Blowin' in the Wind 2010
2011. 1 第19回 いぶすき菜の花マーチ

               本土最南端 初春の菜の花薫る みんなで歩こう!・・

                                     2011. 1 22〜23
前日 (21日) 鹿児島へ・・
前回の参加は2003年・・とても想い出のある大会でした。今年はのんびり一人旅・・
1月21日 羽田(8時5分)から鹿児島空港へ、フライトは順調・・機長のアナウンスでは「鹿児島の天候は曇り気温1℃」でした。
本日の機材 JAL「あらし」デコ 市電 大久保利通像 大久保利通生誕の地
羽田ではJAL「あらしステッカー」に出会いました。生憎の曇り空で富士山は雲の下でした。鹿児島上空では窓から桜島を見る
ことが出来、 曇り空に噴煙を上げる桜島・・空港から市内に向かう車窓から、鹿児島中央駅からも見ることが出来たのですが、
風があり噴煙の桜島は撮れませんでした。

維新ふるさと館 篤姫の間 西郷隆盛生誕の地 丸一さん黒豚豚カツ 龍馬・お龍像
鹿児島では市内散策、維新の道・ゆかりの地を歩き「維新ふるさと館」では、西郷隆盛、大久保利通等、薩摩側から見た「維新」を
感じ、見ることが出来ました。
桜島・フェリー埠頭から 樺山・黒田語る 黒船来襲 くり屋にて 名物・カツオのたたき
出かけた時はその地の食も名物を・・今日は「丸一」さんの「黒豚とんかつ」の昼食・・ボリューウムたっぷりで食事制限1カ月分の
豚肉をいただきました。夜は「くり屋」さんの「カツオのたたき」で至福の一杯・・幸せを味わいました。

1日目(22日) 菜の花薫る開聞ステージ 25Km
みんなで歩こう・菜の花の道・・Club Walkigの仲間たちとの「みんなで歩こう指宿の道」でした。

快晴・・指宿晴れ・・宿を出るときは月夜、闇に浮かび上がる開聞岳に見送られてスタート。朝の冷気も参加者の熱気でどこへ
やら。開聞岳も円錐形の美しい姿をぐるっと360度一回り、Club Walkigの仲間たちと25Kmコース(実質29Km)をのんびり・
ゆっくりとあさひさん・かめさん、オッパーさんと和気藹々と歩く指宿の風景を堪能できた幸運な1日目でした。
40Kmスタート ソラマメ畑と・・ みんなの靴 想比母子の像 死生の扉
かいもん山麓ふれあい公園をスタート、道路脇に咲く菜の花、広い畑には実が空を向くことから名づけられたという「ソラマメ」、
白い花が咲き鞘を膨らませた「実エンドウ」・・指宿の特産物の向こうには開聞岳・別名薩摩富士が聳える。海に向かい灯篭が
並ぶ比島作戦に参加した鹿児島県出身戦死者の慰霊碑がある「花瀬望比公園」、レイテの森を抜け海岸線をぐるっと歩く。
開聞山麓自然公園には小柄な「トカラ馬」
がのんびりと歩いていた。日本在来の馬だそうだ。
殉國戦士おもかげの像 開聞岳 開聞岳ヲバックに 自然公園のトカラ馬 長崎鼻から
ここからは長崎鼻が見渡せる。長崎鼻には竜宮神社・・観光客も多かった。「フラワーパークかごしま」に入ると色とりどりの花が
咲いている、風は冷たいが公園内はパンジー・ビオラチューリップを中心に春の色である。
フラワーパーク 今年の干支は・・ 西大山駅にて 幸せを運ぶ・・ 煮うめん
本土最南端の駅である「西大山駅」はウオーカー・観光客の休憩場所でもあり記念撮影の場所である。幸せを運ぶ黄色いポスト
も設置された。平成の名水百選の「唐船峡」で遅めの昼食は「煮うめん」出汁の効いた汁には細めのうどん風のこしのある麺と
相性がよく旨かった。
枚開神社 ゴールのステージ みんなの靴 歓迎レセプション 歓迎レセプション
ゴールでは先にゴールした康兵衛さん、均ちゃんと合流・・あさひさんのケーキと大福、楽しいアフターのひと時を過ごせました。
16時30分からは「歓迎レセプション」・・アフターはお開きとなり散開。

2日目(23日) 指宿ステージ 30Km
アップダウンの多いコース・・登りは「がんばれ!」いっちゃん・・下りは「リラックス!」の与三郎モードでした。

自分の好きなこと、遊んでいる時の時間の経つことの速さはいつも感じることである。2泊3日の指宿も今日は2日目・・ゴール後
は帰宅である。最終日はいつも一番後ろからのスタートで知り合いに声をかけ、話しながらの歩きです。
今日もたくさんの人と話ができ、思い出作りがが出来ました。今日は「指宿ステージ」30Kmコースを歩く、なんと!スタート直後の
海岸に出た時には対岸からあがる「あさひ」の見送りで絶好の出発となりました。
朝日に送られて JR山川駅 開聞岳と地熱発電所 溶岩・大根・菜の花 地熱発電所
すなむし会館の先まで海岸線を歩き、JRの踏切を経て海岸線出でる。山川港を見渡せる。最南端の有人駅「山川駅」お世話に
「くり屋」さん、その先が分岐。山川埠頭までは海岸線を歩く。アップダウンの道を行くと昨日、汗を流した「ヘルシーランド」・・先には
開聞岳・溶岩の山、地熱発電所、そら豆・えんどう豆の畑の中に天日で干している大根の垣根・・鰻温泉まで30Kmの標識を見て
実エンドウの畑 鰻池 接待の蒸かし薩摩芋 最南端のおいも屋 思わず”ピース”
だらだらの坂を上りきると鰻池・鰻温泉での接待・・温泉で蒸かした薩摩芋・温泉卵、鰹節の味噌汁とお腹一杯のサービスでした。
薩摩芋は「千葉」の薩摩芋とは色・形、味が違い、とにかく「甘く」「しっとり」している。二日目はアップダウンが多く、腹一杯になった
体には辛いものがあった。市街に入ると「歩っ!」とした。
指宿駅・チェックポイント 駅前・足湯 B級グルメ 人気店 1000円券を購入して
遺跡公園でamakaraさんと出会う。時遊館前では5レンジャーのお出迎えに記念撮影、指宿駅前で休憩チェック後、なんとなんと
話に夢中になりコースアウト!1Km以上も指宿の街との名残を惜しんで歩きました。

[ TOP ] [0205三方] [0205東京] [0206北見] [0209鳥海] [0211東松山] [0212名護] [0301指宿] [0303倉敷] [0304久留米]
[0305東京] [0309鳥海]
      [0309洞爺] [0310河口湖] [0311東松山] [0311加古川]
[0312名護] [0404飯田] [0405東京] [0406網走] [0405東京] [0406網走] [0410河口湖]
      [0412名護] [0501指宿]
[0505東京] [0603千倉] [0604飯田] [0605三方] [0611東松山] [0910しまなみ] [0911東松山] [1011東松山] [1101指宿]
シンボルの菜の花