Blowin' in the Wind 2010
                 いっちゃんの ひとり旅・・
     還暦過ぎて、やっと自由人となったが・・何の因果か?報いか?「がん」の診断を聞く。自分の我侭・不摂生、不養生
    ならば、いつか行く道、辿る道・・仕方がないと諦めもつくが・・「なんで?いま、自分に・・」であった。
     幸い手術後の経過も良く、100%元の体には戻れないけれども、これから先は開き直り・・地獄の沙汰も何とやら・・
    考えるに天国は無理であろう、ならば「冥土の土産」を閻魔様に・・のんびり・・「ぶらっと・ひと歩き・・」
             2010. 7.20   夏の風物詩・川崎大師風鈴市・・


今年で15回目・・毎年7月に開催される全国最大規模の「川崎大師風鈴市」は川崎大師の真夏の
風物詩です。今年も北は北海道から南は沖縄まで、全国47都道府県より、900種類、3万2千個の
風鈴を一堂に集め、17日から21日まで全国の特色ある風鈴を心ゆくまで楽め、賑やかに開催されて
いました。
平日は静かでした 涼しい音色で・・ 竹細工 有田焼 喜多方蒔絵
風鈴市会場には「風鈴納め所」が設置されており、古くなった風鈴に対し「感謝の気持ちを込めて」
「どうぞお納めください」との案内もありました。
厄除け 京風鈴 有田焼 竹細工 とんぼ柄
軒しのぶ 花笠風鈴 篠原風鈴・篠原さん
名入れサービス
厄よけ風鈴
熟練した職人による吹き硝子手作り風鈴、内側から描いているのが特徴です。
江戸風鈴の篠原風鈴本舗の篠原さん。遠く江戸時代からの技法を今に伝える職人さん。会場では
『川崎大師オリジナル「厄除だるま風鈴」』名入れのサービスが有りました。



[TOP] [1006航空祭] [1006鎌倉] [1007朝顔市] [1007ほおずき市] [1007祇園祭] [1007風鈴市] [1008しらせ] [1008仙台七] [1008佃祭]
    [1009広島] [1009小原] [1010京都]