Blowin' in the Wind 2017

                 
        


                                    2017.10.21~22

かっぱ橋
      2017.10  信州の旅・・

10月21日(土) 白駒池・苔の森から横谷渓谷・乙女滝そして御射鹿池へ・・


特別企画!〇〇貸切白馬五竜ナイトゴンドラ 標高1500mから望む絶景 オリオン座流星群観賞」・・これが今回のツアーの企画であった。一眼レフ・三脚・星座表を準備してゆく予定だったが、予報は雨、そして台風の接近・・身軽な装備の旅となった。
新宿発8時2分、あずさ53号に乗車。外は雨模様・・10時26分茅野で下車、貸切
バスで白駒池から吉永小百合の「CMで話題の白駒池・苔の森に向かう、駐車場からは15分ほど歩くと白駒山荘に着く。


苔の森

杉苔

苔の中に・・

麦草峠への登山道

白駒池へ

昔、八ヶ岳に登った時に立ち寄った古い記憶が甦る。森は曇り空の下原生林に濃い緑の絨毯を敷き詰めたような風景である。苔には雨や曇天が似合う。CM効果で一躍有名になり、登山道はツアーの観光客でいっぱいである。登山道は整備されている。


白駒池

白駒池の紅葉は白駒荘前から眺める。靄に霞んだ風景は見事であった。雨に濡れた葉が一層色を鮮やかに見せているようであるが紅葉は青い空に似合う。気温が低いとの情報にダウンを着込んだが、15分ほどの往復に汗をかいた。

二日間、雨の予報に一眼レフカメラカメラはお留守番にしたが、雨のないこの場で悔やまれる。荷物になっても持って歩くべきである。再びのバス移動・・30分ほどで横谷渓谷入口に着く。木戸口神社と名の付いた神社脇の道から乙女滝に向かう。初めての所である。


乙女滝上部
乙女滝
乙女滝前景
木戸口神社 拝殿
御柱

80段ほどの階段を下りると15mほどの滝が姿を現す。水量は多かった。マイナスイオンが多いことで知られているとのことである。帰り道、木戸口神社に参拝する。10段ほど登った鳥居の先には一対の御柱が立てられていた。

カラマツの紅葉に囲まれた自動車道路をバスで下り、15分ほどで御射鹿池駐車場に着く。広い駐車場である。東山魁夷の絵で有名になった池・・正式には「人口の溜池」だが、鏡のような水面に映る紅葉の風景は素晴らしいの一言・・
靄に包まれた幻想的な一瞬に出逢えたのも幸運である。撮影スポットを探して
ショット目には靄の中に隠れてたしまった風景だった。幸運にも靄に浮かび上がる白樺のショットが撮れた。


小さな秋

自然の芸術

御射鹿池

絵画の世界
 
幻想

撮影ツアーの人達のグループが講師の話を聞いていた。もう一グループは各々のお気に入りの場所からさかんにシャッターを押していた。

信州の幻想的な紅葉と風景を楽しんだ後は、安曇野から白馬ホテルへ向かう。途中、高速道で事故があり渋滞に巻き込まれ到着が1時間ほど遅れた。今回のツアーの目玉の星空ツアー・オリオン座流星群はこの空では、全く観ることができない・・このツアーの売りはこれだった。天気には敵わない・・ナイトゴンドラはキャンセルして、ホテルでゆっくりと夕食を楽しんだ。

参加した人に聞いてみると「ガイドさんに説明を聞いて空を見上げてが、真っ暗だった」とのこと・・この日に合わせて来たツアーだったが、残念だった。宿の夕食・朝食とも味も良く満足できた。

10月22日(日) 白馬から上高地へ・・


二日目・・目を覚ますと外は雨模様・・台風接近では、仕方ないだろう。


朝 部屋から・・ 

ウエルカムガーデン

雨降りの夜の到着したホテルのエントランスには気が付かなかったウエルカムガーデンが出迎えていてくれた。


バスターミナル

カラマツ林

梓川

上高地は、久しぶりに雨具を着ての散策となった。沢渡には広く新しい駐車場兼上高地へのシャトルバスバスのターミナルができていた。
混雑はするだろうが、乗換等スムーズに移動できそうである。どこの訛りだろう・・ドライバーさんの訛りの案内で左右を眺めながらバスターミナルに到着する。


カラマツ林
 

当初は、大正池からかっぱ橋まで散策の予定だったが、雨風が強くなってきたので、かっぱ橋周辺の散策に切り替えた。

五千尺ホテル・五千尺ロッジはツアーの貸切で満室・・昼食は信州蕎麦、女性陣はお目当てのケーキが食べられず、少々念だったと思う。風雨はつよくなり、かっぱ橋の上では傘は役に立たない時もあった。


梓川

カラマツ林
上高地の風景  

止み間、風の弱くなった時にシャッターを押す初めての所ではないが、記念の1枚は欲しい。カラマツの紅葉の美しさにバスの時間ギリギリまでシャッターを押していた。上高地から大正池、釜トンネル、梓川沿いを走るバスの車窓に拡がる渓谷の美しさと、斜面にへばりつき拡がる紅葉が土産話となった。

帰路は松本から乗車予定・・駅に着くと運休表示・・17時以降の特急は運休となっていた。乗車予定は16時35分発のあずさ号・・予定通りの出発に一安心、予定通りに自宅に到着した。



                                      [ TOP ]