2018.11  箱根の秋・美術館の紅葉・空中散歩・・
11月7日(水) タイから帰国した、かほりとケンの希望で箱根の秋を楽しんできました。

木更津を6時45分のアクアライン高速バスで新宿へ、ロマンスカーで箱根湯本まで行く。10時過ぎに到着。湯本で降りた観光客がほとんどだった。観光客も白人系が多く、観光地によって来る人種の違いを感じた。

6日の予報が悪く(雨でした)7日に変更・・箱根に近づくにつれ青空も広がり、遠くに広がる山並みの紅葉も映えてきました。新宿からロマンスカー・登山鉄道・ケーブルを乗継、紅葉見頃情報の箱根美術館へ(ケーブルカーの「公園上」で下車)・・情報通り、紅葉は5~7分の見頃でした。

箱根美術館は箱根の紅葉の中でも有数の名所である。苔の緑と200本以上のモミジ、緑鮮やかな苔庭をはじめ、国の文化財に登録された庭園で美しい紅葉を楽しむことがでる。

イロハモミジや大きな葉を真っ赤に染めるオオモミジなどがあり、本館階の大窓からは箱根連山と紅葉を一望できる。

また、紅葉を見ながらお抹茶を味わえる茶室もあり、抹茶とお菓子(栗きんとん)をいただいた。モミジと苔と石を配置した庭園は秋の彩、そのものでした。遠くの山並みとのコントラストも見事でした。
紅葉の森を後にして大涌谷に向かう。大涌谷の観光は、箱根ロープウェイの空中散歩で・・早雲山から大涌谷、姥子、桃源台まで約25分の、美しい富士山、大涌谷の噴煙、芦ノ湖のパノラマ大絶景が楽しめる。

生憎の雲で富士山は見えなかったものの大涌谷の水蒸気は活火山の姿を充分感じられる。北海道に行った時に見せられなかった、火山の様子を県に見せることができた。健康長寿?の黒たまごも黒ラベルのビールと一緒にいただき、しっかり腹の中へ・・

桃源台からは海賊船に乗り定番の芦ノ湖粉遊覧、みなさん富士山を探していたが・・残念・・「あちらの方向ですよ」と指さすだけノ案内であった

撮影ツアーで出かけたのが24、25日、紅葉は着実に進んでいました。その時撮れなかった花たちと紅葉・・ちょっと撮影にも力を入れて撮ってみました。元箱根で下船、箱根神社にお参りする。杉の古木の並木は神社の歴史と奥深さを感じる。

それぞれにお参りをして、観光スポットの鳥居に向かうが、撮影順番を待つ長い列・・列の脇で記念の撮影を・・
港とバス停の近くのこ洒落た喫茶店で一服・・バスで(箱根新道経由で20分)湯本に向かう。駅前のお土産屋さん通りを散策?

残念ながら富士山は雲の中だったが、大涌谷の蒸気もそれなり・・名物の「黒たまご」も黒ラベルのビールと一緒にいただき、健康祈願・・好きなことをして好きな物を食べて、飲んで・・家族と一緒に・・健康にも感謝です。



今回は箱根フリーパスを使った。新宿発で5,140円。ロマンスカー(特急料金は別)・登山鉄道・ロープウェイ・海賊船、登山鉄道�バスなど2日間使え、その他、観光施設の割引もある。1日でも採算は十分取れる、かなり、お得なチケットである。



                                      [ TOP ]

大涌谷の水蒸気