Blowin' in the Wind 2010                 
        

                                    2010. 6.12 

      2010. 6  無形民俗文化財「チャグチャグ馬コ」・・
農耕馬をねぎらい、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る伝統行事、「チャグチャグ馬コ」を見物してきました・・

木更津を6時の特急に乗り新幹線に乗り継ぎ・・10時には盛岡に着く。日帰り圏内である・・運賃がもう少し安ければ・・
この時期のニュースを見るたびに実際のお祭を見てみたいと思っていた。
盛岡駅前では臨時の案内書と「チャグチャグ馬コ」がお出迎え・・一緒に記念のシャッターが押されていました。
田植えを終えた農耕馬をねぎらい、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る伝統行事、国の無形民俗文化財「チャグチャグ馬コ」を
見物してきました。滝沢村出発の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社から見たかったのですが、連れの都合で日帰りの
旅行・・盛岡市内での見物となりました。小荷駄(こにだ)装束をまとった、83頭の馬と行列の先頭を歩く11頭・・今年は
93頭が1列になって行進。鈴の音「チャグチャグ」と響かせてゆっくりと歩く馬の背で、網笠を被った子供や女性が沿道
の見物客に笑顔で手を振り応えていた。
見物したコースは緑の美しい北上川沿い橋を二つ渡り、街並みの美しい材木町、盛岡駅前から繁華街、官庁街を経て
盛岡神社まで・・暑い中、ここで馬たちも「ホッ!」と一息だったことでしょう。
地元の人の話では、この馬の装束には百万単位の費用をかけているとの事、最高は約200万円との話でした。
手綱を引く家族、上に乗っている子供たちと馬との係わり合い、馬に対する感謝の気持ちが伝わってきました。
今年生まれた子馬が親のあとを離れずついてゆく姿も微笑ましいものを感じました。ちなみに盛岡の気温は29℃・・
行列の最後を歩き掃除を担当した市の職員(ボランティア)の人たちも暑い中本当にお疲れ様でした。
毎年、6月の第二土曜日に開催(地元の人の話では昔は日曜日)・・見物・見学は風下がお勧めです。

[ TOP ] [personaltrip1〜20] [2008・11富岡] [2008・12外苑] [2009・02佐貫] [2009・03青梅] [2009・04神田川] [2009・04長瀞] [2009・04横浜]
      [2009・05足利] [2009・07 観蓮会] [2009・07 ゆりの里] [2009・08 高原の花] [2009・09 勝沼] [2009・10 東北] [2010・05 日比谷]
      [2010・05 富士] [2010・06 横浜] [2010・06 盛岡]