Blowin' in the Wind  東海道完歩31期の仲間たちと・・

       青梅線沿線の旅(全10回)      2015年5月〜


青梅線  営業キロ数
立川駅− 奥多摩駅間 37.2Km、駅数は起点・終点を含め25駅である。

青梅は江戸時代から良質の石灰石の産地として知られ、江戸の壁などにも使われた。明治を迎え、殖産興業政策の下、セメントの原料としての需要が増す。そんな折、日向和田の石を運ぶため明治27年、立川一青梅間で開業したのが青梅鉄道(青梅線の前身)当初は中央線で立川から運んだが、昭和4年に立川、青梅間で開業した南武線と結び、青梅の石灰石を川崎の浅野セメント工場まで運んだ。
「青梅線人より石が高く見え」と言われた。

左画像:青梅線の旅パスポート
      JR立川駅〜JR奥多摩駅
     

10月18日(日)
第六回 東青梅駅から宮ノ平駅まで
(約9Km)

東海道を歩く会「第31期同窓会」の「青梅線沿線の旅、第6回は東青梅駅から宮ノ平駅までの9Kmを歩いた。

6時20分過ぎに車で木更津駅まで送ってもらう。6時36分の快速に乗り、錦糸町のホーム連絡通路を駆け抜け・・御茶ノ水駅で乗換・・東青梅には9時10分過ぎに到着する。家を出て約3時間・・遠いなぁ、好きなことだから出来るのかも知れない。


旧青梅街道から
東青梅駅

乗願寺への参道
勝沼神社 お稲荷さんの鳥居 参道 青梅鉄道公園

東青梅の駅からは旧青梅街道を西に向かう、10分ほど歩くと右側の入る道の奥に踏切とその先に急な乗願寺の階段が見える。勝沼神社はその先の右の坂道を登った所にある。勝沼神社は青梅・奥多摩一帯を支配していた三田長綱が縁の乗願寺と村の鎮守として創建した。境内には稲荷神社も祀られている。数分歩くと青梅鉄道公園がある。

展示車両 勝沼神社
天井画(雲竜図)

昭和37年に鉄道90年を記念して当時の国鉄が開業し、実物の鉄道車両11両が野外展示されている。外周道路から蒸気機関車を眺めながら歩く。急な坂道を国道に向かい下る。急斜面のしたには墓地は広がっている。高架橋を渡り、住吉神社への参道へ、坂道だ・・神社の脇に出る。神社は彫刻が見事である。特に拝殿の透かし彫りの海老虹梁は初めて見る物であった。拝殿の中も見せていただき、天井画を見せていただいた。正面の参道階段下では縁日が開かれていた。5月の大祭に際には山車と共にきたところである。

海老虹梁 本殿 小林天淵筆塚
参道の縁日
和風創作料理のランチ

早めのランチタイムは人気のレストランとの話のお蚕さんの繭蔵での創作和風料理に舌鼓・・里芋のから揚げが旨かった・ビールは一番搾りの大瓶・・でした。

街角映画館 宗建寺本殿 庭園 むかえる(六蛙)
庚申塔
七兵衛の墓

昼食後は、創建時から一度も火災に遭わずに寺の歴史が残る、大黒天の延命寺は古刹の雰囲気を感じた。すぐ隣には毘沙門天の宗建寺がある。ここには中里介山の「大菩薩峠」に登場する裏宿七兵衛の墓がある。大きな石の上に丸石を置いた墓である。弁天堂の前には立派な庚申塔が建っている。

延命寺本堂 お堂 願いの折鶴
馬頭観音
釜の淵へ カフェテラス

宗建寺から坂道を下り青梅街道を渡りさらに下ると多摩川の清流が見えてくる。アユ釣り、マス釣りの釣り人が見える。鮎見橋を渡ると、多摩川の釜の淵公園である。広く緑の美しい綺麗な公園である。

鮎見橋 多摩川 郷土資料館 開戦を告げる新聞 名産品の展示 発掘された土器

紅葉の時期はさらに見事な風景が見られるのであろう。公園内の郷土博物館では、青梅の歴史と風俗に関連した展示物を見ることが出来た。隣の旧宮崎家住宅江戸耳朶の農家の生活ぶりを感じ、思いがけない写真も撮れた。

郷土資料館から鮎見橋 醤油樽 荷馬車 旧宮崎家囲炉裏
秋・柿とイチョウ
ひざし・・

生活用具
軒と廊下
若鮎の像
柳淵橋 清宝院 山門 本堂

公園を出て柳淵橋を渡ると坂道・・汗が噴き出る。成田山新勝寺の本尊「不動明王」模した不動像を本尊にしている清宝院に参拝する。
ここは七福神の恵比寿尊を祀っている。青梅の
古刹で四脚門の都の重文ならびに都の天然記念物「将門誓いの梅」の金剛寺に参拝、この梅はいつまでも青々として熟さずとあったが・・「赤くなった実がある・・」との声も・・。

扁額 恵比寿尊 金剛寺 山門 四脚門 本堂(逆光でした) 誓いの梅

坂道を登ると青梅街道に出る。正面には青梅の大祭で訪れた旧稲葉家住宅の格子窓が見える。個人の芸術家主催の「アートプログラム青梅」が開催されていたが・・内容的には凡人には理解できず・・材木商を営んでいたと言う、蔵造りの建物は立派で見応えがある。青梅の大祭で山車の最後の競い合い・競り合いのあった熊野神社は「陣屋跡」でもあった。

旧稲葉家住宅 御嶽・ご神木 帳場 部屋内部 熊野神社 七兵衛の碑

義賊裏宿七兵衛の屋敷跡は公園になっており立派なが建てられていた。青梅の大祭で山車を引きながら歩いた坂道を宮ノ前駅に向かい歩く。駅脇からは青梅発展の礎となった石灰採掘跡まで歩く。青々と茂る木々の先の往時を偲ぶ。

ゴールは青梅線宮ノ平駅・・駅前にある31期同窓のHさんの玄関ではHさんがお出迎え・・全員でお邪魔する。
二間続きに用意された宴席でご馳走になる。我々の仲間ヤマボウシさんが大祭の際に送った生花の一本をH差の奥様が挿し木をして黄色い花が咲いた・・このバラが玄関先に咲いていた
「前のグループの時も咲いていたバラである。今日まで咲き続けていたことに驚いた。

5月の生花 見事に・・

ビールと美味しい手料理、食事をご馳走になり青梅・宮の前を後にした。



今日のコースは 東青梅駅→勝沼神社→青梅鉄道公園→住吉神社→延命寺→宗建寺→釜の淵公園・郷土博物館・旧宮崎家住宅→
           清宝院→金剛寺→旧稲葉家住宅→熊野神社→七兵衛の碑→石灰採掘場跡→宮ノ平駅



                                         第7回へ