Blowin' in the Wind 2011                 
        

                                    2012. 2. 8〜 9 

      2012. 2  田沢湖温泉郷と乳頭温泉秘湯めぐり・・
C・Tの格安ツアー「秋田の温泉・秘湯めぐり」温泉三昧・・雪景色と温泉を楽しんできました・・


 2月 8日  
冬の旅・・

東北の日本海側は暴風雪警報・・羽田では「秋田は雪・・着陸できなければ羽田に引き返す、条件付の運行です」とのアナウンス・・
機内でも同じであったが・・滑走路には積雪なし。
秋田着陸前はかなり揺れたが、無事着陸・・出迎えのマイクロで田沢湖温泉郷へ
向かう。いつもと違うのは添乗員さんがいない事。長靴・はっぴ姿の宿の人が到着口でのお出迎えである。

山麓荘 部屋の窓から 歓迎してくれました ロビーの竿灯 夕餉の一品

田沢湖温泉郷・・

真冬の休養の温泉三昧・・格安の個人ツアーを見つけ源泉かけ流し・雪見露天風呂、酵素風呂(ヒノキオガクズに埋まりの発酵熱で)
は湯治に良いと・・末期がんの緩和治療にも効くとか・・

きりたんぽ鍋 蒸し物 民謡ショー −7度・・露天風呂 雪景色

のんびり・ゆったりと大浴場につかり、缶ビールで出た水分を補い?酵素風呂へ・・砂蒸しと違うのは「丸裸・・すっぽんぽん」で入る事
である。発酵熱と酵素が体にじっくりと沁みこんでゆくと効能書きにあった。
5分もするとジワリと汗が出てくる。係りのおじさんが冷たいタオルで額の汗を拭ってくれる。気持ちよい・・

温かい夕食の後は三味線による秋田の民謡ショー、床に入る前に露天風呂へ・・氷点下7度・・通路は凍っている、脱衣場には粉雪が

舞っている・・

          温かの 鍋をつついて 雪見酒

          雪深く 一期一会の 露天風呂

          長年の 夢がかないし 雪見風呂

乳頭温泉郷秘湯めぐり・・

二日目は田沢湖温泉郷から宿のマイクロで、小原庄助さんモードの乳頭温泉郷の「秘湯めぐり」である。積雪は1m50cm程、道路
は綺麗に除雪され宿からの15分は車窓から粉雪の舞を見る。
田沢湖温泉郷から約15分で大釜温泉である・・ここまで来ると道路
は真っ白で、日が照ると除雪したところとの区別
がつかない。木立、木の枝には雪が付き、雪の造形のトンネルを通りぬけてゆく。

どこが道路? 大釜温泉 内湯 露天風呂 鶴の湯

大釜温泉は内湯と露天風呂のふたつである。薄茶色の湯にゆっくりと浸かる・・露天風呂は雪の中である。時間で送迎バスが到着。

          ひとときの 乳頭の湯に 歳きざむ

          乳頭に 想いの空白 埋めておき

鶴の湯温泉 露天風呂 黒湯 白湯 露天風呂

次の湯は鶴の湯へ・・山深い曲りくねった道路を10数分登る。入り口の看板と共に温泉宿と露天風呂が出迎えてくれた。軒先には
長く伸びた氷柱、屋根には積もった雪が・・露天風呂からは湯気が立ち上っていた。ここでは白湯・黒湯そして露天風呂と温泉三昧
であった。

雪景色
氷柱

          旅の宿 撮れば想いで 深くなる

          雪ふかき 木立の向こうに 寄す思い

軒先の氷柱
かまくらで・・
雪景色

送迎バスで秋田空港への道は晴れ間が出ると曇り、小雪から吹雪と目まぐるしく変わってゆく。空港に着くと滑走路は真っ白な雪で
覆われていた・・雪煙をあげ発
する飛行機を眺める。時々、強く吹雪いている。

搭乗30分前に「滑走路の除雪を行う」とのアナウンスがあり、滑走路の除雪が始まった。なんと・なんと除雪車の走る速さの早いこと・
早いこと・・あっという間の除雪作業完了であった。

夕方の6時前、地方空港の待合室のロケーションからチョロQのように走りまわる除雪車の撮影はできなかった。

搭乗してしばらく待たされ・・翼、機体に付着した雪を落とし約1時間遅れで離陸した。



                                        [ TOP ]