どこへ行っても「富士山」を見ると歓声が上がる・・関東に住んでいる者にとっては意外と身近に見える山である。東海道を歩いている時、いろいろなところから「富士山」を見る機会があった。それぞれの美しさがあった。

木更津からみる「富士山」は、木更津港のシンボル中の島大橋を額縁に見立てた富士、太田山からは夕日に染まった富士、東京湾アクアラインと富士、富津岬からは海に浮かぶ富士と見所はたくさんである。
「富士山すそ野一周ウオーク」どのような美しい富士山を見ることができるのであろうか・・


      
2013年世界文化遺産に登録された「富士山」・・
                      ぐるっと一周ウオーク・・富士山を360度仰ぎ見ながら歩く・・

         
Blowin' in the Wind 2015

  • 富士山見えた見えない星取表
  • ビューポイントはどの回でも複数ある、その内一ヶ所で見られればGood! 

No  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   14   15   16   17  星取

○or●

                6-3

富士山すそ野ぐるっと一周・第9回は北山本門寺」から「白糸の滝」の7.5Kmを歩いてきました。


早朝の曇り空も午前中は薄曇りに・・昼前からは普段見る
機会のない静岡側からの富士山を眺めながらすそ野ウオークを楽しんで来ました。

コースは北山本門寺から日蓮正宗総本山・大石寺(たいせきじ〉・千居遺跡せんごいせき)、頼朝縁の狩宿の下馬桜(かりやどのげばざくら)、曽我兄弟仇討の工藤祐経(くどうすけつね)の墓、曽我兄弟縁の「曽我の隠れ岩音止めの滝から日本の滝百選白糸の滝と富士山堪能、太古の史跡、歴史の道と歩き風景を楽しみ、歴史を知り滝めぐりと色とりどりの花を見ながらの旅でした。

前回ゴールの時よりも濃い緑の中の北山本門寺本堂に参拝してスタート。
本門寺は
富士宮市北山にある日蓮宗の寺院で、同宗の七大本山のひとつ。日興の法脈を継承した富士門流に属し、静岡県の駿東地方に分布する 西山本門寺・大石寺・下条妙蓮寺、小泉久遠寺とともに同門流の「富士五山」を構成する。また、京都要法寺、伊豆実成寺、保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられる。正式呼称は法華本門寺根源山号は富士山である。

北山本門寺・二天門 本堂
日蓮上人像

ユキノシタ

尾取川
富士山の頂上が・・

本門寺前の国道469号線を西に向かって歩く。水のきれいな尾取川を見て少し行くと遠くに立派な大石寺の三門が見える。潤井川の橋の上で振り返ると富士山が雲の上に頂上が見えてきた。

大石寺日蓮正宗本山である。日蓮上人の没後、一番弟子の身延山久遠寺の別当日興上人は、日円と対立し身延山を去り、上野郷(富士宮市西部)の地頭南条時光の援助で、正応1012日(12901115日)、第二祖日興上人によって開創された。寺号の大石寺は地名の大石ヶ原に由来する。開基檀那は南条時光である。寺格は総本山興門派と言われ後に富士門流と称し、日蓮上人の正しい教義を継承している。
寺は現在改修中で境内には入れず外周道路を歩く。木立越しに本堂、五重塔が垣間見える。敷地も広く建物も大きく立派である。

大石寺・三門
三門に続く参道
三門
五重塔
本殿 キイチゴ

昼食後は大石寺北側から両側に林、畑が拡がる道を北に進む。富士山の西南麓のなだらかな裾野に立地する繩文時代中期の集落跡および配石遺構を主体とするフェンスに囲まれた、千居(せんご)遺跡ある。集落跡は径約50メートルの大環状をなす20余棟の円形竪穴住居跡からなっている。配石遺構は人頭大の石を運んで構築したものである。長さ約40メートルの直線状および弧状の帯状組石があり、この遺跡はいわゆる配石遺構のうちでも大規模なものであり、集落跡と複合して全貌が調査された点で学問的にも貴重なものと案内板にあった

