昨年までは9月開催のピースウオークの今年は11月となり、宮島・広島市内の紅葉が楽しみのウオークでした・・

11月26日(土) 安芸の宮島 厳島と島内の自然散策コース 25Km

宮島桟橋駅前広場〜厳島神社〜大元公園〜宮島自然植物実験場〜室浜砲台跡〜(折り返し・大元公園まで戻る)〜大元公園〜
大聖院〜藤の棚公園〜紅葉谷公園〜22Km分岐〜山道(登山道)に入る包ヶ浦自然公園〜杉の浦神社〜宮島桟橋駅前広場

大鳥居 厳島神社と五重塔 常夜灯 灯篭群 砲台跡で

「厳島神社と島内の自然散策コース」25Kmを歩く・・受付で配布されたコース図では、かなり急な上り坂がある・・無理をしないで歩く
のが(少し横着になったか?加齢か?)が最近のモットーではあるが、厳島神社からの紅葉を見て、迷わず25Kmコースに入る・・

展望台より 展望台から 海を望む 五重塔 大聖院

厳島神社の参道は朝早い時間にも関わらず土曜日のためか、観光客で賑わっていた。ウオーカーは海岸線の遊歩道を歩く。

厳島神社の周辺は鹿の天国である、なかには子供のおもちゃになっている鹿もいる。神社を過ぎると観光客も少な歩くのも楽である、

紅葉谷にて 紅葉谷 大聖院 藤の棚公園 峠より一本松

古い灯篭が並ぶ海岸線から鳥居と神殿、その先の五重塔が望める。

峠より 包ヶ浦海岸 みんなの靴 みんなとみんなの靴 牡蠣の養殖場

砲台跡への道は海岸線のアップダウンのある道のりである。折り返し点がチェックポイントなっている。砲台跡の見学と記念写真を
撮っていると、いつの間にはウオーカーの姿が見えなくなる。大元公園からは紅葉の名所に入る。大聖院・藤の棚公園、紅葉谷公園の
モミジの色付きは見事だったが・・地元の人は「いつもはもっと綺麗・・」と、大聖院に参拝、藤の棚公園の紅葉を眺め、22Kmの分岐
から山道に入る、かなり急だがきつくはない、汗をかき着いた峠ではスタッフさんが笑顔でお出迎え・・「しばらくぶりです」・「きつかった
でしょう」の言葉に「その分いい風景を見られました」の返事・・しばらく談笑。

慰労会みんなで乾杯 乾杯 平和大通り ナイトウオーク イルミネーション

包ヶ浦公園に下るとゴールまでは、あと少し・・公園の広場、海岸線でも鹿がのんびり遊んでいる。ゴールはスタート地点と同じ駅前
公園・・あさひさんの笑顔でゴール!皆が揃い、
恒例の「みんなの靴」の撮影会・・盛況のうちに終了。
アフターは
広島ウオーキング協会の慰労会に例年のように特別参加させてもらった。

11月27日(日) 秋の宮島 厳島と党内の自然散策コース 25Km
ハノーバ広場〜太田川沿い・空鞘橋(東詰)〜三条橋(東詰)〜北大橋〜大柴橋で折り返し〜三条橋(西詰)〜新横川橋(西詰)〜中広大橋(西詰)
〜広瀬橋(西詰)〜緑大橋(西詰)〜平和記念公園〜平和大通り〜鶴見橋〜平野橋〜御幸橋〜道なりに直進〜宇品島入口〜宇品島一周〜出口
〜広島みなと公園〜南千田橋(西詰)〜南大橋(西詰)〜新明治橋(西詰)〜平和記念公園〜原爆ドーム〜相生橋〜ハノーバ広場


広島市は太田川の三角州に発達してきた川と橋の風景が美しい街です。2日目は川と橋とさざ波と海と波しぶき・・広島の水辺コースで
した。広島市内を流れる大田川は大芝橋下流で幾筋にも分かれデルタ地帯を形成しています。スタート地点のハノーバー広場を出て川辺
を北上、大芝橋で折返し、緑大橋まで南下する。緑大橋をわたると平和記念公園を左に見て、昨日のナイトウオークのイルミネーション会場
の平和大通り直進し、鶴見橋東詰めを右折、京橋川を南下、宇品島へ向かう。

