Blowin' in the Wind 2010
                 いっちゃんの ひとり旅・・
     還暦過ぎて、やっと自由人となったが・・何の因果か?報いか?「がん」の診断を聞く。自分の我侭・不摂生、不養生
    ならば、いつか行く道、辿る道・・仕方がないと諦めもつくが・・「なんで?いま、自分に・・」であった。
     幸い手術後の経過も良く、100%元の体には戻れないけれども、これから先は開き直り・・地獄の沙汰も何とやら・・
    考えるに天国は無理であろう、ならば「冥土の土産」を閻魔様に・・のんびり・・「ぶらっと・ひと歩き・・」
                 2010. 6. 6   第38回 木更津航空祭・・


ここのところ「自衛隊のヘリ、機関砲の音が続くな・・」と感じていたら、今日は「第38回 木更津航空祭」でした。
秋(10月)の航空祭にはかなり前に行った事もあり、隣組の役員のときは抽選で当たり、当時の自衛隊のデモン
ストレーション・隊員輸送機であったYS11に搭乗、木更津から鋸山上空までのフライト(飛行中の操縦室も見学)
を体験した。
その後は休み、都合が合わず航空祭の見学には行くこともなかった。今年の秋にはぜひとも言ってみようと思って
いたところ・・思いもかけずに道路に案内板が立ち、開催を知る事となった。詳細はネットで調べた。
自転車で・・とは思ったが駐屯地内に入れば徒歩での見学になるので、お散歩気分+リハビリモードで出かける。
毎年のことだが人気のあるイベントで時間帯によっては道路の渋滞がある。
簡単なボディーチェックと手荷物検査を済ませればあとは自由見学である。デモンストレーションの撮影の特等席
(どうして知っているのか?)はカメラの列である。
滑走路・輸送ヘリ 滑走路戦闘ヘリ CH−47J デモ準備 セレモニー
AH−64D アパッチ UH−60J 海保庁 UH−1J EC155B1 警視庁 AS365N3 消防局
滑走路にはヘリが駐機、隊員が忙しそうに準備している。メインステージでは儀仗兵のセレモニー・・統制の取れた
儀式は見ていても気持ちがいい。展示されているヘリ・航空機はロープで立ち入り禁止が設定されているが写真を
撮るには良いポジションが取れる。
U−125 T−7練習機 T400 YS11 ボンバル300
駐屯地に配備されているヘリ・連絡機・航空機・輸送機、海上保安庁・消防局のヘリも展示・見学・搭乗見学も可、
格納庫には化学防護車・軽装甲車・武輪装甲車、海外活動のパネル等が展示されていました。
C−1輸送機 CH47J SH−60 シ−ホーク V−107(VIP) 管制塔
化学防護車 軽装甲機動車 96式装輪装甲車 パネル・船舶護衛 パネル・船舶護衛
待ちかねたデモンストレーションは陸上自衛隊の航空基地に配備されているCH47輸送ヘリ、AH−64D戦闘ヘリ
アパッチなどヘリコプター数十機による一斉離陸と実践さながらの隊員・物資輸送・空中戦(機関砲発射)、後方支援、
パラシュート降下等デモンストレーションは「見応えあり」でした。
ヘリファン必見・・とにかくヘリコプターを「いやっ!」と言うほど見られます。
アパッチ・正面 アパッチ・操縦席 アパッチ・側面 シーホーク 装甲車・機銃
日常では「うるせーな・・」と思っているヘリの音も現場で直接見ると「すげー・・な」に変わってしまい、響く機関砲の音、
パラシュート降下、模擬戦闘が繰り広げられる中、お弁当をひろげる家族連れ・・平和を実感しました。


[TOP] [1006航空祭] [1006鎌倉] [1007朝顔市] [1007ほおずき市] [1007祇園祭] [1007風鈴市] [1008しらせ] [1008仙台七夕] [1008佃祭]
    [1009広島] [1009小原] [1010京都]