Blowin' in the Wind 2017

                 
        


                                    2017. 8. 2
      2017. 8  高原の風になる・中央分水嶺トレイル・・

8月2日(水)八島湿原入口から高峰山、急斜面を下り、和田峠までの夏の高原縦走トレイルを楽しんできました。


8月2日(水) 今回のコース・・八島湿原入口~鷹ヶ峰(1798m)~信濃自然歩道~和田峠(茶店)
昨年に引続き、中央分水嶺を歩いてきました。昨年の夏は台風の影響などで2度キャンセルをした。今回はそのコースからである。
スタート直後に、中央高速高井戸付近で事故渋滞の情報に東名から外環経由で中央高速へとルート変更となった。
長い笹子トンネルをぬけると青空に真っ白な雲・・出発時の小雨模様は一転お出かけ(トレッキング)日和となった。八島湿原入口から見上げた鷹ヶ峰は急斜面の先に見えていた。白い雲と青い空と山の頂の風景がが印象的である。


湿原の花・案内板
ヤマアジサイ 湿原の風景 池塘 鷹ヶ峰への登山道

鷹ヶ峰への頂へは砂利と石ころの登山道を登る。時々下山してくるグループとすれ違う。中高年のグループのほかに夏休みの家族連れも多い。足もとには可憐な高山植物が咲いている。オニユリ・ハクサンフウロ・アザミ・ツリガネニンジン・ウスユキソウ・マツムシソウなどおなじみの花達だが目に映る姿は可憐で美しい。


八島湿原

アザミと蜂

キバナノオダマキヤマ

ウスユキソウ
ハクサンフウロ

団体ツアーの寂しさは写真撮影に時間がないことである。目的がトレッキング:山歩であるから、これは仕方ない・・今回も一眼レフを持ってきたが、急斜面のくだりがあるとの説明があり、カメラはバスの中で待機となった。

 
登山道から湿原

ノヤマノホタルブクロ
カワラナデシコ キンレンカ 八島湿原遠望

30分に5分程度の小休止とゆっくりな歩行で、疲れは感じないまあまあ快適な山歩きである。時々、花や風景のコンパクトカメラで撮影をする。ワンショットの撮影でも立ち止まるのでいつも列の後方を歩くようになる。

キンレンカと蝶 御岳神社 キンレンカと蝶
マツムシソウ
 
カワラナデシコ

1時間ほどで鷹ヶ峰山頂に立つ。山頂にはガス(雲の中?)がかかっていた。頂上周辺の花たちを見ながらシャッターを押す。しばしの休憩時間もいつも撮影タイムである。。
鷹ヶ峰の下りは急勾配・急斜面の連続だった。時折、そばの立ち木や岩のお世話になり、手を使っての歩きになった。滑らないように注意深く歩く。いくつかのアップダウンを繰り返す。休憩場所の鞍部から見上げると山の高さと急勾配の「きつさ」を感じる。


鷹ヶ峰山頂

案内板
案内板 案内板

2、300mであろうか、でも、下った分だけ今度は暑さを感じる。自然は奥深い・・
樹林帯の中の登山道を歩く・・樹林帯の中には高山植物もなく、白樺・ナラ・時々桜の木が見える・アップダウンの遊歩道を淡々と歩く。樹木の中は意外と涼しかった。これも自然の恩恵かな。

 
鞍部からの風景
 
鞍部からの風景
 
山頂を眺める

キノコの仲間
和田峠・茶店前から

信濃自然歩道の案内板が所々に立ててある。霧ヶ峰の北側にあたる場所で、開けた鞍部から中山道の和田宿と和田峠が見渡せた。
ビーナスラインに出るとおばあちゃん二人で経営している和田峠の茶店である。冷たい水とビール・・何よりのご馳走である。
八島湿原入口から鷹ヶ峯まで2km、鷹ヶ峰から和田峠まで3km・・4時間30分の中央分水嶺トレッキングでした。



                                      [ TOP ]

鷹ヶ峰頂上