Blowin' in the Wind 2010
                 いっちゃんの ひとり旅・・
     還暦過ぎて、やっと自由人となったが・・何の因果か?報いか?「がん」の診断を聞く。自分の我侭・不摂生、不養生
    ならば、いつか行く道、辿る道・・仕方がないと諦めもつくが・・「なんで?いま、自分に・・」であった。
     幸い手術後の経過も良く、100%元の体には戻れないけれども、これから先は開き直り・・地獄の沙汰も何とやら・・
    考えるに天国は無理であろう、ならば「冥土の土産」を閻魔様に・・のんびり・・「ぶらっと・ひと歩き・・」
                 2010. 8. 3   「しらせ 5002」見学・見聞録・・


昨年6月、横須賀で「5003・しらせ」と「5002・しらせ」を見てきた。その時の5002は25年間の活躍が報われ
るような扱い(宗谷・富士のように展示の話もなく、引き取り手がない)をされていないように聞いた。
7月にサッポロビール船橋工場の見学に行った時、「しらせ・5002」が目に飛び込んできた・・
ネットで調べると、(株)ウェザーニュースさんで「気候変動・地球環境の新たなテーマの活動の場として再生して
ゆく・・」等々の趣旨のもと船橋で第二の船出をしたと書かれてあった。早速、見学申し込みをして、今日(8/3)
の乗船・見学となった。
8名の案内役スタッフさんの丁寧な説明とお天気の話は聞き応えがあり、観測船のうんちくを含め、素晴らしい!
「しらせ」見学となりました。
新習志野駅前で受付、バス移動、車中では注意事項等が話された・・約5分で「しらせ」の係留されている埠頭に
到着。オレンジ色の船体が目に飛び込む。「埠頭からの撮影は見学後に・・」との案内。
ミーティングルームでのオリエンテーションでは、スタッフさんの自己紹介、「しらせ」の活躍の様子、(株)ウェザー
ニュースさんでの第二の船出までの経緯の説明。
艦内見学・・甲板では観測気球の話、タイミングよく停泊中の資源 (探査船)の紹介があり、艦内では恐怖の床屋
(タイガーカットハウス)・しらせ本店、医務室には手術台まで完備・・ちなみに手術は3回だったそうです。
一番の数の多い治療は「歯」だったそうです。
食堂・調理室では53度の横揺れ(すっげー!!)での料理がこぼれてしまった話、冷蔵庫の大きさはさすがです。
「モヤシ」「カイワレ大根」の栽培(たとえ2・3本でも新鮮な野菜を食べさせたい)の説明、甲板からはアクアライン、
スカイツリーは見渡せ、ここではお天気・雲の様子の話・・雲を見ながらその地点のお天気予想。
艦橋に入るとリアルタイムの天気が表示され雲の様子と一致・・全国のお天気サポーターさんの話にはのデータ
収拾・積重ねの必要性を感じました。
艦橋では艦の性能が良くなるにつれ使われなくなったヒーリングの話。艦内での縦社会の話にも興味津々・・
海洋観測室では船橋港内のプランクトン画像を見る。海洋観測・地質研究室、北極航路の話には感心させられ、
「しらせ5002」見学のお礼とメーセージを書き埠頭へ出る。
しらせの勇姿をバックに参加者の記念撮影・・皆で笑顔の「しらせ500にー!」でした。
スタッフさんの写真も撮らせていただきました。やはり・・笑顔の「しらせ500にー!」でした。
スタッフの皆様ありがとうございました。参加者の集合写真ありがとうございました。(個人情報なので非公開)
次回は冬の真っ只中に防寒服を来て「しらせ5002」を実感しようと考えています。

なお、見学申込はウェザーニュースホームページ http://weathernews.com/ から「SHIRASE Project」で。


[TOP] [1006航空祭] [1006鎌倉] [1007朝顔市] [1007ほおずき市] [1007祇園祭] [1007風鈴市] [1008しらせ] [1008仙台七夕] [1008佃祭]
   [1009広島] [1009小原] [1010京都]