Blowin' in the Wind 2017

        


                                    2017.4. 9~12

      2017.4  山陰・山陽の旅・・

2017年4月 裕美さんのお願いで出雲大社・足立美術館・松江・姫路城、倉敷をツアーで歩いてきました。


4月9日(日)  羽田(出発)~伊丹空港~鳥取砂丘~足立美術館~大山(だいせん)(泊)


今日の機材

雲の上は晴れ

鳥取砂丘

句碑

砂丘の風景

大阪・伊丹空港から中国自動車道経由で小雨降る鳥取砂丘へ、昼食を済ませ雨のやみ間に砂丘を散策・・今年の冬の風と雪の映像と

同じ風景が拡がっていた。雨に濡れた砂原は歩くには楽だった。最高点の馬の背は48mあるという・・息せき切って最高点に立つ。


足立美術館

庭園

穏やかだった。大自然の雄大さを感じた。

国道9号線を東へ、神話の白兎海岸を車窓から眺め、足立美術館へ・・絵画と庭園、今回の旅の一つのお目当てでもある。

入館してすぐに、2013年から14年連続庭園第一位の庭園の素晴らしさに圧倒される。庭園を見て、日本画を見て・・飽きさせない構成になっている。絵画、日本画、陶器などの

展示物は解説があり、作品の中に吸い込まれててゆく。聞いてはいたが庭園の素晴らしさ圧巻である。時間があって、財布の紐が弛められ

るならば、四季それぞれの庭園を楽しんでみたいものだ・・


窓からも

夕方の大山


4月10日(月) 大山~出雲大社~勾玉伝承館~松江城~倉敷(泊)

ホテルの部屋からは大山を目の前に見ることができた。昨日は天気にも恵まれ(下車観光地はすべて傘なしで・・)一日中雲に隠れていた

大山はホテルに着くと雲はとれていた。月に照らされた大山のシルエットも申し分ないものであった。


旧国鉄・大社駅

SLも・・
大社駅ホーム
改札

料金表

構内天井

構内案内書
構内

出雲に入り出雲大社に参拝の前に、ドライバーさんのサプライズで旧国鉄時代の「大社駅」に立ち寄った。大正時代の駅舎は美しく保存され、その威風堂々な姿には、ただただ圧倒された。廃線となった経緯は判らないが、廃線後も維持管理されている地元のみなさんには頭が下がる。


出雲大社参道

さざれ石

神楽殿
大国主命
(結びの御神像)

拝殿

拝殿

一の鳥居から観音通り、駐車場まではバスで行く。参道には7つの大黒様があると言う・・一の鳥居からにの鳥居までの7つの大黒様を見つ

けると幸せになれるとの話でした。駐車所からは専属ガイドさんの案内で参拝する。出雲大社は一般的には「いずもたいしゃ」と、呼ばれてい

るが、正式には「いずもおおやしろ」が正しいそうだ。


大注連縄(神楽殿)

本殿

本殿(西側)

神楽殿で・・

境内の苔

素戔嗚神社

神楽殿・拝殿、本殿に参拝する。「二礼・四拍手・一礼」がここの作法である。四拍の意味は、自分のお願いと、もう一人のお願いだそうだ。本殿西側も参拝スポットとのこと。本殿の真裏は素戔嗚尊を祀ったパワースポット・・しっかりと参拝してきた。


彰古館

西十九社

大注連縄(拝殿)

千家の門構え

千家長屋門

島根ワイナリー

出雲大社からは一般道を走る。特産のブドウで作られた島根ワイナリーでは試飲のワインは呑み放題・・田園風景の中にこの地方特有の

築地松(ついじまつ)の家が見える。強い季節風を防ぐために松を植えてある、松の高さは二階の屋根ほどの高さがあり、きちんと手入れされて石州瓦の明るい茶色とマッチしている。この地方では「築地松の家に嫁に行け」と言う言葉があるそうだ・・



売店内

ご自由に・・試飲

裕美さん・・

菜の花

築地松の家

まがたま伝承館

車窓には宍道湖が見えてきた。「まがたま伝承館」に立寄る・・皇室関連、テレビ・映画に使う、勾玉をすべて引き受けているとの事だった。


堀尾吉春公像

松江城

桜祭り

松江城は江戸時代に築城され、別名・千鳥城と呼ばれている。現存天守は国宝、城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本の桜名所100選、都市景観100選に選ばれている。堀尾吉晴により、築城開始から5年の歳月をかけ、慶長16年(1611年)に完成した。


天守から

裕美さん

石垣

松江神社

興雲閣

興雲閣内部
 

日本で5番目の国宝の天守で、天守までの道のりも石垣の家紋のようなマークを見つけながら歩くと楽しめる。天守からは、松江の町並み

が一望できる。天守の階段は急である。天守そのものが国宝(改修・改造ができない)だからと諦めもつくかな。


倉敷美観地区

夜景
 

夕食はフリー・・今日は60歳代最後の誕生日・・裕美さんとふたりでお祝いをしました。九の坂は無事に越えてよね・・酒の旨さをしみじみと・・


4月11日(火) 倉敷(ホテル)~姫路城~倉敷~岡山空港(帰着)


姫路城外堀

姫路城

天守から

天守から

桜と城

春に三日の晴れ間なし・・倉敷は夜半から雨が降り続いている。雨のスタートとなり雨降りの一日・・添乗員さんからの提案があり、姫路城は

混雑するので、朝一の見学をして倉敷に戻り倉敷の街並み散策と言う行程になった。山陽道を姫路に向かう。

桜満開の姫路城は観光客で混雑していた。雨でもツアー客は予定通りの行動をするためだ・・天守閣までの階段は数珠繋ぎ。一時は入場

規制もされていた。混雑のため予定通りの時間で歩けず、見所の百間廊下・西の丸は見ることができなかった。


倉敷の街並み

道標
倉敷アイビースクエアー


倉敷アイビースクエアー

倉敷美観地区

午後は倉敷に戻り美観地区を自由散策・・倉敷はウオーキングで2度ほど歩いているので、10日の夕刻と11日の午後(雨降りの美観地区)裕美さんを案内しながら歩いた。備前焼の花瓶が欲しいと言っていたので、備前焼のお店を中心に見て歩いた。



                                      [ TOP ]