Blowin' in the Wind 2014

                 
        


                                    2014. 4. 2

      2014. 4  身延山久遠寺から三島大社 桜めぐり・・

4月2日(水)某旅行会社「Club-t」のバスツアーで身延山久遠寺から三島大社の桜を楽しんできました。


4月2日(水) 忙中閑(?)あり・・

桜の開花情報を聞くと落ち着かない・・今年は開花宣言から「あっ・・!」と言う間の満開宣言でニュース報道で、お花見中継も映し出されている。こうなるとじっとしていられず、久遠寺から三島大社へとお花見ツアーに出かけてきた。

身延山久遠寺の桜


アクアラインから首都高・中央高速へ、甲府南ICから笛吹ライン(140号線)で身延山久遠寺へ、約4時間の行程で枝垂桜満開の久遠寺へ到着した。

総門から門前町・三門をへて287段・高低差104mの菩提梯を登る(他に男坂・女坂がある)ルートが、本来の参拝の順路であるが、時間・体力、気力もないので本堂・ロープウェイ乗場近くの「せいしん駐車場」まで車で登る。

奥の院までと思ったが・・ロープウェイの混雑(30分待ち)に本堂への参拝と祖師堂前の枝垂桜見物を優先する。

身延山の谷あいにある久遠寺と西谷に拡がる寺院群と桜は素晴らしい景観でした。

この時期は観光客も多く、桜の写真を撮る人たちも「桜は撮りたし、人は入れたくない」苦労をしていました。

久遠寺境内下の駐車場から眺める西谷の枝垂桜・・坂道を下り、枝垂桜の点在する道を日蓮上人御墓、御草庵跡などゆっくりと散策・・参道・民家の軒先・寺院の庭、それぞれ咲き誇る満開の桜を堪能した。

久遠寺から三島までは約1時間30分・・懐かしい東海道の松並木と一里塚を車窓から眺め、街道歩き(東街道)でも参拝、歴史を感じた「三島大社」に桜見物と参拝をする。

三島大社の桜

三島大社・本殿

ここも桜の名所・・桜は満開で正面の鳥居から本殿までは、水面に姿を写す枝垂桜、参道の両側には満開の桜・・これらを眺めながら見物客の中を歩く。

久遠寺、三島大社共に桜見物の人は多かったが、境内の広さの違いに桜の楽しみ方も違ってくる。


頼朝・政子の
腰掛椅子

久遠寺ではゆっくりと散策しながら点在する寺院に参拝、それぞれの趣を楽しめた。三島大社では参道の桜並木を往復するだけのお花見であった。人混みの中からでも写真は少し撮ることが出来たのは幸いである。

染井吉野はすべてクローンと言われ、条件が揃えば開花は容易に予測できるという事で桜の代表格になって言ったとの事です。



                                        [ TOP ]