姫様と歩く姫街道・・前半(御油追分〜西気賀) 31Km
                                                                           2015.2.3〜5
東海道を歩いた仲間と一緒に・・姫街道道中記・・お姫様の歩いた姫街道・・御油見附から気賀まで29Kmを歩いてきました。

2月5日(木) 三ヶ日一里塚〜西気賀 10Km

昨日の本坂峠越えから、今日は引佐(いなさ)の峠越えです。引佐峠は気賀と三ヶ日の境で海抜220m。姫街道の本坂峠に次ぐ難所である。

天竜浜名湖鉄道
三ヶ日駅
車両 今日は傘の出番 高札場跡 街道
茶屋跡案内板

ホテルを出るときはは雨・・スタートの三ケ日宿では雨も小降りとなり、国道から旧道に入る三ヶ日一里塚は江戸より71番目で今日のスタート場所である。塚は無く記念碑のみが建てられている。待ちのメインストリートから「姫街道」の案内板にそって細い道を左に入ると高札場跡、茶屋跡跡の案内板が建っているのみで、それを示すものは残っていない。すぐ近くには江戸時代後期の俳人と竹山竹茂の碑などの案内板が続く。

ミカン畑の・・ 山並み ミカン畑の街道 東名に分断されて 大里峠入口 東名に分断されて

街道は東名の工事で途切れている区間があり、その説明の案内板がみられた。大里(おおり)峠まで200m、入口の案内板がある。入口の案内板を右に見て先に進む。この先でも東名に遮られている。

慈願寺案内板 慈願寺本堂 大谷代官屋敷跡 案内板 六部様案内板

集落の火の見櫓の隣に慈眼寺がある、滋眼寺は明治初年に全焼し、それより住職はない。雨もあがりのどかな風景に中を歩く、民家の玄関前に「大谷代官屋敷跡」の案内板がある。近藤陣屋と代官屋敷の案内板、陣屋は三ヶ日地域を支配した三千石の旗本、大谷・近藤氏の政庁である。領主近藤氏は交代寄合でほとんど江戸勤めであったので、代官を派遣して政務を執らせた。
その先を右に入り、緩やかな坂道を登ると「六部様」と書かれた案内板がある。その先の少し高い所の大きな木下に小さな祠がある。当時、ここで行き倒れになった六部と言う修行僧を村人が祀ったと言う。

六伊部様案内板 茶屋跡(読めない) ミカン畑 大谷一里塚跡 ミカン畑 石投げ岩

坂を登るとみかん畑を眺望できる。大きな石に「一里塚」と刻まれた、大谷の一里塚がある。その先、左側にミカンの木の中に文字のかすれた案内板がある。茶屋跡の看板である。説明を聞かなければ判らない波戸文字が消えてしまっている案内板である。
だらだら坂を登ってゆくとヒノキに囲まれた道となる、どうやらここいら辺りが引佐峠の入口(案内板は無い)らしい。木々に囲まれた石畳の道を登る。7分ほど登ると「石投げ岩」がある。当時の旅人が大きな岩に石を投げ、道中の安全を祈願したと言う。

峠へ向かう 象泣き坂 案内板 石畳の道 峠にて

享さらに8分ほど登ると「象泣き坂」の案内板がある。保14年清国の商人が献上した象が江戸へ向かう途中姫街道を通った。吉田、気賀に泊まり浜松に向かった。気賀村の庄屋が引佐峠まで象を出迎えに出た。峠道は細く急で、象が悲鳴をあげたという。急坂を5分ほど登ると引佐峠の頂上の到着。景勝の地として知られていたが、現在は木が茂って見晴らしは良くない。記念撮影と小休止、石畳と落ち葉の坂道を下る。

道標 峠を下ります 浜名湖遠望 レモン 姫岩案内板 姫岩

雨に濡れた落ち葉と石畳はよく滑る・・注意しながら歩き続ける。石畳は峠から100mほど気賀よりに下がった所と姫岩付近に古い石畳が残っているといわれる。所々で浜名湖を展望できる。思わず歓声が上がる。展望が開け、みかん畑、レモン畑が見えてくると峠道も終わりに近い。
引佐峠の東側中腹に平らな巨石がある。大名行列がある時には気賀の近藤家の家臣がここまで出向き、湯茶の接待をしたと言う姫岩である。当時在ったと言われるかまど跡は道路拡張の際取り壊された。現在は登山者用の休憩所が設けられている。

地蔵様 石畳・峠道の終わり 浜名湖 小引佐への道 道路標識 今日のランチ

雨に濡れたて滑るミカン畑の中の石畳を下り切った所が今日のゴールである。

二泊三日の姫街道道中後半は4月である。4月5日には「姫様道中」を見物の予定である。



                                              姫街道を歩く 後半へ