毎年、恒例の東京の紅葉散歩・・明治神宮・表参道・神宮外苑イチョウ並木を歩いてきました。
12月7日(月) 東京の紅葉散歩

東京の散歩道・・毎年の紅葉散歩・東京版は12月7日に裕美さんと、新宿から代々木駅を経由して明治神宮・表参道、外苑イチョウ並木を歩いて来た。

都内の紅葉の名所でもある明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を祀っている神社で鬱蒼と茂った森は神宮御鎮座にあたり、全国から献木されたおよそ10万本を植栽した人工林です。面積は約70万㎡で豊かな森に成長し、御苑にはパワースポットとして知られている加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)や明治天皇が昭憲皇太后のために植えられた美しい花菖蒲園など、多くの見どころがあります。


山門

外回廊
夫婦楠 社殿遠望
御苑の紅葉
隔雲亭

代々木駅側の北参道から大鳥居をくぐり社殿に参拝・・娘の幸せを祈る。幸せいっぱいの花嫁・花婿・・結婚式も2組行われていた。社殿脇の夫婦楠に参拝し夫婦円満を祈る(これは自分の努力かな・・)、紅葉の名所でもある明治神宮御苑を散策した。

隔雲亭 窓に写る紅葉 モミジの林 南池
遊歩道
菖蒲田とモミジ

御苑は江戸時代初期から加藤家、井伊家の下谷式の庭園であったが、明治時代に宮内庁の管轄となり代々木御苑と呼ばれるようになり、明治天皇、皇后も度々散策したと言う。北門から入り(維持料500円也)明治天皇が皇后のために建てられた隔雲亭、南池から菖蒲田、清正井への散策路はモミジの赤で染まっていた。


吾妻屋
清正井

南池に戻り武蔵野の面影を残す、御釣台、四阿を巡り北口へでる。原宿駅前ではフクロウを腕の乗せたおにいさんとお姉さんのカップルがビラを配っていた。フクロウさんだけ写真に収めた。


ススキ

四阿と紅葉
フクロウさん 表参道通り
ヒルズのツリー

現在の都道413号線が青山通りと交差する表参道交差点から、原宿駅前付近の神宮橋交差点までの全長約1.1Kmの区間を指す。明治神宮の造営にあわせて1919年(大正8年)に完成した。表参道交差点には石灯籠が建てられており、街路樹のケヤキ並木でも知られる。冬のイルミネーションでも知られている


表参道ヒルズ

クリスマスツリー
同潤会青山アパート 外苑のイチョウ並木

表参道のケヤキ並木は黄から茶に染まっていた。表参道ヒルズの吹き抜けはクリスマスバージョン・・年配の二人連れにも楽しめる空間だった。仕事中の人・散策の人・・多くの人が歩道を埋めていた。再現された同潤会青山アパートもその存在感を感じさせていた。

外苑のイチョウ並木 ワン!が居た・・

青山通りから約300m続くいちょう並木が有名な明治神宮外苑は、都内を代表する紅葉スポットで、通りの両側に146本のイチョウが立ち並ぶ、黄金ロードである。青山通り口から樹高の高い順に植えらているイチョウは遠近感が強調され、奥に立つ聖徳記念絵画館との景観美が実に見事である。青山通りから眺めると、まるで絵画のような美しい風景が眼前に広がる。

後姿 外苑のイチョウ並木

毎年、明治神宮外苑にて、いちょうが黄金色に染まる頃に開催される人気の祭りである。期間中は、全国各地の特産品や名産品を販売する店や模擬店が出店される。今年は都合が付かずイチョウ祭りの時期にはこられなかったが、空にまっすぐ伸びたイチョウの大木とイチョウのトンネルの中を多くの見物人と散策し写真を撮り、初冬の彩りを楽しんで来た。


                                      [ TOP ]
Blowin' in the Wind 2015

                 
        


                                    2015.12. 7


      2015.12  東京の秋の散歩道・色付いたモミジとイチョウ・・