Blowin' in the Wind 2012
2012. 4  第17回 東京ウオーキングフェスタ・・

               みんなで歩こう・・武蔵野の道・・

                                     2012. 4. 28〜29
みんなの靴
1日目(28日) サクラコース 20Km(認定23Km)

「東京国際スリーデーマーチ」の名称・開催場所、日程を変えて「ウオーキングフェスタ東京」となりました。名称変更になって

からは初めての参加となりました。
ウオーキングを始め、大きな大会に最初に参加したのがこの大会です。30Kmを3日間・・履いて歩く靴の知識もなく、肉刺

だらけの足を引きずって歩いた、思い入れのある大会です。

会場も三鷹から小金井公園へ変わり、新緑映える公園からのスタートでした。

みんなで写ろう 1 みんなで写ろう 2 スタート風景 フルメンバー 武蔵野の清流

春の東京・・秋の東松山には多くのウオーキングを愛するClubWalkingの仲間たちが集まりみんなで歩きます。
歩き、ウオーキングの大会で顔を会わせる・・そして、久しぶり、数年ぶりの元気な顔を見られることは嬉しいことです。
今回も「みんなで歩こう・・」と声をかけた。真っ先に返事の来た人、前日に返事の来た人とさまざまであるが、会えて一緒に

歩ければ嬉しい。歩いている途中で携帯のmail・電話が鳴る・・参加は出来ないが、心遣いの応援のメッセージである。

これも嬉しい。皆、気持ちは一緒である。

武蔵野の雑木林 つくば国際の宣伝 みんなで歩こう かめさんシートにて SL小金井公園駅

掲示板からの出会い、イエローシートから始まった「ClubWalkig」・・さまざまな出会いがあり、干支も一回りとなった。
人の付き合いには「紆余曲折」がある。でも、「一期一会」の気持ちは常に忘れたくない。東京のこの大会では「地元だから」

と、かめさんがみんなを迎えてくれる・・ありがたいことです。

今回も体調不良にもかかわらず、ゴール後のみんなを癒してくれました。


2日目(29日) ハナミズキコース 20Km(認定22Km)

初日はサクラルート20Km(認定23Km)快晴の玉川浄水沿いを歩く、東京郊外武蔵野の緑陰を歩くコースである。夏日の

ウオーキングの木陰と清流は何よりの元気の元であり、小さな流れの音を聞きながら歩けるのは、ここを歩いたものだけが

感じられるものである。


多摩川上水の碑
国木田独歩の碑 庚申塔群 白樺も・・ 深大寺

みんなで歩こうの我々の歩き、初日は団体歩行である。mail・葉書、掲示板で呼びかけ集まった仲間達である。ゴールデン

ウイークではあるが、来られない仲間もある、自分自身も経験してきた・・忙しい世代である。少々寂しい感はあるが、もう少し

我々が頑張れば、また・・一緒に歩けるのかな・・と。
2日目、ハナミズキルート20Km(認定22Km)今日も快晴である。スタートからは玉川上水沿いに三鷹へ中盤の緑陰を歩き、

神代植物園・深大寺、武蔵野公園を歩くお馴染みのコースを今日は4人でスタート。

JML(ジャパンマーチングリーグ)大会での歩きには、あるストレスがある・・参加者が多いため思うように歩けない事である。

がんの摘出手術で下腹を25cmあまり切った。命を長らえるために、腹筋を縦に切られた。踏ん張り、持久力

が落ちた・・。


深大寺庭園
蕎麦を称える碑 大盛りと並・・
一休庵
こんな蕎麦屋も

前半は参加者の列を左右に追い越しながら歩く、満足のゆく歩きではないが、汗をかくことのできた歩きであった。
このコースのメインは「花より団子?」深大寺の蕎麦である。いつも立ち寄る「一休庵」での大盛り蕎麦(上の画像)である。

鯉のぼりも・・ ハナミズキ 遊歩道 水車小屋 たてもの園入口

眼に青葉・・腹に蕎麦・・満腹、満足の先は学園、大学が並ぶ、東京学芸大学のところでは何を勘違いしたのか、集団でコース

アウト・・元に戻ったが、遠回りのおまけウオークとなった。暑い日のウオークの心に腹に沁みるのは、コンビニの「ガリガリ君」

である。午後からは2本・・元気取戻しのひと時でした。ゴール手前で久しぶりに「江戸東京たてもの館」に立ち寄るつもりも暑さ

と疲れで「この次に・・」と素通りとなった。



                                            [ 目次へ ]