Blowin' in the Wind 2011
                        
いっちゃん東海道を歩く・・
人骨供養碑

旧東街道を春を思わせる陽気の中、川崎から東神奈川まで寺社・仏閣、道標、地蔵を訪ね歩く東海道・街道歩きを楽しんできました。
日本橋界隈・品川宿とまた、趣の違う街道を発見し、そこに住んでいた人たちの生活が造り上げた「街道の風景・・」を窺い知ることが
出来た。一本の街道筋だがその地に合った生活・風習が根付いていったのであろう。

今日のスタートは六郷川の旧親柱が残っている稲毛公園、川崎宿一帯の鎮守様であった稲毛神社、境内には樹齢千年の大銀杏と
十二支が祀られている。ここを願い事を唱えながら一回りすると願いは叶うと言われている。当然の事・・一回りしてきた。

六郷橋親柱 稲毛神社 十二支と大銀杏 砂子の里資料館 旧東海道

旧東海道に出ると赤く丸いポストが目立つ「砂子の里資料館」がある。川崎宿の資料が豊富に揃っているそうだ。今日は休館日でした。
「いさご通り・旧東海道」旧街道の部分が周りより高くなっていた。講師の解説によると「街道が堤防の役割も果たしていた」との説明に、
昔の人たちの知恵に感心させられる。いさご通りには旧街道の風情はないが、各所にある「故事・由来」の案内板、道標に「古しえ」を
感じさせられる、地域の人たち、街ぐるみ、行政の取り組みが感じられる「通り」であった。

佐藤本陣跡 小戸呂橋親柱 教安寺 関札の案内板 川崎宿案内板

別名「惣左衛門本陣」といわれる佐藤本陣の本陣職を務めてきたのが詩人の佐藤惣之助であり、川崎信用金庫本店前に「生誕の地
記念碑」が建てられている。(本陣跡は記念碑の斜向かいになる)川崎宿には小戸呂・砂子(いさらご)・新宿、久根崎の古くからある町名
で、新川橋にかかっていたのが小戸呂橋であり、現在は親柱が残されている。しばらく行くと祠の中に碑がある。
麦の穂を たよりにつかむ 別れかな故郷伊賀に向かった松尾芭蕉は、見送りに来た弟子たちと川崎宿京口近くの茶屋で別れを惜し
み詠んだ句が刻まれている八丁畷「芭蕉句碑」、京急八丁畷駅付近で沢山の人骨が発見され、鑑定したところ、江戸時代のものと判明。

川崎小学校 八丁畷・芭蕉碑 人骨慰霊碑 市場一里塚 道祖神

当時の川崎宿で、震災や火災、洪水の災害で亡くなった身元不明の人を、川崎宿の外れのこの地にまとめて埋め、これらの人々の霊を
供養するために、慰霊塔が建てられている。家康の江戸入りに際して武運祈願をしたと言われる熊野神社、市場の商店街に入ると宿場
の雰囲気を少しだが味わえる。左には武州市場村一里塚(日本橋から5里の一里塚)の石碑がある。稲荷神社と道祖神が祀ってある。

目の前に近代的な橋が見えてくる。鶴見川にかかる近代的な鶴見川橋である。鶴見川を渡ると鶴見橋間門跡・・出入りの人を取り締まっ
た関門跡である。「桜並木」あり、旧家ありで街道歩きを実感できる。図書館前の絵図で現在歩いてきた道と旧街道を比較する。

鶴見川橋 鶴見間門跡 街道絵図 鶴見神社 寺尾海道跡碑

その時代には、この道の向こう側には海岸が描かれている。横浜でも最古の神社と言われる「鶴見神社」には富士塚、貝塚跡、馬上
安全の「寺尾稲荷道」の碑がある。鶴見では江戸中期からの名物である「よねまんじゅう」をお土産に購入。上品な味の漉し餡の饅頭で
あった。貝のかけらで白い河川敷の鶴見川河川敷による。この地の案内板がある。その時代には対岸の千葉と交流があったらしく、言葉・
風習に共通するものもあるそうである。「ほうかし」:「アサリの味噌汁」祖母の家(千葉市)では使われていた。

