2014年8月20日早朝、広島の土砂災害で逝ってしまったあさひさんへ・・

平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害は、8月20日早朝に広島市北部の安佐北区や安佐南区などの住宅地を襲い、多くの尊い命が奪われました。死者74人、家屋全壊133戸という大規模な土砂災害でした。安佐南地区の高台にあった、あさひ邸も一瞬にして土砂に流され、あさひさんもこの土砂に飲み込まれ、仲間の願いも虚しく帰らぬ人となってしまいました。

今年は三回忌を迎えます。今年の8月20日も広島ウオーキングクラブの仲間たちと「麻緒ロード」を歩きます。


2011年11月(26日~28日)に開催された「第4回 ピースウオークひろしまツーデーウオーク」プラスせっかくウオーク「呉、江田島・兵学校と歴史の道」に参加した折に、あさひさんから「吉井さんのご主人の運転する、いすみ鉄道に乗りたい」との話があり「あさひさんが定年になったらみんなで乗ろう」と約束した。吉井さんは「いすみ鉄道」の「自社養成列車乗務員募集」に応募し運転手となりました。吉井さんの奥様があさひさんの大学の後輩で、このことをとても喜んでおり、テレビ番組の放映日時などを仲間に連絡していました。

当時の募集要項

いすみ鉄道では平成22年度より、広く一般の社会人から自社養成乗務員訓練生を募集し訓練しています。これは、社会経験を積んだ皆さまが列車乗務員になることで、職業を通じて自己実現できるまたとないチャンスです。この機会に鉄道の運転士になるご自身の夢をいすみ鉄道でかなえてみませんか?


トコトコきっぷ

五井駅にて

小湊鐡道

車内から

社内にて
懐かし風景

海士有木駅
(あまりき)
あさひさん・麻緒(朝日さんの本名)の無念・思いを叶えてやろうと、房総縦断のローカル線の旅と大多喜ウオークを再度計画し、あさひさん本人が一番楽しみにしていた「いすみ鉄道&大多喜ウオーク」を彼女の写真と一緒に歩いてきました。与三郎倶楽部写真館だけの告知でした。

車内から

里見駅

行き先表示板

里見駅
トロッコ列車

先頭車両
aaaqw集まったのは3人・・男3人の旅・・桜の開花には少し早い時期だったが、沿線の菜の花を楽しみ、田園風景の中を走る、小湊鐡道列車の旅、徳川四天王・本名忠勝の城下町散策、菜の花色のムーミン列車・ムーミン村・菜の花の沿線、いすみ鉄道と乗り継ぎ、ローカル列車の旅は大原駅が終着となった。

下神地区・菜の花畑

養老渓谷駅

上総中野駅
左:いすみ鉄道
右:小湊鐡道

いすみ鉄道

あさひさんと・・
高滝・里見・飯給、月崎のいずれかの駅で途中下車、菜の花とローカル列車の写真を撮る予定だったが、列車ダイヤの関係(上総中野まで行く列車の本数が少ない)で終点まで直通の旅となった。


上総中野駅

車内にて(路線図)

懐かしい・・

ムーミン列車
小湊鐡道の養老渓谷駅では、思いもよらぬハプニング・「・こたちち(としおじちゃん)」がいない!!列車は走り始めていた。2両連結の列車の中を見渡し、探したがいない・・上総中野駅で電話したところ養老渓谷駅でトイレに寄るために途中下車した。この駅では待わせ時間はないために、列車は発車してしまい置いてきぼりとなった。「こたちち」はここで 引き返すこととなった。
上総中野から大多喜までは旧国鉄・JRに移行した時代に活躍した気動車に乗る。当時、使用されたままで運転されており、鉄道ファンにとってはうれしい路線である。

側面のロゴ

あさひさんと

大多喜町

旧商家

午前中は小雨模様・・車窓の水滴に「菜の花」が写るローカル線の旅、大多喜では城下町に残る古民家・商家を眺めながら旧街道を歩く。昼食は古くからある名物のトンカツ屋での昼食・・十数年ぶりの「わらじとんかつ定食だった。ランチ定食から大名トンカツまでたくさんのメニューがある。昼食時間帯ともあり混雑しており、30分ほど待たされたが、とんかつの旨さとボリュームに満足した。


そば屋

トンカツ・有屋

わらじトンカツ

アップ

午後は雨上がりの丘にそびえる大多喜城(千葉県立中央博物館大多喜城)に行ってきた。大多喜駅から坂道を登り大多喜高校の敷地(もとは白のエリアだった)にある「薬医門」「大井戸を通り、15分ほどで白壁の城に着く。桜の蕾はまだまだ・・だった。


甲冑制作店

線路のある風景

大多喜駅

薬医門

大井戸

本丸への道

徳川四天王のひとり、本多忠勝を初代城主とする 近世大多喜城の本丸跡に城郭様式で建設した博物館で「房総の城と城下町」をテーマに、房総の中世から近世までの武器・武具や衣装、城郭、武家社会、商家などに関する歴史・資料を展示、総南地方の地域の文化財を紹介する博物館となっている。


大多喜城

晴れました・・

ポイント

大原駅にて

いすみ鉄道・大原駅

大多喜駅に戻り、いすみ鉄道に乗り縦断の旅の後半、大原へ向かう。沿線は菜の花が咲き電車は菜の花をイメージした黄色、電車の側面にはムーミンの絵が描かれている「ムーミン列車」である。
行楽シーズンに入り小湊鐡道もいすみ鉄道も混雑していた。いすみ鉄道の運転手の吉井さんに連絡しようかと思ったが、この混雑では迷惑をかけたかもしれず、我々だけの旅で良かったと思った。




追悼ウオーク「麻緒ロード」を歩く・・ 

素晴らしき仲間たち・・ageinへ

素晴らしき仲間たち!!

あさひさんとの約束・・いつか吉井さんの運転する
いすみ鉄道に乗ろうね・・


あさひさん追悼
房総半島縦断鉄道の旅

2016年3月21日