Blowin' in the Wind  東海道完歩31期の仲間たちと・・

       青梅線沿線の旅(全10回)      2015年5月〜


青梅線  営業キロ数
立川駅− 奥多摩駅間 37.2Km、駅数は起点・終点を含め25駅である。

青梅は江戸時代から良質の石灰石の産地として知られ、江戸の壁などにも使われた。明治を迎え、殖産興業政策の下、セメントの原料としての需要が増す。そんな折、日向和田の石を運ぶため明治27年、立川一青梅間で開業したのが青梅鉄道(青梅線の前身)当初は中央線で立川から運んだが、昭和4年に立川、青梅間で開業した南武線と結び、青梅の石灰石を川崎の浅野セメント工場まで運んだ。
「青梅線人より石が高く見え」と言われた。

左画像:青梅線の旅パスポート
      JR立川駅〜JR奥多摩駅
     

8月9日(日)
第四回 スペシャル版 御岳山ハイキング

東海道を歩く会「第31期同窓会」の「青梅線沿線の旅、第4回はSP版御岳山ハイキング、御嶽駅からロックガーデン・綾広の滝までの往復のハイキングでした。

御嶽駅10時集合・・自宅を6時10分に出る。ホリデー奥多摩号は新宿発なので木更津からは乗換が多くなり短い時間のロスがある。2回の乗換で新宿に到着。後は座って御嶽駅まで・・。
駅のホームとバス停に参加者は集まっていた。繁忙期には臨時バスが随時運行されるので便利な観光地でもある。通勤ラッシュ並みのバスに乗り、ケーブルカー乗場の滝本駅に到着。標高がすこし高くなった。風は涼しさを感じる。
ケーブルカーも待たずに乗れる。休日・繁忙期は随時運行である。
御嶽山ケーブルは滝本駅から御岳山駅間の1.107Km、標高差423.9mっを最大勾配斜度25度の急勾配を約6分で御岳山駅に到着する。

レンゲショウマ 森の妖精たち・・ 時期的には 少々早かったですが 可憐な姿で 出迎えてくれました

滝本駅は標高407m、御岳山駅は標高831m(車内アナウンスは840m)である。駅に着くと心地よい涼しい風が火照った体を癒してくれる別世界である。駅の向かいの森は富士峰園地でリフトもある。この園地の北側がレンゲショウマの群生地である。
レンゲショウマ:(森の妖精たち・・)
御岳山駅より徒歩5分の富士峰園地北斜面に約5万株のレンゲショウマが群生しており、夏には淡い紫色の可憐な花を咲かせます。 レンゲショウマの群生地としては、日本一といわれている。

御嶽山の森の妖精たちも深い森の中で羽ばたき始めて(最盛期は8月下旬)いました。ここには写真を撮りに幾度か訪れている。


周辺案内図

ソバナ

御師の家

道標

神代欅
御嶽神社鳥居

咲始めのレンゲショウマの撮影ポイントを探しながら園地に向かう。最盛期前なのでカメラマンは少ない・・数枚の写真を撮ることが出来た。
都心からも近く、本格的な岩場と渓流のハイキングの出来る場所は夏休み真っ最中・・家族連れで混雑していた。
富士園地の展望は見晴らしの良い日は、新宿の超高層ビル郡まで見渡せるが、今日は残念・・遠くは靄がかかっていた。
ここから山頂(御嶽神社)まではおよそ30分。展望台を後にして道標に従い、武蔵御嶽神社のある御岳山山頂を目指し歩く。途中には御岳ビジターセンターがあり、御岳山の自然の解説や、昭和初期に撮影された周辺の古い写真などが展示されている。
ここには茅葺き屋根の家が多く残されている。そんな藁葺き屋根の家のひとつに、馬場家の住宅がある。案内板によると、馬場家は代々御嶽神社の神職(御師)を世襲する家系で、この家屋は1866年に建てられた。山と名の付く御岳山ですが、山頂までは舗装された坂道の上り・・所どころで売店も営業しているので、疲れたら一休み・・駒鳥さんの店内から黄色のレンゲショウマを見せてもらう。


黄レンゲショウマ
天狗岩(遊歩道側) 天狗岩 清流 フシグロセンノウ 渓流の遊歩道

参道を登ると、正面に大鳥居が現れる。鳥居の向こうにあるのは随神門、ここが武蔵御嶽神社の入り口です。ここからが頑張りどころ。
250段もの急できつい石段が待っている。今回、いっちゃんはパス・・7人で長尾平へ向かう。5分ほど歩いた所に、広場がある。ここが長尾平園地、休憩場所・展望台がある。長尾平には売店があるのでちょっとした食べ物も調達出来ますが、今日は持参したおにぎりと缶ビールでランチタイム。御嶽神社参拝組と合流し昼食を済ませ、いよいよ今日の目的地、ロックガーデン(岩石園)へ向けて出発です。


滝を目指して
流れ 苔生す岩 光る流れ・・
森の姿
コケ

岩石園への案内板に従ってしばらく山道を進んで行くと、前方に天狗岩と呼ばれる巨大な岩が現れる。岩に取り付けられた鎖を使って岩登りを楽しんでいるグループが数組・・少し行くと澄みきった渓流を渡る。ここから先は沢沿いを上流へと向かって歩く。
案内板によるとこのロックガーデンは、昭和10年に当時の東京府が沢沿いの約1Kmを遊歩道として整備したものとのこと。周辺一帯は、秩父多摩甲斐国立公園の一部に指定されている。

むき出しになった巨岩・奇岩を眺めながら、遊歩道をゆっくり歩いてゆく。途中の休憩所では家族連れのピクニックのグループがランチタイム・・子供たちは渓流の中で遊んでいる。


お浜の桂

綾広の滝へ
綾広の滝 記念撮影
綾広の滝
上部から

沢沿いを歩き始めて30分余り、正面に10m程の滝が現れる。この滝が綾広の滝で、ロックガーデンの終点となる。綾広の滝の傍らにあるのが「お浜の桂」で樹齢約300年、高さ38mの巨木である。
滝壺間近で小休止・・綾広の滝を後にして脇の道を滝上までトラバース・・山道を歩くこと約30分、天狗の腰掛杉まで歩く。途中の枝が横に伸び腰掛のようになっている。

ケルン 遊歩道
空の色
遊歩道
天狗の腰掛杉
熊出没注意!!

山道を10分程歩くと昼休憩をした長尾平へ到着する。14時30分立った。
朝歩いてきた道をケーブルカー駅目指して戻る。少し下って集落に出ると、茶店の脇には、朝も見上げたどっしりと構えた天然記念物の神代ケヤキが見えて来る。樹齢は約1000年と言われている。

神社参道脇で 門前を下る 黄レンゲショウマ
桃太郎旗
都心を眺める
御嶽山ケ-ブル

朝、黄レンゲショウマを見せていただいた駒鳥さんで休憩・・ビールを注文。大瓶のビールが出てきた。嬉しいオジサンたちであった。
下る道の傍らに藁葺き屋根の家が見える。ロックガーデンを歩いている時も感じるが、ここが東京都内で、しかも都心から1時間半程の場所であることが、現実とは思えない自然と静寂さ涼しさがあった。



今日のコースは 御嶽駅→(バス)→滝本駅→(ケーブルカー)→御嶽山駅→レンゲショウマ群生地→長尾平→ロックガーデン→
           綾広の滝→天狗の腰掛杉→長尾平→御嶽山駅→(ケ-ブルカー)→滝本駅(バス)→御嶽駅



                                         第5回へ