10月27日(日) 某旅行会社「Club-t」のバスツアーで雨と風の谷川岳の紅葉とハイキングを楽しんできました。


今日は谷川岳の遊歩道、土合からマチガ沢・一ノ倉沢、幽ノ沢まで(予定では「ブナの恵み」までの往復でした)歩きてきました。幽ノ沢の水量が多遊歩道まで溢れ渡れず、先には行けませんでした。台風26号の大雨による大きな崖崩れもありました。
水上までは台風一過の青空でしたが、山は冬・・でした。水上の温泉街に入る手前では大きな虹を見て歓声が上がったのですが・・その時はその後の天候を知る由もありませんでした。


今日のお弁当

湯檜曽川

雨で沢が

マチガ沢
谷川岳 一ノ倉沢

強い冬型の気圧配置は新潟側からの雲が山に掛かり土合の標識を見るあたりからは、荒れた天気と変わりました。東の空が明るかったので少々の期待はあったのですが・・期待は裏切られました。
紅葉は見事で最盛期でしたが、雨に煙った山は残念ながら、最新のカメラでも綺麗には写りませんでした。


一ノ倉沢

一ノ倉沢

幽ノ沢
幽ノ沢 崖崩れ現場

観光シーズンのロープウェイ「土合口駅」には多くの観光客が乗車の長い列を作っていました。切符売り場の脇の案内板には「天神平の天候は雨・霙、気温4℃」と書かれていました。中高年皆さん軽装・気軽に団体旅行・・天神平では紅葉見物どころでないと思います。
他人の事は行っていられない・・こちらも充分な雨具は置いてきた。折りたたみ傘とスパッツ(足元の泥除け雨除け)である。撥水加工の風よけの上着を用意していたので何とか凌げた。

急斜面の崖崩れ現場
黄に染まる山々 →

地図と案内板からマチガ沢まで20分、一ノ倉沢まで20分、幽ノ沢まで30分その先、ブナの恵みまで15分とあった。
一の倉沢までの遊歩道は舗装されており、登りもさほどきつくなく
、予定より早く(雨風の中、景色もゆっくり見物できず)着く。
眼前に一ノ倉沢が広がる・・雨にも負けず風のも負けず、多くの観光客が景色に見入っている。雨粒を気にしながらシャッターを押す。足元の遊歩道はさしずめ清流である。


道標
遊歩道
霧に煙る山

霧に煙る渓谷
口直しに晴天の
撮り置きの画像

舗装の切れた幽ノ沢までは悪路であった。水たまり、雨で緩んだ路肩、歩くところを選ばなければ先に進めない。
さすがのウオーキングシューズもここまで・・靴の中に水が侵入してきた。真っ赤に紅葉したモミジに目を奪われる。幽ノ沢まで行き、その先はあきらめ引返す。時折、雨の止み間もあり、シャッターを押す機会も増えた。


                                        [ TOP ]
Blowin' in the Wind 2013
                 
        

                                    2013.10.27

      2013.10  谷川岳 マチガ沢・一ノ倉沢・幽ノ沢ハイキング・・