• 富士山見えた見えない星取表
  • ビューポイントはどの回でも複数ある、その内一ヶ所で見られればGood! 

No  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   14   15   16   17  星取

○or●

          7-5

昨年9月から始めた「すそ野ウオーク」も12回目となり全行程の70%を歩いたこととなる。今回はふもとっぱらから静岡と山梨の県境の割石峠までの
Kmで、樹林帯あり明るい草原ありの自然豊かな東海自然歩道を歩いてきました。

早朝のアクアラインからは富士山の一部が見え隠れ・・今日も見えるかと期待を持っての出発でしたが・・スタート前のトイレ休憩の「道の駅・朝霧高原」では小雨が降っていた。慌てて雨具を用意し着たが、スタート地点の「ふもとっぱら」からは曇り空でのスタートとなった。

ふもとっぱら
広大な草原
長淵 剛 涸れ沢 道標

今日のコースは標高850mから1000mの高原に続く東海自然歩道を歩くコース・・曇り空で気温は20℃から22℃と快適であったが・・残念なことに
富士山は一日中雲の中だった。

「ふもとっぱら」は毛無山南東の山麓に拡がる草原でかつては牧場であったが、現在はオートキャンプ場となっている。今年の夏には「長渕剛・10万人オールナイト・ライヴ 2015in富士山麓」が、8月22日(土)夜9時から翌8月23日(日)朝6時まで開催された。管理事務所の前にはギターを抱えた
「長淵剛」の木像が立っていた。見た目にも大がかりなライブのセットの後片付けしている草原を横に見ながら木々に覆われた東海自然歩道に入る。

ロケ地にもなった 休憩して

今回のコースのほとんどが東海自然歩道だった。原生林と杉・桧林、明るい草原ではススキも穂を見せ始め、高原は秋の装いを見せ始めていました。自然歩道の周辺は秋の花と夏の名残の花が多く咲いて、目を楽しませてくれたが、ひとつひとつの花の名前を確認できなかったことは少々残念であった。また、実りの秋・・オニグルミ・さるなし、あけびなどが枝先に実をつけていた。昼食は国道139号線にある「馬飼里(まかいの)牧場」・・自然歩道から139号線に出て、道の駅朝霧公園からバス移動となる。

道の駅・朝霧高原 馬飼里牧場

「道の駅朝霧高原」は、富士山を背景に富士宮市北部 朝霧高原の国道139号沿いに平成12年3月27日に開駅した。白糸の滝、田貫湖、狩宿の下馬ザクラ、富士山本宮浅間大社など、周囲には観光資源がたくさんある。昼食後は道の駅に戻り、東海自然歩道入る。

ここ朝霧高原一帯は、富士山すそ野西麓の標高700mから1200mに拡がるススキの原と牧草地の高原で、すそ野の広い雄大な富士山を見る事の出来る所でもある。 

樹林帯と明るい草原、所々に見え隠れする可憐な花たち、急斜面のトラバース、崩落し細くなった遊歩道等々・・変化にとんだコースは飽きずに歩ける。明るい樹林帯の先に水音と共に吊り橋がみえる。

急斜面・遊歩道の
トラバース

記念撮影
根原の吊橋
毒キノコ・・

根原の吊橋は東海自然歩道のB沢に架かる吊橋である。高さ4m、長さ20mで老朽化が進み、現在は一度に渡れるのは5人に制限されている。下を流れる沢の水量は少なく飛び石伝いに渡ることもできた。揺れる吊橋・・裕美さんと友達の記念写真を撮る。

鹿に遭遇 ヤドリギ オニグルミ サルナシ アケビ
A沢貯水場 水門
道祖神

樹林帯を抜けると、山を背にした明るい場所に出る。A沢貯水池・・ちょっと変わった名前だが、昭和46年に朝霧高原でボーイスカウト国際ジャンボリー大会が開催されたとき、飲料水を確保するために作られ、その後も富士宮市の水道源として使われている。飲料用の貯水池のため柵があって中には入れない。


キノコ
浅間神社

自然歩道を少し歩くと国道139号線にでる。草原を右手に見て緩い坂を登る。草原にはキスゲが咲いている。登り切った所が今日のゴール割石峠である。割石峠は山梨県と静岡県の県境の峠で、山梨県側は合併前は上九一色村であった。

蕾と花
タマアジサイ
割石峠から 割石峠標識
国道139号

県境の国道139号線付近は見事な富士山の見られるところでもあり、次回のお楽しみである。



「富士山すそ野ぐるっと一周」第12回の案内人はクラブツーリズムスポーツ旅行センタ小川恵子講師した。 


今日のコースは ふもとっぱら
→東海自然歩道道の駅・朝霧高原→東海自然歩道「根原の吊橋・A沢貯水池」割石峠



                                          第13回へ


どこへ行っても「富士山」を見ると歓声が上がる・・関東に住んでいる者にとっては意外と身近に見える山である。東海道を歩いている時、いろいろなところから「富士山」を見る機会があった。それぞれの美しさがあった。

木更津からみる「富士山」は、木更津港のシンボル中の島大橋を額縁に見立てた富士、太田山からは夕日に染まった富士、東京湾アクアラインと富士、富津岬からは海に浮かぶ富士と見所はたくさんである。
「富士山すそ野一周ウオーク」どのような美しい富士山を見ることができるのであろうか・・


      
2013年世界文化遺産に登録された「富士山」・・                     ぐるっと一周ウオーク・・富士山を360度仰ぎ見ながら歩く・・
         
Blowin' in the Wind 2015

第7回 勢子辻~村山浅間神社  2015年 3月26日(木) 快晴