どこへ行っても「富士山」を見ると歓声が上がる・・関東に住んでいる者にとっては意外と身近に見える山である。東海道を歩いている時、いろいろなところから「富士山」を見る機会があった。それぞれの美しさがあった。

木更津からみる「富士山」は、木更津港のシンボル中の島大橋を額縁に見立てた富士、太田山からは夕日に染まった富士、東京湾アクアラインと富士、富津岬からは海に浮かぶ富士と見所はたくさんである。
「富士山すそ野一周ウオーク」どのような美しい富士山を見ることができるのであろうか・・


      
2013年世界文化遺産に登録された「富士山」・・
                      ぐるっと一周ウオーク・・富士山を360度仰ぎ見ながら歩く・・

         
Blowin' in the Wind 2015

  • 富士山見えた見えない星取表
  • ビューポイントはどの回でも複数ある、その内一ヶ所で見られればGood! 

No  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   14   15   16   17  星取

○or●

                        3-2

富士山すそ野ぐるっと一周第6回は忠ちゃん牧場から勢子辻までの約9Kmを歩いてきました。残念ながら一日中雨・・昼前からは本降り・・気温は4~5℃の表示でしたが、寒さはあまり感じませんでした。 

コースは忠ちゃん忠牧場から富士山資料館(見学)、お洒落な十里木高原別荘地の一角にある十里木氷穴(堂内見学)、八幡神社、頼朝の井戸から国道に出て十里木関所跡、富士山こどもの国で昼食後は杉・桧の中の林道を勢子辻まで歩きゴール。
富士八景の湯で汗を流し「おつかれさま」のビール・・いつもながらの至福のひと時でした。

 

 愛鷹山麓の北、標高800mあまりの富士山麓に広がる面積約6万㎡の牧場である。雄大な富士山をバックに(今回は残念ながら・・)大きく広がる忠ちゃん牧場・・この素晴らしいロケーションに演習場の砲撃の音(?)が轟くなか・・ストレッチを済ませスタート・・ 

東富士演習場 忠ちゃん牧場 晴れれば・・ ソバ畑(冬景色) お接待 温か~い里芋・・

車の通らない舗装道路を10分ほど歩くと富士山資料館の白い建物が左に見える。駐車場では第2回でお世話になった、高橋茶園さんのお接待があった。資料館は標高880mの所にあり、富士山の成り立ち、歴史、動植物、それにまつわる人々の生活など富士山に関する資料を展示してある。
郷土資料館が併設され、民具、祭りの模様・道具などを展示、地域文化の移り替わりを目で見ることができた。

富士山資料館 館内
神輿
郷土資料館
富士山の展望 晴れれば・・ 資料館園庭

緩い登りの舗装道路を進み900mを超す頃・十里木高原別荘地に入る。道路脇に残雪が残っている。意外と寒さは感じなかった。
瀟洒な別荘・ペンションが木々の間に見え隠れする。木々の間の溶岩に着いた苔の緑が綺麗だった。

溶岩 若山牧水歌碑 別荘のモニュメント 溶岩流の後 氷穴へ・・
残雪と苔

「富士山の麓に広がる豊かな自然と、富士から流れ出たおいしい水に各種施設、365日の管理体制で安心とくつろぎのひとときをご提供」と、別荘の謳い文句が・・高嶺の花かな・・

氷穴 入口 ペンション 八幡宮鳥居 遊歩道 ミズナラの林

十里木別荘地の一角に十里木氷穴がある。約1200年前に鑵子山から続出した十里木丸尾溶岩流によって出来た複合熔岩樹形である。深さ30m余り、5月頃まで氷が残り、昔は冷蔵庫代わりに使われたという。窪地の奥に人が一人通れる程度の洞窟ある。
ここあたりはまだ雪が残っていた。

 十里木高原別荘地内に十里木八幡神社があります。地元の氏神様として古くから親しまれている。バスが通る道路沿いに赤い鳥居が目に入る。晴れた日には入口から富士山がよく見えると言う。


水滴

水原秋桜子の歌碑
頼朝の井戸 ミズナラの林

鳥居の前のミズナラ林の中の遊歩道の先に、鎌倉幕府を開いた武将・源頼朝が建久4年1193年に1ヶ月にもおよぶ大巻狩り(大規模な軍事演習でもあり、全国から約15万人の将兵を動員したと言われる)の際に訪れ、湧き出た水が小湖を作るその美しさに感銘し、朱塗りの椀を沈めて水神に供えたといわれている「頼朝の井戸」がある。

八幡宮の鳥居 十里木関所址 雨・・波紋 晴れていれば こどもの国側道

国道469号に出るとすぐ先、右側に八幡神社の鳥居、その先に野仏・地蔵様、庚申塔と石碑の後には冠木門のある、十里木関所跡がある。

この国道は平安時代から東西を結ぶ要路であった十里木街道の竹之下宿(現小山町足柄)から岩淵宿(現富士川町)の中間の宿場であり、標高約850mの峠でもある。
富士山こどもの国までバス移動して昼食・・この公園は静岡県営の遊園地である。94.5haの自然あふれる公園で、草原の国、水の国、街のエリアの三つに分かれ、大地と自然がテーマの公園である。この周辺は、広域公園であり静岡県が設置する大規模な有料公園である。公園の敷地脇の道を行くと、杉や桧の美林の林道に入る。のんびり散策できそうな遊歩道を下り、国道の出ると勢子辻である。

 勢子辻は建久3年(1192年)年に鎌倉幕府を開いた源の頼朝が東麓御殿場付近から南、更に酉麓の朝霧高原にかけて大東模な「富士の巻狩り」を行った。これは大規模な軍事演習でもあり、全国から約15万人の将兵(勢子)を動員したと言われる。勢子の終結・待機場所でもあったと言う。

こどもの国
オニシバリ
林道 道標 勢子辻辺り

勢子辻は勢子の終結・待機場所でもあったと言う。後に十里木街道の宿場となり、富士宮への分岐地点でもあった。TDさんの話では特にこれと言った石碑・構造物はないとの事だった。

6回は歩行約9キロ・約3時間30分・・雨の中のすそ野一周でした。


「富士山すそ野ぐるっと一周」第6回の案内人はクラブツーリズムスポーツ旅行センター小川講師でした。



                                          第7回へ

第6回 忠ちゃん牧場~勢子辻  2015年 2月26日(木) 雨