪口を言うこともない本当にいい仲間たちです。このような人たちを大事に
 していかななければと思います。料理も美味しかったし酒も旨かった・・・芋よりさっぱり味の麦です。
 人は群れ(グループ・仲間)を作り生きていると思います。自分の経験の中からでも、その群れ
 (グループ・仲間)の良し悪しがその人の人格、品位を感じさせる事もあると思っています。

 今はみんなと共に歩ける時間は取れない。そして、いわゆる「現役」を続けられるのもあと2年
 2ヶ月と1週間・・一緒にいて肩の凝らない、いいひと時を 過ごせる、そして笑顔を共有出来る
 仲間たちを大事にして行きたいと思いながら車中の人となりました。

[ TOP ] [ 15 ] [ 14 ] [ 13 ] [ 12 ] [ 11 ] [ 10 ] [ 9 ] [ 8 ] [ 7 ] [ 6 ] [ 5 ] [ 4 ] [ 3 ] [ 2 ] [ 1 ]