Blowin' in the Wind 2010
                 いっちゃんの ひとり旅・・
     還暦過ぎて、やっと自由人となったが・・何の因果か?報いか?「がん」の診断を聞く。自分の我侭・不摂生、不養生
    ならば、いつか行く道、辿る道・・仕方がないと諦めもつくが・・「なんで?いま、自分に・・」であった。
     幸い手術後の経過も良く、100%元の体には戻れないけれども、これから先は開き直り・・地獄の沙汰も何とやら・・
    考えるに天国は無理であろう、ならば「冥土の土産」を閻魔様に・・のんびり・・「ぶらっと・ひと歩き・・」

                 2010. 8. 6  東北三大(四大)祭り 仙台七夕まつり・・


東北三大(四大)祭りの最後を飾る「仙台七夕まつり」は例年7月7日の月遅れである 8月7日を中日
として、8月6日から8日の3日間にわたって行われている。大規模な飾付けがされるのは、一番町や
中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺などであり、仙台藩の伊達政宗が女性に対する文化向上の
目的で七夕を奨励してから約400年の歴史があるといわれています。
祭りが8月の開催となって、今年で100周年となる区切りの年に見物してきました。
仙台駅構内も奇麗に飾られお祭り気分を一気に最高潮・・特設の案内書でパンフレットをもらい、見物
順序を決める。ついでに仙台といえば「牛タン」名店を内緒で教えてもらう。
仙台の街並・アーケードを飾る、大小あわせて3000本の豪華絢爛な竹飾り、青竹にさまざまな形・色の
七夕飾り、短冊が下げられ、風に揺れる風情はどこの七夕まつりにも負けない豪華なものでした。
ちなみに昨日5日の夜は前夜祭で1万5千発の花火が打上げられたそうです。
子供連れで一週間をかけ青森・秋田・仙台、山形とまわったのが20数年前・・今回は一人旅・・
木更津を6時の特急に乗り、「はやて」に乗り継ぎ9時10分過ぎには仙台に着く。目的を持って欲張らずに
歩いてくれば、充分日帰り圏内である。
12月に青森まで新幹線が開通する。東北の旅行、お花見旅行も様変わりするのであろう・・


[TOP] [1006航空祭] [1006鎌倉] [1007朝顔市] [1007ほおずき市] [1007祇園祭] [1007風鈴市] [1008しらせ] [1008仙台七夕] [1008佃祭]
    [1009広島] [1009小原]