どこへ行っても「富士山」を見ると歓声が上がる・・関東に住んでいる者にとっては意外と身近に見える山である。東海道を歩いている時、いろいろなところから「富士山」を見る機会があった。それぞれの美しさがあった。

木更津からみる「富士山」は、木更津港のシンボル中の島大橋を額縁に見立てた富士、太田山からは夕日に染まった富士、東京湾アクアラインと富士、富津岬からは海に浮かぶ富士と見所はたくさんである。
「富士山すそ野一周ウオーク」どのような美しい富士山を見ることができるのであろうか・・


      
2013年世界文化遺産に登録された「富士山」・・
                      ぐるっと一周ウオーク・・富士山を360度仰ぎ見ながら歩く・・

         
Blowin' in the Wind 2015

  • 富士山見えた見えない星取表
  • ビューポイントはどの回でも複数ある、その内一ヶ所で見られればGood! 

No  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   14   15   16   17  星取

○or●

                  5-3

富士山すそ野ぐるり一周ウオーク・第8回は村山浅間神社から北山本門寺までの7Kmを歩き、バス移動で富士山本宮浅間大社に参拝してきました。

 

前回の「ぐるり一周ウオークのゴールの村山浅間神社は、先日の「0メートルからの富士山」のゴールと、今回で三回目の参拝となる。桜の咲き始めから、満開のミツバツツジ・・短い間に季節の移り変わりを感じる。次回は「0メートルからの富士山」の4回目のスタート地点となる。

前回見落とした、明治13年(1880年)頃の富士玉産書という、神社の正面向拝にある「富士根本宮」の扁額を(写真参照)確認した。前々回・前回の風景はさくら・ツツジのピンクから新緑の緑に一変していた。
参道前の道を西に進む、国道496号との合流点の手前に4体の石仏が並んだ西見付跡がある。村山浅間神社が表口登山道の拠点として賑わっていた時代、諸国から多くの登山者がやって来たため、門前町・村山の東西に間諜、不審者等の侵入を防ぐ為に見張り所を置いた。これが見付である。特に戦国時代、修験者(山伏)は修行で鍛えた特殊な能力を持って、隠密のような働きで今川氏に仕えた。また、村山浅間神社は「村山修験」として修験道の拠点でもあった。

村山浅間神社 村山浅間神社・扁額
「富士山根本宮」
双体道祖神・石仏群 西見付跡 国道469号線 アケビ(花)

国道に出て道端の草花の説明を聞きながら30分ほど歩くと、富士山南陵工業団地の開発を進める「大成富士山南陵開発株式会社」が富士宮市に寄贈した「富士山環境交流プラザ」がある。施設の前をとおる国道469号は市の東の玄関口ともなることから、観光案内所としても活用していく予定との事。富士山眺望の場所ではあるが、残念ながら雲隠れであった。

富士山環境交流プラザ アケビ(花) 富士山すそ野だけ
甲子供養塔

山宮浅間神社

山宮浅間神社
鳥居・扁額

国道から分岐した、住宅と農地の中の道を20分ほど歩いた、交差点の右隅に「甲子」と刻まれた石碑がある。甲子の夜、福の神大黒天を祀って、講中で甲子待の供養行事を行う、この講で 造立した供養塔である。珍しい供養塔である。


山門への参道

ウラシマソウ
三態

境内の双対道祖神
二の鳥居

その先に山宮浅間神社の鳥居が立っている。

富士山本宮浅間大社の社伝によれば、富士山本宮浅間大社の前身で、日本武尊(やまとたけるのみこと)が創建したとされています。本殿に当たる場所に建物がなく、富士山を望む遙拝所を設けるという独特な形態は、噴火を鎮めるために山を遥拝していた古代の富士山祭祀の形をとどめている。

残念ながら、ここでも富士山は雲隠れだったが、参道脇・境内には春の花、ウラシマソウ・マムシグサ・ニリンソウなど山野草の宝庫でした。

午前中のゴール・・バスで昼食会場に向かう。


ニリンソウ

鉾立石
遥拝所
ホウチャクソウ

マムシグサ

ゼンマイ

午後は右手後方に富士山が見えないかと振り返り振り返り歩く、道端には大きな庚申塔・双体道祖神、甲子塔が見られた。右手が大きく開けた先に、大きな山門の北山本門寺(きたやまほんもんじ)が見える。

富士宮市北山にある日蓮宗の寺院で、同宗の七大本山の1つ。日興の法脈を継承した富士門流に属し、静岡県の駿東地方に分布する 西山本門寺・大石寺・下条妙蓮寺、小泉久遠寺とともに同門流の「富士五山」を構成する。また、さらに、京都要法寺、伊豆実成寺、保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられる。正式呼称は法華本門寺根源。山号は富士山。他の通称に重須本門寺がある。

境内は広く、杉・イチョウの巨木が聳えたっている。モミジの新緑が陽を通して透けている葉がきれいだった。今日のウオーキングのゴールである。 

富士山すそ野だけ 庚申塔 双体道祖神 富士山すそ野だけ 富士山すそ野だけ 富士山本宮浅間神社

ここからバスで富士山本宮浅間大社に向かう。

全国に1300余りある浅間神社の総本宮で、祭神は木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)、瓊々杵尊(ににぎのみこと)、大山祇神(おおやまづみのかみ)。木花之佐久夜毘売命は浅間大神とも呼ばれ、火難消除・安産・航海・漁業・農業、機織などの守護神として知られる。

山門から拝殿
本殿 流鏑馬像 社務所
湧玉池

11代垂仁天皇により大神が祀られ、51代平城天皇の勅命により、大同元年(806年)に坂上田村麻呂が現在地に社殿を築いた。武田信玄、勝頼親子に崇敬され、神領の寄進や社殿の修造が行われている。富士山8合目以上は大社の境内で、山頂には奥宮が祀られている。世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一つである。

社殿は国の重要文化財で、徳川家康が関が原の戦勝御礼に造営した。総漆塗り桧皮葺、本殿を五段と高くした浅間造りと言われる珍しい様式。重要文化財の「絹本着色富士曼荼羅図」などが所蔵されている。門前の桜の馬場では、春の大祭に神事流鏑馬が奉納される。

湧玉池 鳥居と
富士山すそ野だけ
名物
富士宮焼きそば
見えた!剣ヶ峰 ズームで・・ 剣ヶ峰

「湧玉池」(国指定特別天然記念物)は、毎秒3.6kl、1日20万トンの湧き水があり、かつて富士登山者の禊場でもあった。流れ出た神田川は1Km流れて潤井川に合流する。

すそ野の浅間神社に参拝し、浅間神社の総本山を見て、全国に約1300もあると言うこの神社・神への信仰の篤さ、深さを、人々の想いを感じた。

ここで今日の行程は無事完了・・駐車場から眺める富士山の頂上の雲が流れているような・・



「富士山すそ野ぐるっと一周」第8回の案内人はクラブツーリズムスポーツ旅行センター小川恵子講師でした。

今日のコースは 村山浅間神社→西見付→山宮浅間神社→北山本門寺→富士山本宮浅間神社

                                          第9回へ

第7回 勢子辻~村山浅間神社  2015年 3月26日(木) 快晴