太田川 原爆ドーム お宮と灯篭 海岸の柱状節理 大潮?遊歩道まで

大潮?で遊歩道は波に洗われ、時折波しぶきを上げる遊歩道を歩く、波、波しぶきはそれなりにあり、波音が癒しとなる。柱状 節理・
断層、巨岩と
時折あらわれる小さな砂浜の砂は綺麗で打ち寄せる波の泡の白にマッチしている・・遊歩道を歩く先にはいろいろな
風景が広がってくる。
合羽を被った釣り人がそちこちに・・釣果は芳しくないようだが、ベラと海タナゴが魚籠に入っていた。

砂浜 海岸線の紅葉 砂浜と岬 原爆ドーム 平和記念公園

京橋川を渡り元安川沿いを北上、平和記念公園の横を歩き原爆記念公園から原爆ドームを見て、今日もあさひさんの笑顔のお出迎えで
ゴール・・

会場遠景 カプリスのケーキ 広島城
お堀と広島城
お疲れさま会
麗ちゃんのお好み焼き

会場の片づけを終わったあさひさんとささやかな「お疲れさま会・広島お好み焼き」で締めくくり、明日は江田島せっかくウオークに参加です。

11月2日(月)「呉、江田島・旧兵学校と歴史の道」・・せっかくウオーク

通勤客で混雑する電車で呉まで行く、駅ビルは開店前でフェリー乗り場までは歩道の階段を登ったり下ったり・・閑散とした乗り場に着く。
しっかりと「江田島(えだじま)」と思っていたと地名は「えたじま」でした。当地の地名の看板の下に書かれたローマ字には、しっかりと「Etajima」と書か
れていました。Yahooで検索・・「えたじま」で間違いなし・・でも・・ほとんどの人の認識は「えだじま」?・・

宮島フェリー 構内から
自衛官は15分で登る
大講堂 旧士官学校と松 大講堂内部

今日のコースは、呉からフェリーで江田島に渡り「海上自衛隊第一技術学校」「旧江田島海軍兵学校」を見学し、フェリーで呉に戻り、500選の道を歩く
13Kmである。せっかくウオークは初めて・・自分の気持ちの中ではお祭りモード・・
役員さんの不手際も(失礼!)ご愛嬌・・ユーモアたっぷりのガイド(元自衛隊員)さんの説明で約1時間30分構内を案内してもらう。
入学式・卒業式、その他の重要行事の行われる大講堂の荘厳さ、教育館の歴史資料には日本の歴史(特に戦争中のもので残っているのは貴重であ
るそうだ)を感じえずにはいられない貴重な資料が展示され、外には戦艦大和の砲弾、真珠湾攻撃に使われた特殊潜水艇、戦争末期に特攻用として
造られた潜水艇委が展示されている。特に戦争中の資料は見学の者を圧倒していた。それはそれ・・中にある、資料の一説「歌詞・尋常小学校版」を
見て、口ずさむ人も・・校庭では若い自衛官が訓練をしていた。

旧士官学校正面 教育館(資料館) 特殊潜航艇
(真珠湾攻撃時使用)

大和の砲弾
特殊潜航艇後部から

〆は、どこでも同じ・・記念品売り場とレストラン・・説明の中にもところどころ話されていた物が皆さんのお土産に・・レストランでは「海軍カレー」と「カツ
カレー」の注文の声が・・もちろん「海軍カレー」をいただきました。
海軍の夕食の金曜日は「海軍カレー」長い航海で曜日を忘れないように、潜水艦内で昼夜の区別がつかなくなる為に、昼間は「白灯」夜は「赤灯」が点
いているとの事・・


                                        [ 目次へ ]

広島城ライトアップ
Blowin' in the Wind 2011

                                
                                    
                                          2011.11.26〜28
2011.11 「第4回 ピースウオークひろしまツーデーウオーク」・・
             
プラスせっかくウオーク
「呉、江田島・旧兵学校と歴史の道」