Blowin' in the Wind 2015

                                           

                                            2015. 3. 28〜 3.29
2015. 3 第16回 古河まくらがの里・花桃ウオーク」・・            

古河の開催は年度末・・現役の頃は参加するのに苦労したのを思い出す。今年は満開満開の花桃と共に追悼ウオーク・偲ぶ会である・・

3月28日(土) 渡良瀬遊水地自然を訪ねて たんぽぽコース 20Km

かけがえのない歩友、ClubWalkingのあさひさんが、昨年8月の広島の土砂崩れで亡くなった。あさひさんが歩きたかった「古河花桃ウオーク」での追悼ウオークは現役世代の年度末繁忙、子育て世代は新年度の準備等、また「朝鮮通信使ウオーク」と日程が重なり、仲間は多く集まれなかった。スタッフの悠々さん(茨城)、千春さん(茨城)、康兵衛さん(東京)、あそうさん(尾道)いっちゃん(千葉)5人で追悼ウオーク、そしてゴール後の会場で花桃を眺めながらあさひさんを偲びました。
出発前に4人とあさひさんのゼッケン・ClubWalkingの旗と共に4人で(少々遅れた千春さんは間に合わなかった)を満開の花桃をバックに一緒に写真を撮った。
今年の花桃は満開、公園内には梅・辛夷・木蓮が「我々の意」をくみ取ったくれたのか咲き誇っていた。


朝の古河駅
花桃祭り会場
花桃の前で・・
アップです 総合公園の花桃

古河まくらがの里花桃ウオークは、1,500本の花桃が咲き誇る古河総合公園をスタート・ゴール会場とするウオーク大会です。1日目は渡良瀬遊水地の春の訪れを眺める、20Kmたんぽぽコースを歩いた。スタッフの悠々さんは20Kmのアンカー・・

スタート会場へ・・ 出発式 来賓挨拶
参加最高齢
ふさえさんの表彰
檄とJWA会長 総合公園の古民家 古河城址本丸跡で
渡良瀬川 菜の花も・・ 遊水地の碑 野焼き後の遊水地

堰堤の遊歩道からは男体山を主峰とする日光連山がうっすらと見ることができた。古河に来て初めてであろうか・・渡良瀬川の土手、谷中湖(渡良瀬遊水地)は野焼きで黒く染まっていた。いつもより水量も少ないようであった。
20kmは久しぶりに歩く距離である。今回は体力がどの位あるのか・どの位歩けるのか・どの程度疲れが残るのかのテストウオークとなった。スピードは出ないが(20Km:3時間30分)ある程度の余力をも持ってゴールできた。

野木煉瓦工場跡 文学館前の桜

胸には小金井で作った「あさひさんの写真」、リュックには広島での追悼ウオーク「あさひさんのゼッケン」とClubWalkingの「あさひバッチ」を付けて歩く。災害で亡くなったことを知っている人とは懐かしい話を、知らない人とは災害の話を・・みなさん「幸せな人ネ」と・・自分でもそう思う
千葉の仲間
とも会った・・「私たち広島に行った時お世話になったんだ」を懐かしい話をしました。


花桃会場熱気球
総合公園 偲ぶ会 アンカー悠々さん あさひさんと花桃

康兵衛さんは仕事の都合で先に帰る。ゴール後はあそうさんと会場ゴール脇で「偲ぶ会」・・知り合いが通りかかると話の輪の中に入る。懐かしい話も出てくる。千春さんもゴール後は明日の事ごとのために一足先に帰る。忙しい中、来てくれた仲間には感謝である。
アンカーの悠々さんを待って会をお開きとした。地元の悠々さん、尾道の麻生さんには今回もたくさんの差し入れをいただいたが、人が少なくほとんどがお持ち帰りの「お土産」になってしまった。


今日のコース:古河総合公園→渡良瀬堤防→三国橋→渡良瀬川堰堤→谷中湖(渡良瀬遊水地)→野渡橋→渡良瀬北斗乗馬倶楽部万福寺→雀神社
         →文学館→鷹見泉石記念館→子ノ権現神社→古河歴史博物館→古河総合公園(ゴール)


3月29日(日) まくらがの里古河の歴史を訪ねて 佐倉とか移動コース 15Km


2日目、29日(日曜日は)「まくらがの里古河の歴史を訪ねて」は古河の街並みを巡るコースです・・が、天気予報が良く無ない。
3日前までは午前中から雨予報、今朝は午後から雨の予報、どの程度降るのか・・朝起きた時に降っていれば会場まで行って花桃を見て帰る。午前中に降るようであれば様子を見て7Kmコースを歩いて帰る。歩きの選択肢だけはたくさん作った。

KKMLの横断幕 総合公園の花桃 木蓮と花桃

夕方の天気予報ではあっめの降り出しは遅くなっているようだった。5時のニュース天気予報では雨の降り出しは15時以降となった。
「桜と街道コース・15Km」をあるくことにした。出発式までは時間があったので公園の花桃をゆっくりと観て歩く。花桃目当てのカメラマンが多くいた。こんな時は一眼デジヲ持って来れば良かったといつも悔やむが、中・長距離の歩きには負担になる。

木蓮

花桃会場

総合公園のスタート時間(8時30分)を待ちきれずに歩き始め(いわゆるフライングである)、30分ほど早かったが同じ思い(最終日は早く帰りたい)のウオーカーはたくさんいた。総合公園からかつてのスタート地点のスタート地点のサッカー場脇を歩き、住宅街を抜けて第2高校を通り抜けるとJRの高架にぶつかる。古河駅までは四季の道南通りである。桜並木は1、2分咲き、花桃・辛夷、レンギョウは満開である

茶畑
芋の産地です

桜並木

辛夷の大木
野木神社

松並町を抜けると野木神社・・チェックポイント。野木神社出の楽しみは脇の池のそばに咲く二輪層の群落である。ここではいつも可憐な花が咲いて楽しませてくれる。北斗乗馬倶楽部から雀神社までは昨日と同じコースを歩く。雀神社からは市内、古河宿を歩く。古河宿の街道筋には昔ながらの面影を残した商家、蔵などを見ることができる。肴町の合流点では案内役の悠々さんと会うことができた。

二輪草
木蓮の大木
河川敷のゴルフ場 商家
日光街道・古河宿

史跡・博物館、資料館などが並ぶ道を歩き、歴史博物館から総合公園へゴールの15Kmを歩きました。昨日は20Km(3時間30分)、今日は15Km(2時間40分)と久しぶりに中距離を2日間歩き肉刺が二か所・・歩きには支障がなかったので帰宅後治療することにした。

新築の第一小学校 チェックポイントで
ゴール前の桜並木

古河での2日間は「あさひさんの想い」また、遠征ウオークの常連さん、遠征ウオークで知り合った古い歩友・・懐かしい交流もできました。

また、久しぶりにツーデーウオークの中距離を歩いた。美しい風景の中、風とともに歩く・・昔感じた爽快感が蘇り、このような歩きもいいなと感じ、次の大会にも参加したい思いも・・

あそうさんとは、8月の命日には広島ウオーキングクラブ主催で追悼ウオークに参加しようと約束・・都合がつけば参加したい。

今日のコース:古河総合公園→第二高校→四季の道南通り→古河駅→四季の道北通り→松並町→野木神社→渡良瀬北斗乗馬倶楽部→渡良瀬堤防
         →雀神社→参宮通り→篆刻美術館→大手町→街角美術館→文学館→鷹見泉石記念館→古河歴史博物館→古河総合公園(ゴール)



                                        [ 目次へ ]