新・すぎっちと旅してスナップ〜鎌倉編〜 2015年12月

12月29日(火)すぎっちと旅してスナップは森戸海岸、森戸神社からの富士山の撮影、鎌倉へ戻り、大巧寺で季節の花の撮影会、江ノ電に乗り稲村ケ崎へ向かい、今日のメインテーマの「夕日の撮影会」そして年末恒例の「忘年会・反省会、作品鑑賞会」で〆となった。

朝から大変の巻・・

いつもどおりの時間に木更津駅高速バスに乗場に向かう。横浜・羽田方面乗場には、かなり長い列が出来ていた。切符売り場に行き聞いてみると「事故渋滞で遅れている」との話で、詳細は確認中との事。しばらくすると担当の方から50分程の遅れと案内があった。遅れの時間が曖昧なので、JRでも間に合いそうなので8時16分の特急に乗った。年末年始の休みに入ったので通勤客もなくで行くことにした。東京駅で集合時間まで1時間・・乗継が良ければ間に合うが、戸塚で12分待ちで集合時間の10時30分にに間に合わず、電話連絡で遅刻を連絡、森戸神社で落合う事としたが、無事、逗子駅の改札で合流できた。

森戸海岸からの富士山は・・


森戸神社
本殿 石原裕次郎レリーフ
源頼朝別墅跡
  (べっしょ)

特急の車窓からは綺麗な富士山が眺められたが、11時過ぎに到着した森戸海岸からの眺めは雲の中・・海岸で遊ぶ子供たちの姿、太陽の光を受けて光る海、波の写真などを撮る。1時間ほどの自由時間(撮影タイム)が過ぎ集合時間ぎりぎりで頂上がみえてきた。再度海岸線に集まり、参加した人たちは思い思いにシャッターを押す。

森戸海岸 海辺にて
頼朝縁・千貫岩
富士の頂上が 江の島

何とか富士山の姿をカメラの中に残すことが出来た。心残り無しでバスに乗り、逗子駅に向かう。午後の集合は14時に鎌倉駅東口、逗子の駅前はレストラン・食堂が見当たらないので、SHIGEさんと鎌倉駅まで戻り、駅ビル2階のそば屋で珍しいメニューの「カツカレー蕎麦」・・ビールのつまみに世間話で昼食。


手水場

雲の切れ間に

若宮大路にて

大巧寺山門

意外と忙しない一時だった。逗子で昼食組は少々遅れるとの事。

いつも花の咲く寺で・・

大巧寺山門
手水場
大巧寺の花たち
   

午後の撮影場所は駅前・若宮大路の「大巧寺」で1時間ほどの撮影タイム・・駅から近いので鎌倉に行った時、集合時間まで時間のある時は立寄るお寺でもある。蝋梅・黄水仙・椿・木瓜・利休梅、季節外れのイワフジなどが咲いていた。


向拝の彫刻
リスが

蝋梅は日当たりに良い南側は満開であった。お庭、植木は丁寧に手入れされていて見応えがある。向拝の龍の彫刻も立派である。

若宮大路側からの参道も綺麗に手入れされている。

鎌倉駅
稲村ケ崎
夕日撮影会

ご近所さんの生活道(抜け道)になっているようで買物袋・レジ袋を持った人など、人通りも多い。

そして、稲村ケ崎へ・・

若宮大通を横切るときの工事中の段蔓の塀の上に佐倉の木が見えた。来年の春にはここの桜が見られるのだろうか・・15時過ぎに鎌倉と言えばの「江ノ電」に乗り稲村ケ崎へ向かう。いつものように混雑している・・長谷駅でかなりの人が降りた。長谷寺と鎌倉大仏に会いに行くのだろう・・大仏は修復工事に入ると聞いている。工事期間中は見られないのだろうか?

北風が強く吹くと予報で言っていたが、それほど強くなく寒さは感じなかったが、16時を過ぎると手袋は必要だった。夕日撮影のポイントとレクチャーを受け、夕日が落ちるまでの撮影タイムとなった。シャッターの一押しごとに画像を確認する。

すぎっちと旅して・・忘年会・・

江の島と富士 鎌倉駅前 反省会・忘年会

解散後はいつもの鎌倉駅前の「和民」で飲み放題の賑やかな「忘年会・反省会・作品鑑賞会」となった。仲間の撮った作品を見るのは、大いに勉強・参考になるし、眼の肥やしになる。写真を趣味にして撮影をしている人の写真には一枚一枚に物語がある。

モノクロ劇場
手水場

水仙
蝋梅 椿(白) 千社札
大巧寺・山門 夕日 稲村ケ崎 夕日と波 江の島と富士 モノクロ版

今は歩きの記録としてスナップ写真が主である。月一回の「すぎっちと旅して」に参加して写真の勉強をしている。いつかは(近い将来?)本格的に写真の世界に入ってみたいと思っている。あと一回・・一日カメラを持って写真の事だけ考える日を作りたい。


