2017年3月19日(SUN)

       第五回 人生を楽しむ会 中山道 蕨宿を歩く・・
            

これからの同窓会行事にいつまでも多くの仲間が参加できるようにと、観光、見学を主体として、軽いウオーキング・散策を主体とした例会を年数回実施してゆく「人生を楽しむ会」を企画した。

3月19日(日) 今回は浦和で同窓会が開催され、せっかく浦和まで行くのだから中山道浦和宿を歩く計画を立てた。

蕨駅を12時45分にスタート。繁華街を抜け旧中山道に向かう。立派な遊歩道は「要害通り」と言われ蕨城を守るための堀があった所である


蕨宿・道標

蕨宿入口

要害通り

庚申塔

伝説の河童と当時多かった井戸のポンプも設置てされていた。戸田市から蕨市に入る、旧中山道は17号線と分かれ、ガソリンスタンドの右側の道に進み蕨宿に入る。道の分岐するところに「中山道蕨宿碑」の立派な石碑がが立っている。

宿場通りの入口に「中山道・蕨宿」木製ゲートが立ち、通りもカラーになる。通りの両側の歩道上に、中山道全宿場の「中山道六十九次浮世タイルが敷かれている。


景観建物

蕨宿案内板

郷土資料館分館

その先右側郵便局前に、「蕨宿 史跡めぐり」案内版があり、通りは17号線に並行、整然としてかつとてもきれいで地元の力の入れようが伝わってくる。宿場景観建物を見ながら歩く。

 
郷土資料館分館

庭園から

つくばい


郷土資料館

蕨宿本陣跡

蕨宿・ジオラマ

宿の食事(大名用)

宿の食事(一般用)

左側に歴史民俗資料館分館がある。明治時代織物の買継商をしていた家をそのまま使用した脇本陣跡の岡田厚生堂薬局、隣接して実物大の旅籠屋、商家、本陣上段の間を復元し、1/200の宿の町並み模型のある「歴史民族資料館本館」があり、その隣に岡田加平衛本陣跡が並んでいて、この辺りが宿場の中心地であったところ。


景観建物(八百屋さん)

蕨城址

青年の碑

ニュートンのリンゴの木

市役所の脇を入ってゆくと「蕨城址」の碑がある。小さな公園となっており「成年式発祥の碑」、枝分けされた「ニュートンのリンゴの木」、堀址が残っている。


蕨神社

宝篋印塔

鳥井と拝殿

狛犬(左)

狛犬(右側)
 
拝殿

その隣には和楽備神社、ここの狛犬は両側とも口を開いている・・「理由は調べてください」。鳥居の右わきの宝篋印塔は案内板によると、安山製の宝篋印塔で、享和元年(1801年)に、蕨三社の敷石供養のため、町田岩治郎により造立されたもので台座の四方には絵が描かれている。


力石(重さを刻んである)

景観建物

道標
 
景観建物(煎餅屋)

その先右側に「中仙道蕨宿まちづくり憲章」立札、同じ右側のせんべいの「萬壽屋」は、昔は茶屋で10代続く老舗である。


三学院(馬頭観音)

目疾地蔵

子育地蔵

堂王と三重塔

鐘楼と三重塔

その角には「地蔵の小径」碑が立つ、右折すると小路は三学院への道で突当りに総門がある。総門の前右側に、1800年(寛政12年)建立の「馬頭観世音」を梵字で陰刻した三学院梵字馬頭観世音塔があり、総門の先、右側建屋内には左から地蔵石仏(目疾地蔵)、六地蔵、子育て地蔵が鎮座している。地蔵菩薩:1658年(万治元年)念仏講を結んだ13人により「あの世」と「この世」の安泰を願い造られた高さ1.9mの地蔵尊である。
また目疾地蔵と言われ目に味噌を塗ると目の病気が治る、または眼の病気にならないといわれている。
六地蔵:1661~1704年間(寛文から元禄)にかけて順次造られたもの。六地蔵とは地蔵菩薩が六道「天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄」に分身して人々を救済する姿を表している。
子育地蔵:1694年(元禄7年)に江戸浅草橋紀伊国屋平兵衛に造らせた高さ2.4mの蕨市最大の地蔵尊
である
総門を潜ると奥に本殿がある。
三学院は本尊が平安中期滋賀大師作十一面観音菩薩で、木造十三仏坐像でも知られている。



はね橋
 

中山道ふれあい広場

蕨宿の中心は堀で囲まれていた。宿場の飯盛女・助郷、機織女工の夜逃げ、逃亡を防ぐためのもので、昼間ははね橋を仕掛け、夜間は橋を上げ、堀を越えられないようにしたものであり、蕨市指定文化財になっている。現在、残っているものは復元されたものである。

元の宿場通りに戻り先に進み、宿場出口には入口と同様な木製ゲートが両側に立ち、ゲート左側の北町交番に隣接して、「中山道ふれあい広場」碑が立ち大名行列壁画が描かれている。


会長挨拶

参加者全員で

記念

写真

蕨宿からは時間の都合で浦和までバス移動し、同窓会場の「はなの舞」に向かう。
同窓会には16名が参加加治幹事の名司会と加治会長の軽妙な挨拶・・記念品の配布のじゃんけん大会などで大いに盛り上がりました。



                         
                          第6回へ

Blowin' in the Wind  31期の仲間と歩く 2017 人生を楽しむ会