Blowin' in the Wind 2011
          ECO ROAD FESTA 奥入瀬エコロードフェスタ 
2011.10.29
 「奥入瀬渓流三里半ウオーク・・」 
 

                            
2011.10.29~30


”青森の秋”を感じませんか?美しいブナ林と渓流のせせらぎを歩く・・
奥入瀬をを歩いてきました・・


”青森の秋”を感じませんか?美しいブナ林と渓流のせせらぎを歩く・・もうこれ以上はないと言う、キャッチフレーズの奥入瀬を歩い
てきました。
昨年は台風接近のため、残念無念の直前で参加中止・・現地はそれほどの影響もなく、多くの参加者で盛況だったとの報告を後で
聞きました。
10月29日(土)・・目に映った風景にはかないませんが・・奥入瀬の画像を楽しんでください。
三沢空港からバスで三沢市へ「青い森鉄道」で十和田市経由で八戸駅へ・・八戸からはJRバス「おいらせ号」で焼山まで・・乗換は
それぞれ数分の忙しい旅でしたが、待っていてくれたのはやさしいスタッフの笑顔と素晴らしい紅葉でした。
十和田温泉郷まではのんびりとした田園風景が続く、温泉郷を過ぎ(バスで5分ほど)焼山に入ると景色は渓流の紅葉へと変わる。
スタート場所の奥入瀬渓流館到着は12時前・・前泊が出来なかったので事前に主催者にお願いしての遅いスタートととなる。

紅葉に染まる渓流

渓流館で「ゼッケン」等を受取り、静かな歩きはじめとなった。奥入瀬・十和田の紅葉は雑木林(原生林)の黄色と茶色(ぶな)が美し
く、時折混じる紅葉の赤が全体を引き立ててくれる。

エコフェスタに参加、紅葉見物の観光客とシーズン真っ盛りの会場から渓流沿いの遊歩道にはいる。奥入瀬の魅力は渓流沿いを歩
く、バス(ポイント毎にバス停がある)で自分の脚力に合わせコースを組める、渓流と滝・新緑と紅葉、本流の銚子大滝、阿修羅の流
れと、九十九島に代表される渓流の中に苔生した、木々に抱かれた岩々をたくさん見られるのも魅力のひとつです。
一般・団体客の紅葉見物は観光バス、シャトルバスでの移動(この期間は一般車両は通行禁止)、若い人たちはレンタサイクルで
それぞれの秋の風景を楽しんでいました。

渓流の音

12時丁度にスタート、三里半(14Km)の変化にとんだ遊歩道と紅葉、流れと滝の数々・・まっすぐゴールに向かうのは、もったいない
コースです。一眼デジの重さ(望遠持参)も苦にならず、昼間ゴールの子の口には15時45分に到着。
シャトルバスに乗りゴールの休屋に・・ゴールでは青森県ウオーキング協会のスタッフの皆さんと逢う事が(待っていてくれた?)でき、


滝のある風景

完歩賞を手渡してくれた。帰り支度の短い時間でしたが、歩友のAさん、Iさん、スタッフの皆さんとたくさんの話ができました。
10月30日(日)・・予報は良いほうに遅れ、陽の射す観光日和でした。

昨夜(29日)の早起きと晩酌と美味しい食事ですっかりいい気持ちの早寝・・日頃の寝不足を解消するように二日分と思われるほど
ぐっすりとよく寝た・・。

予報はあまり良くなく期待はしていなかったが、宿の窓から見た風景は青空と山にかかる白い雲・・に「変える時間までも持つかな?」
久しぶりの朝寝・朝酒(ビール)・朝風呂にのんびり、ゆっくりの朝食・・人生の至福を味わう。


奥入瀬の紅葉

十和田湖の紅葉

今日の予定は十和田湖畔をゆっくり観光モードの散歩と買い物(お土産)予定・・いわゆる観光のメインストリートはエコフェスタの会場
でもあり、朝から観光客とエコフェスタの準備のスタッフで賑わっていた。

団体客が通り過ぎた(ひと通り乗り込んだ)後の遊覧船はゆったりと乗船でき、静かな船内から十和田湖の風景を楽しむことができた。
夜半から雨の予報にやや湿度を含んだ空気に、遠くの紅葉は霞んでいたが、陽が射した時の紅葉、船が近づける湖岸の紅葉は自然

十和田の紅葉

真っ只中で素晴らしかった。バスの時間まで奥入瀬を再び歩く・・逆方向から歩くと、昨日見えなかったものも見えてくる。
昨日は渓谷、山影の歩きだったが、今日は午後の陽射しを浴びた木々と葉、渓流のきらめきを感じることが出来た。


奥入瀬の楽しみ方・・焼山から子ノ口まで(14Km)がコースですが、自分の体力に合わせバスを使うのも一つの方法です。体力のある人、時間のある人は
十和田湖(休屋)まで歩いてもいいでしょう。途中の展望台からの十和田湖の展望は素晴らしいものです。宇樽部に民宿があり、温泉街は休屋です。ホテル、
民宿、土産屋もそろっています。
登りを歩き、下りはバス・・その逆でもいいでしょう。バスは見所に停車して、観光案内ヲしてくれます。目線の高さんの代わった所から見るのも新しい発見が
あるかもしれません。

旅の〆は今回のスタッフでもあり歩友の青森のAさんとゆっくり話す(立ち話だったが)ことができ、いい締めくくりとなった。

来年は青森ツーデーが10周年、今年いけなかった八甲田、城ヶ倉そして奥入瀬も、もう一度・・行きたい所歩きたい所はたくさんだ・・


                                                       [ 目次へ ]