千居遺跡・案内板 千居遺跡 アザミ

のどかでゆったりとした道を富士山を眺め、写真を撮りながら1.5Km程歩くと、1193年に源頼朝が富士の巻狩りを行った際、馬からおりた所とされたことから狩宿の下馬ザクラと呼ばれ、その桜に馬をつないだとも言われている「駒止めの桜」という別名も存在する「狩宿の下馬桜」がある。

樹齢は800年を越え、かつては樹高35m、幹囲り8.5mの巨木であったが、度重なる台風などの影響で弱っており、最盛期の姿は拝めないが、現在は若芽が勢いよく伸びている。開花時期は4月中旬(10日から20日頃)と説明にあった。江戸幕府第15代征夷大将軍である徳川慶喜はこの桜についての歌を詠んでいる。あわれその駒のみならず見る人の心をつなぐ山桜かな」


狩宿の水路
陣屋・井出館 下馬桜 高麗門

富士の巻狩りは、頼朝が鎌倉幕府を開いた翌建久’1193年)、その武威を天下に誇示すべく、関束武士に動員をかけた政略的行事で、その家来や勢子などを加えると十数万とも言われる。御殿場付近から始めて、南へ富士山を半周して朝霧高原まで数ヶ月続き、その伝説や遺跡は各地に残る立派な長屋門の残る、井出館鎌倉時代からの名家で建物は市の文化財となっている

南棟・高麗門・北棟 下馬桜と富士山 下馬桜 田圃の逆さ富士

狩宿から北に1.5Kmほど歩くと「曽我物語」として浄瑠璃、芝居、講談などで日本三大仇討ちの一つとして語り継がれている、曽我兄弟仇討の工藤祐経の陣屋跡に祐経の墓がある。各地に残る墓・伝説、遺跡の一つである。

そのすぐ近くには「曽我の隠れ岩」がある。岩陰で兄弟が相談中、近くの滝の音がうるさく「大事な相談をしているのに、なんと心なしの滝だ」と呟くと、不思議や滝の音がぴたりと止んだという。「音止めの滝」である。音止の滝芝川本流の落差約25mの名瀑である。豪快で雄雄しい滝であり、白糸の滝とは対照的である。付近には源頼朝がの乱れを直したという泉ある。


サイハイラン
工藤祐経墓所 蘇我の隠れ岩

滝見台から土産物屋の並ぶ道を奥に進むと、白糸の滝である。音止めの滝と共に、名な観光地のひとつとして知られ日本の滝百選にも選ばれている。国の名勝、天然記念物に指定され、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されている。

いつだったか・・小さな子供たちと来た時とは違って綺麗に整備された遊歩道が滝まで続いていた。

芝川 芝川下流
音止めの滝上

音止めの滝

白糸の滝

富士宮市の滝周辺の改修工事完成記念キャンペーンでテレビ取材が行われていました。現地にいた市の職員さんの話では「富士山はやっぱり静岡から見るのが一番・・」と自慢気に観光客に説明・話をしていた。

自生のクレソン 富士と白糸の滝

東側(関東から)見る富士山とはなだらかに拡がるすそ野の美しさは同じだが、頂上の形が全く違う・・「剣ヶ峰が正面に見える静岡からの富士山が本来の富士山・・」との熱弁でした。反論の余地なし・・郷に入れば郷に従え・・でした。

「富士山すそ野ぐるっと一周」第回の案内人はクラブツーリズムスポーツ旅行センター小川節子講師した。 


今回のコースは 北山本門寺→大石寺千居遺跡狩宿の下馬桜工藤祐経の墓所曽我の隠れ岩音止めの滝白糸の滝


                                          第10回へ

第7回 勢子辻~村山浅間神社  2015年 3月26日(木) 快晴