信楽茶屋跡 鶴見・清月 さぼてん茶屋跡 鶴見線・国道駅 鶴見川河川敷

生麦魚河岸通りも宿場の面影が残る商店街であった。赤い鳥居の映える道念稲荷神社の「蛇も蚊も祭り」は横浜市の無形文化財に・・
雄の蛇は道念稲荷神社に、雌の蛇はこの先の神明神社に祀られ街の祭りで揉み合ったそうだ。生麦事件の現場は案内板のある所より
少し横浜側との事、石碑は高速道路建設のため仮移設されている。曾お爺さんが生麦事件の現場を目撃したという人の話を聞く事ができ、
当時の様子を書き残した「関口日記」を残した生麦村代々の名主関口家を案内してくれた。「曾お爺さんが・・」の話から、そう古くない歴史
を感じ、それがドラマ・書物の世界だけではなかったことを再認識した。生麦事件の後には英国軍艦がこの沖に11隻も終結したそうだ。

生麦河岸通り 地蔵(江戸時代) 道念稲荷神社
地蔵(江戸時代)
道念稲荷神社

地蔵(江戸時代)

道念稲荷神社

子安を過ぎると「浦島伝説」の浦島町に入る。神奈川通東公園の片隅には「オランダ領事館跡(長延寺跡)の碑がある。
開国の際にはお寺さんが領事館として使われたが、長泉寺の住職は幕府の使う命令に「屋根の補修」を理由に領事館として遣わさせる
ことを拒んだそうだ。この故事一つとっても鎖国から開国に向けては多くの人の葛藤があった事が窺える。

庚申塚
生麦事件発生現場
生麦事件の碑(仮設) オランダ領事館跡 長延寺

このお寺の前を通ると不思議と「笠が脱げた」と言う謂れを持つ「笠のぎ稲荷」には青石板碑がある。漁で網にかかった霊木を祀ったと云わ
れる「能満寺」、太田道灌を祀り、庭園の梅の花が綺麗に咲いていた東光寺が今日のゴールでした。
川崎宿に入ってからは、お地蔵さんが多く、社・祠があるわけでなく、野ざらしでにも拘らず、きれいな形で残っている。いつも花が手向けら
れていると言う、これも地元の人々の「信仰心」が、重要な役割をはたしているのいるのだろう。


青石板碑
(傘のぎ稲荷)
傘のぎ稲荷 能満寺 地蔵(江戸時代)
能満寺
東海道分開絵図

神奈川宿に入って当時の街道の様子が描かれた「東海道分開延絵図」を見た、各街道・宿場ごとにあるとの事、これを探し見るのも「街道
歩き」の楽しみになりそうである。



今日のコースは JR川崎駅→稲毛公園稲毛神社→いさご通り(旧東海道)→佐藤本陣跡→小戸呂橋跡→八丁畷・芭蕉句碑→京急八丁畷駅→人骨供養碑→
  熊野神社→市場商店街→市場村一里塚→鶴見川・鶴見川橋→鶴見橋間門跡鶴見神社寺尾稲荷街道碑→鶴見・清月(よねまんじゅう)→鶴見川河川敷→
   生麦河岸通り→道年稲荷神社→生麦事件跡→生麦事件の碑(仮設)→浦島町→神奈川通東公園(オランダ領事館跡・長延寺跡)→笠のぎ神社
→能満寺→
   東光寺 →JR東神奈川駅

 クラブツーリズム 「街道を歩く 東海道53次 第3回 川崎宿〜東神奈川(川崎宿の一部)」 街道案内人 岡山宣孝歴史講師

2011. 2. 4 川崎宿〜東神奈川    歌川広重が描いた東海道53次はこちらでどうぞ
JR川崎駅
鶴見橋関門跡
鶴見川
市場一里塚
芭蕉句碑
JR東神奈川駅
生麦事件発生現場
オランダ領事館・
長延寺跡
生麦事件の碑
笠のぎ稲荷
鶴見神社