Blowin' in the Wind 2017
すぎっちと旅してスナップ in 箱根2018
 写真を上手に撮りたい、綺麗な写真を撮りたい・・花や風景、神社仏閣、電車・汽車 
 そしてポートレート・・機材は良い物が揃っている・・一眼レフ、コンパクト、携帯と・・
 あとは自分の感性を磨くだけ?♪〜もって生まれた〜定めなら〜♪もあるだろう・・
 カメラ講座にも通ったが・・教室での講義とテーマを決めた課題提出と講評・・
 現場での実習が少な、く講義の内容を活かし切れない(頭が悪い・・向いていない・・)

 そんな時、すぎっちと出逢った・・
 被写体を撮りまくる・・撮った画像を見直し納得ゆく
 までシャッターを押す・・

 すぎっちと旅してスナップ今後の予定 http://h-sugiyama.sun.bindcloud.jp/

すぎっちで〜す!2015年夏・・
箱根へ 2018年 10月

昨年6月以来の「すぎっち」との撮影ツアーは10月24日(水)、25日(木)と箱根に行ってきました。ファン・固定客の多いすぎっちのツアーに予約を取るのはいっちゃんにとって大変・・です。
行きたい所と日程がWEB上でツアーが早めに掲載されている。確定できないツアーを予約するのも申し訳ないので、
考え中になってしまう。予定確定の頃には「キャンセル待ち」に・・
今回は「どうしても行くぞ!と」早めの予約、催行決定まで時間がかかったが、箱根に行くことになった。


10月24日(水)
9時過ぎに小田原駅に到着。集合時間は10時30分・・ホテルで身支度をし、に元を預け小田原城に向かう。


駅西口・早雲の碑

市内で・・

懐かしい地である。50代の元気なころは小田原の山道を歩いていた。みかんの収穫の頃であった。宿泊したホテルも健在・・風景はあまり変わっていないが・・ちょうど時期のハロウィンの飾りつけをした店が多かった。


お堀から

お堀越しに

馬出門

城に登る階段はさほどきつくはないが、汗をたくさんかいた。いい天気である。


赤金門

天守閣

10時過ぎには参加者全員が集まり出発、登山鉄道・ケーブル・ロープウェイを乗継、大涌谷に向かう。
噴煙を上げる大涌谷の姿は勇壮である。活火山の様子を目の前で見られるのはここだけかな・・


大涌谷

ロープウェイ

黒卵

箱根登山鉄道は100系の電車に乗った。昭和25年製造の68歳・・還暦までがんばれとエールを送った。
参加のてっちゃんはこれがお目当てのようだった。車内を行ったり来たり、駅ではホームにおり、スイッチバックの場所でもシャッターが押される。
あまり興味のない自分は数枚の写真を撮り、ゆっくりと旅気分・・途中で富士山が見えたが、シャッターチャンスはなかった。眼下に大涌谷の水蒸気が見えてきた。富士山は雲の中・・
現在はかなりの部分が入山規制されているので、撮影場所も限られてくる。硫黄のにおいもきつい。
定番の黒卵をほおばる。


工事用車両

1000系

2000系

100系

午後は「ひゃっけい」を撮りに行こうと、登山電車で下り、途中下車・・「箱根百景?」・・違う、100系電車の撮影会となった。あるもので、7、8人のグループであれば、狭い道路脇から、線路際からでも充分撮影できる。


100系

新型

100系

108だ、109だと、てっちゃんは大喜びである。


100系

塔ノ沢駅

動いている電車・・ベストショットは1ヶ所1,2枚である。


10月25日(木)
朝6時、フロントに集合。朝一で阿弥陀寺に向かう。早朝の山寺の撮影である。10時過ぎまで飲んでの翌日・・


塔ノ沢駅

阿弥陀寺山門

お地蔵様

石段の参道

参道

石仏

前日買ったおにぎりとインスタント味噌汁で腹ごしらえ、塔ノ沢駅から山道と石段を登る。途中に山門があり、その先には朝日に照らされた石仏が参道の脇に並ぶ。急登を40分ほど行くとアジサイの参道・六地蔵の先に紅葉の始まった


阿弥陀寺

六地蔵

魔尼車

手水社

石仏

山を背にした、阿弥陀寺がみえる。ご住職であろうか、枯葉を燃やす煙が立ち上っている。
賽銭を投げ入れ、まに車を回し、今日一日の安全と健康を祈る。
山寺・・ご住職は琵琶を弾くと聞いた。早朝の参拝では無理であろう。庭には白・ピンクの秋明菊、黄色のつわぶきの花が咲いていた。思い思いの場所、アングルでシャッターを押す。
駅に戻る。トンネルから出てきた電車は100系・・「ついている」とは、てっちゃんの言葉・・


100系

ケーブルの窓から白い富士山が見えた。大涌谷が撮影スポットだが・・水蒸気が多く、今日はマスクが配られた。
風下だったので、さほどにおいもきつく無かった。


富士山が
大涌谷
富士山

噴煙

ここの撮影スポットは駐車場の下の斜面がベストかな・・団体行動・・そこまで行く時間がなかった。
ロープウェイで芦ノ湖までおり、海賊船に乗る。芦ノ湖と富士山の写真を撮る予定だったが雲が出てNGとなった。


芦ノ湖・海賊船

芦ノ湖

海賊船

修学旅行の生徒・いろいろな団体さんを乗せ出航・・初めての芦ノ湖航海である。周りの山々の紅葉は始まっていた。箱根町から元箱根へ・・いったん船を降り箱根神社に向かう。湖の中の鳥居は観光スポットに・・記念写真を撮る人が並んでいた。外国人のほうが多いのはどこでも同じ?


箱根神社・鳥居

箱根神社

御神木

参道

本殿
 

神社にお参り・・神社の回りも撮影スポットは多い。ここのお神輿は行徳の彫氏浅子氏の銘があった。


向拝・波と龍

木鼻・唐獅子

神輿

蘇我神社

海賊船・ロープウェイ・ケーブル、登山鉄道と乗継いで湯本に向かう。途中の塔ノ沢で降りて、最期の撮影スポット「鉄橋を渡る電車」を撮る事となった。駅を降りて撮影場所までは約20分・・渋滞の国道の坂道を歩いた。絶好の撮影ポイントある。間にゃるにして一瞬にかけたが、残念・・ピントは鉄橋に・・もっと技術を磨かなければ・・


塔ノ沢・旅籠?

地蔵様

100系撮り納め

二日間たくさんの写真を撮った。自由に自分の好きな物・興味のあるもの、偶然に発見したものを撮る・・作品にする人アルバムにする人・・参加した人もそれぞれの思いでシャッターを押していた。
写真て自由で本当に面白い・・


                          
 「新すぎっちと旅してスナップ「バックナンバー」はこちらから                                       

 

   カメラを持つ人写真を撮る人はマナーを守りましょう・・
   絞り解放・ISO100・WB(ホワイトバランス)Auto、光の方向、光と影を見定めて露出補正も時々・・そしてシャッターを押す。
   そうですネ・・!構図も重要な要素です。