• 富士山見えた見えない星取表
  • ビューポイントはどの回でも複数ある、その内一ヶ所で見られればGood! 

No  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   14   15   16   17  星取

○or●

      9-5

今回は精進湖民宿村から富岳風穴までの標高約900m前後の紅葉で彩られた青木ヶ原樹海をの遊歩道7.5Kmを歩いて来た。

精進湖民宿村には以下のような話もある・・【富士樹海のド真ん中に謎の集落が存在することを知っているだろうか?広大に広がる樹海のド真ん中に、たしかに謎の集落が写っている。きちんと区画整理された様は、木々が生い茂るこの地に似つかわしくない奇妙な光景を作り上げている。
何かから隠れるようにひっそりと存在するこの村について、ネット上では「樹海に迷い込んだ人々が作り上げた村」「国の極秘実験施設」など、さまざまなウワサが飛び交っているが、真相は定かではない
】・・


鳴沢道の駅にて
鳴沢からの富士山 ウルシ モミジ

真相は、湖周辺に住んでいた住民が、何度も災害に遭いここに移り住み、生活の生業として民宿を始めた」と言うのが正しいとの事である。

精進湖民宿村
国道から
東海自然歩道
樹海

好天と思った日だったが、山は天気が良すぎて靄がかかり風もなく折角の富士山は靄の中に薄い影でした。河口湖からは綺麗な姿を見ることが出来たのだが、精進湖側からは逆光も重なり、残念ながらカメラの眼には綺麗に写らなかった。

スポットライト 精進湖(赤池から) 精進湖ビュースポット

鳴沢からの富士山は何とか取れたが、精進湖ビューポイントからは、感度・絞り等の補正で頑張ったのですが・・残念ながら、現地で見た人しかわからない画像となってしまった。

山は秋色 精進湖

コースの大半は東海自然歩道の樹海の中を歩いた。負担にならない程度のアップダウン、木々は秋色に染まり、樹海の中は緑と黄・赤が入り混じりって目を楽しませてくれた。ただ、紅葉はかなり高い所の日の当たる場所がメイン「みんなで上を向いて歩こう・・」首が少々疲れた。

東海自然歩道
樹海

樹海の中のカメラ的な楽しみは光を上手に撮ることである。木々の間から差し込む光に照らされた葉、苔はスポットライトをびて生き生きとしていた。ただ歩けば木々の中の道・・カメラを持って綺麗な被写体を探して歩くのもいいものだ。
相変わらず列の最後尾を歩く・・マニュアルでのピント合わせ、いくら手早くやっても数秒かかる・・これの積み重ね、繰り返しである。いつも思うのだが一人で来てゆっくり写真を撮りたいが、車を使っても、電車利用でもロスが多すぎる。限られた条件の中で写真を撮るのも楽しみのひとつかな?

樹海から
トリカブト
編隊飛行? いま輝いて・・

精進湖は山梨県南都留郡富士河口湖町にある湖。富士五湖のひとつで、西から2番目、東から4番目にあたる。富士箱根伊豆国立公園の特別地域内にある。同じ富士五湖の西湖、本栖湖と同一の水脈を有しているので水面標高も同じく約900mで、湖水の水位が連動する傾向がある。最大水深は15.2mで河口湖と並び3番目の深さ。0.5K㎡と五湖中でもっとも湖水面積が狭く、流入河川および流出河川はない。2013年(平成25年)6月22日「富士山信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産(富士山域)の一つとして、世界文化遺産(日本の文化遺産としては13箇所目)に登録された。
赤池のレストハウス、富士山ビュースポットから湖面を眺めた。晩秋?平日のためか観光用のボートは開店休業でロープに繋がれていた。


東海自然歩道

春に逢いましょう・・
ひと際目を引きます 苔の世界

自然歩道は整備されて歩き易かった。紅葉はほとんどが頭の上・・樹海は奥に入るほど植物は少なくなり、シダ類・コケ、キノコの世界となる。明るい所ではヒトツバカエデの丸い黄色い葉が一際目立っていた。


東海自然歩道
ヒトツバカエデの紅葉
ツクバネソウ

富岳風穴の入口に着くと急に人(観光客)が多くなる。富岳風穴の見学は次回となる。
青木ヶ原樹海の豊かな緑に囲まれた富岳風穴は、中に入ると夏でもひんやりと涼しく、平均気温は3度と言う。昭和初期までは、蚕の卵の貯蔵に使われていたという天然の冷蔵庫!国の天然記念物にも指定されている。


樹海の中を

見上げると紅葉

総延長201m、高さは8.7mにおよぶ横穴で、内部は不思議と音が反響しません。これは壁の玄武岩質が音を吸収する性質をもっているためです。
所要15分の見学コースでは、夏でも溶けない氷柱や、溶岩棚、縄状溶岩などが見られる。

苔の中に・・ モミジ 小枝 風穴前の国道

天候にも恵まれ「雪を被った富士山」も100点満点ではなかったが眺めることが出来た。河口湖側からの樹海は河口湖ツーデーマーチで紅葉谷抜けるコースを何度も歩いている。ウオーキングの大会と一味違う「樹海歩き」を楽しめた。

「富士山すそ野ぐるっと一周」第14回の案内人はクラブツーリズムスポーツ旅行センタ小川恵子講師した。 


今日のコースは 精進湖民宿村→青木ヶ原樹海(東海自然歩道)→精進湖・赤池→青木ヶ原樹海(東海自然歩道)
→富岳風穴



                                          第15回へ


どこへ行っても「富士山」を見ると歓声が上がる・・関東に住んでいる者にとっては意外と身近に見える山である。東海道を歩いている時、いろいろなところから「富士山」を見る機会があった。それぞれの美しさがあった。

木更津からみる「富士山」は、木更津港のシンボル中の島大橋を額縁に見立てた富士、太田山からは夕日に染まった富士、東京湾アクアラインと富士、富津岬からは海に浮かぶ富士と見所はたくさんである。
「富士山すそ野一周ウオーク」どのような美しい富士山を見ることができるのであろうか・・


      
2013年世界文化遺産に登録された「富士山」・・                     ぐるっと一周ウオーク・・富士山を360度仰ぎ見ながら歩く・・
         
Blowin' in the Wind 2015

第7回 勢子辻~村山浅間神社  2015年 3月26日(木) 快晴