新・すぎっちと旅してスナップ〜鎌倉編〜 2015年10月

10月10日(土)すぎっちと旅してスナップ・・今回は江ノ電の撮影・・江ノ電沿線の撮影ポイントをぶらぶら?しながら写真撮影を楽しんで来ました。今日は江ノ電を「撮り鐵の旅」・・ちょっと苦手な、鎌倉編でした。
動く電車の撮影ポイントは一瞬・・頭の中伝考えてアングルにうまく収まることは少ない。シャッターを押すタイミングである。

電車に乗る前に地元御成り通りのフォトスタジオで地元のカメラマンが撮った「江ノ電」を目の保養に見学させていただく。


江ノ電鎌倉駅
電車止め

パンタグラフ
鎌倉高校前駅
300系(305)

鎌倉から最初の撮影地は鎌倉高校前、江ノ電の撮影ポイントである。

海を見渡せる景色の良い場所にあり、1997年には関東の駅100選」に選ばれた。駅南側には七里ヶ浜が広がり、晴れた日には富士山房総半島・伊豆大島が見える。駅周辺はテレビドラマやCMの撮影に頻繁に使われている。駅のホーム・撮影ポイントとなっている「鎌倉高校前踏切」、七里ヶ浜方面に歩き、峰の島信号所(単線の電車の交換所)での撮影・・この信号所も電車が交換するのでマニアにとって撮影ポイントである。

峰ケ原信号所

今回は人気者の300系にたくさん会えた・・タイミングも良かった、すぎっちの念力も通じたのか、いい旅してスナップだった。


鎌倉高校前踏切

300系は昭和30年代前半と昭和43年に合計6編成12両がデビューしました。全てが旧形車両を改造したものです。平成3年に306号車、4年に301号車、9年に302号車、17年に304号車、19年に303号車が、新造車両に道を譲り引退しています。現在は305+355号車の1編成2両のみが現役で頑張っている。鎌倉高校前から長谷へ戻る。


鎌倉高校前駅
フォームから

長谷界隈
高徳院
鎌倉大仏

長谷では各自自由昼食で1時間30分ほど時間が在った。大仏前のそば屋に入り「カレー南そば」を注文・・ビールは「黒ラベル」の中瓶だった。大仏(高徳院)周辺は混雑していた。昼食を摂ってお寺・大仏をを参拝する時間はなく、山門で参拝する。

駅までの混雑した狭い歩道を歩き長谷寺の山門まで行き、ここでも山門前で参拝。

御霊神社へ 長谷駅 300系

昼食後は御霊神社まで線路沿いを歩きながら、ここでは踏切の通過、極楽寺トンネルと江ノ電を撮る。御霊神社から極楽寺までは歩いてゆく。極楽寺側(橋上)からの極楽寺トンネルも撮影ポイントであるがアングル取りが難しい。


御霊神社へ

御霊神社踏切
極楽寺駅

極楽寺からは江の島へ向かい龍口寺(りゅうこうじ)に参拝。龍口寺前は線路がS字となっており、腰越、江の島間は車道野注を走るので、ここも撮影ポイントである。

龍口寺前

余談・・鉄道写真は難しいと思う。撮る人の性格もあると思う。今回もシャッターを押すタイミングが早い!!どうしても待てない・・
     連写で撮ればいいのだろうが・・この撮影ツアーではご法度です。一押し入魂なのである。
     同じ場所であったも電車の速さは微妙に違う、その内時間を作って天気の良い日に一日歩きながら撮ってみよう。


                          
 「新すぎっちと旅してスナップ2015.9月までは」はこちら
                                        

 

Blowin' in the Wind 2015
新すぎっちと旅してスナップ in 鎌倉 2015
 写真を上手に撮りたい、綺麗な写真を撮りたい・・花や風景、神社仏閣、電車・汽車 
 そしてポートレート・・機材は良い物が揃っている・・一眼レフ、コンパクト、携帯と・・
 あとは自分の感性を磨くだけ?♪〜もって生まれた〜定めなら〜♪もあるだろう・・
 カメラ講座にも通ったが・・教室での講義とテーマを決めた課題提出と講評・・
 現場での実習が少な、く講義の内容を活かし切れない(頭が悪い・・向いていない・・)

 そんな時、すぎっちと出逢った・・
 被写体を撮りまくる・・撮った画像を見直し納得ゆく
 までシャッターを押す・・

 すぎっちと旅してスナップ今後の予定 http://www.h-sugi.net/news.html

すぎっちで〜す!2015年夏・・

   絞り解放・ISO100・WB(ホワイトバランス)Auto、光の方向、光と影を見定めて露出補正も時々・・そしてシャッターを押す。
   そうですネ・・!構図も重要な要素です。今回のテーマは「鎌倉の初秋を探しに、のんびり写真撮影」でした。