正月恒例の七福神めぐり・・ちば歩こう会は習志野の七福神を歩き「健康・健歩」を祈念してきました・・

今年の始め手の平日楽々ウオークは天候に恵まれた「習志野七福神ウオーク」でした。ちば歩の1月例会も天候に恵まれ今年は
上々のスタートが出来たのではないかと思います。9時の集合場所・津田沼公園は丁度ビルの陰にななる時間帯で少々寒かった
が、穏やかな陽射しに送られて、歩き始めるとダウンのジャケットは邪魔になるほどの暖かさでした。

習志野の七福神はJR津田沼駅から京成本線 実籾駅まで徒歩約3時間のコース。毘沙門天が2箇所に祀られた八神構成。 参拝は
基本的には正月3が日と毎月7日の縁日のみとのこと、七福神像のほとんどが屋外の祠に祀られているので、普段でも6寺の拝観が
可能にようである。ご朱印(無料)は屋外(祠)に置かれていたので皆さんはコース図、手持ちのご朱印帳にスタンプを押していました。

津田沼公園 毘沙門天 毘沙門天 恵比寿尊 東福寺

津田沼公園を出て駅前の通りから住宅街へ入る。保存樹囲まれに山門がない西光寺には毘沙門天が祀られている。小さな祠を覗き
込むようにして参拝。樹宅地の坂道を登り下りして行くと、山門が踏切のすぐそばにある東福寺には「恵比寿」様が祀られていますが、
本堂は大きいのだが、ここも小さな祠でした。


日露戦争記念碑
福禄寿 大銀杏 慈眼寺 大黒天

東葛地域特有の狭い入り組んだ道を歩き、商店街の中にある東漸寺には「福禄寿」が祀られている。地図だけ頼りでは初めての人は
無理であろう入り組んだ道、古い街並みの中にある慈眼寺には小さい「大黒天」が祀られている。習志野市役所に立ち寄り休憩、京成
津田沼から藤崎にある正福寺に向かう「布袋尊」は見落としてしまうような場所にぽつりと立っている。幟旗が頼りである。

布袋尊 正福寺 大久保商店街 弁財天 坂の上の雲

大久保の商店街の中にある薬師寺には「弁財天」小さな池の小さな島に小さな祠の中に祀られていました。大久保の商店街には「坂の
上の雲」の主人公・日本騎兵の父「秋山好古」が現習志野駐屯地に日露戦争から凱旋した地として所縁のものが展示されていて、素通
りするには少々残念でした。京成線実籾駅近くの
大日如来の無量寺の「寿老人」を参拝し、ここがゴールとなった。

商店街のお休み処 旧鴇田家住宅・庭園 旧鴇田家住宅 寿老人 祠の寿老人

習志野七福神は祠が小さく、本尊も小さく狭い祠の中にこじんまりと納められていた。ご本尊の大きい小さいでなく、お参りする人の気持
ちであろう。



今日のコース 津田沼公園→谷津→西光寺(毘沙門天)東福寺(恵比寿)東漸寺(福禄寿)慈眼寺(大黒天)→習志野市役所→京成津田沼駅
   藤崎→京成大久保→大久保商店街→
薬師寺(毘沙門天)→中央公園→京成大久保→実籾→無量寺(寿老人)京成実籾駅

[ TOP ] [ 1〜20] [1008ちば歩] [1008函館] [1009くつの日] [1009防災W] [1009北総W] [1009広島2DW] [1010北総歩] [1010青森2DM]
      [1011ちば歩] [1011下関] [1011佐倉] [1012例会]] [1012鎌倉] [1012汽笛一声] [1101初詣W] [1101七福神] [1102保田] [1102総会] 
      [1102観梅] [1104小湊] [1104四季の道] [1105屋久島] [1105例会]
  

2011. 1 「習志野七福神めぐり・・」  ちば歩こう会
2011. 1.20
Blowin' in the Wind 2011