2018年7月1日~2日(SUN・MON)

       人生を楽しむ会 沼田ほたる祭り
            「谷川岳天神平と戦場ヶ原ハイキング」
                    
            
   記録帳

これからの同窓会行事にいつまでも多くの仲間が参加できるようにと、観光、見学を主体として、軽いウオーキング・散策を主体とした例会を年数回実施してゆく「人生を楽しむ会」を企画した。


今年の東海道31期のバスハイクは7月1日から2日の一泊2日では天神峠・天神平散策と土合駅、月夜野ほたる祭りを楽しんできた。
梅雨時期の計画となっって天気が一番心配だったが例年よりも早い「梅雨明け」で天神平・天神峠は快晴・・青い空・白い雲、谷川岳の峰々、ニッコウキスゲ・コバイケイソウなどの高山植物も奇麗にみることが出来た。
天神平散策の後は、日本一のもぐら駅「土合駅」の下りホームへ・・階段486段(階段には数字が書かれていた)を下った所は涼しい別世界だった。

ホテルでゆっくりと温泉を楽しんだ後はホテル自慢の料理で夕食、その後は月夜野ほたる祭りへ向かう。
坂道を登りながら田んぼ・小川、池の周りを飛び回るホタルを鑑賞することが出来た。ほたるの活動時間であろうか?往路よりも帰路のほうが多くのホタルを見ることが出来た。星も奇麗に見えた。

2日目は水上から沼田、金精峠、湯ノ湖を超えて湯滝でバスを降りる。湯滝から赤沼までの戦場ヶ原の散策を楽しんだ。
天気も良く日光連山も白い雲とのコントラストに映え、湿原に咲く花も多くの種類を見ることができ、また、校外学習の小学生と一緒になり、素晴らしい湿原ハイキングとなった。戦場ヶ原に咲く花は終わりを迎えた物と、これからの端境期に入っていたようで少々残念だったが、その分、青い空と緑の湿原、遠くに聳える日光連山と豪快に水しぶきを上げて落ちる竜頭の滝がこの度の演出を盛り上げてくれた。
高山植物の名前もたくさん知ることもできた。天神峠・土合駅・ほたる、戦場ヶ原など「始めてきた・素晴らしい、感動だ・・」などの感想があった。天気に恵まれ、美味しいものを食べ、好きなビールも飲めたし・・素晴らしい景色の中を歩いた、2日間であった。


2018年4月から7月までの画像を間違って外付けHDDより削除してしまいました。天候不順の中の撮影でしたが、二度と撮れない貴重な画像でした。このページは「与三郎倶楽部写真館」「東海道31期の喫茶室」からの転載です。



Blowin' in the Wind  31期の仲間と歩く 2018 人生を楽しむ会