Blowin' in the Wind 2009                 
        

                                    2009.10.13〜15 

      2009.10  紅葉紀行、八幡平・八甲田・十和田・奥入瀬、白神山地・・
八幡平・八甲田・十和田・奥入瀬・白神山地・・東北の紅葉は一度の旅では全て見られません・・

10月13日 八幡平
「まもなく盛岡です・・」のアナウンスを聞くと車窓には雨粒が・・遠くの山並みは靄の中・・バスガイドさんの声も少々沈
みがち・・高速を下り、アスピーテラインに入ると青空が広がってきた。道路のカーブを登るごとに木々の葉の色が変わ
ってくる。
八幡平から岩手山 岳樺と岩手山 鏡沼 ガマ沼と岩手山 八幡沼
八幡平ユース付近では臨時停車のサービス・・青い空に黄・紅葉が映える。「台風18号が岳樺の葉を落とした」との話
もありました。
八幡平と岩手山 ナナカマド 松川渓谷 松川渓谷 白樺並木
緑の熊笹、椴松這松の中を進み頂上駐車場に着く。雲の流れが速い・・頂上に向かう登山道は強い風が吹いていた。
思っていたより寒い・・が、空の青さ、沼の、熊笹、這松の美しさが風の冷たさを感じさせない。
車窓からの熊池、八幡平登山道の・鏡池、メガネ池、ガマ沼、八幡沼・湿原、眼前に拡がるパノラマは素晴しいの一言。
松川渓谷に架かる、松の橋からの紅葉は今が盛り・・五色・五彩模様でした。

10月14日 十和田・奥入瀬
宿から発荷峠を越えて休屋へ・・ここから子の口までは遊覧船の旅。ここの遊覧船は20数年前に乗った記憶はあるが、
風景・航路は覚えていない。最盛期には少々早いとは聞いていたが、湖上からの眺めは素晴らしい。紺碧の湖面に映る
緑・黄・橙、紅の模様は、ここまでこないと見られない。
船上より十和田湖 十和田湖・紅葉 十和田湖・紅葉 十和田湖・赤壁 銚子大滝
奥入瀬は銚子大滝から白糸の滝までの散策・・もう少し歩きかったが、ツアーでは仕方ない。ちなみに銚子大滝の名の
由来は十和田湖を徳利に見立てると銚子から注がれる姿を見立てたそうだ。
奥入瀬の森 奥入瀬 蔦沼 蔦温泉 紅葉の八甲田
今年の秋は八甲田を歩きたかったのだが・・日程その他でままならず、車窓からの紅葉見物となった。
石ヶ戸・焼山から蔦温泉へ・・蔦沼を歩き、バスはブナ林の中を黄・茶に染まる八甲田へ。ブナ林の美しさを満喫、圧巻は
最高所122mの城ガ倉大橋・・端の両側・上下流の紅葉は時を寒ささえ忘れさせてくいれた。
城ガ倉大橋から 城ガ倉大橋から 城ガ倉大橋から もみじの森・不動の滝 もみじの種
中野もみじの森は低地のため紅葉には少々早め・・もみじの赤い種を見ることができた。

10月15日 白神山地・・
宿を出て弘前のアップルロードを西目屋から白神に向かう。道路の両側にはリンゴ畑が広がる、赤く色づいたリンゴが
たわわに実っている。台風の影響はなかったそうだ。白神に向かう山道に入ると、津軽ダムの建設現場があった。
ヘアピンカーブを越すたびに山の色合いが濃くなる。現地、ネイチャーガイドさんの案内でほんの入り口だけだったが美し
いブナ林の成り立ち、生態系、自然を聞きながら歩く。思ったよりもアップダウンはあった。
早朝の岩木山 白神山地 散策歩道入口 散策歩道 ガイドさん
途中、紀子様が訪れた時に聞いたという「ぶなの鼓動・・」その木で耳を当て聞いてみる。聞いた音はそれぞれのようで
あった。1時間30分の散策では白神の本当の良さは味わえなかったが、次の旅の楽しみとして取っておく事とした。
ブナの木の鼓動を聞く ブナ林 ブナ林の湧水 紅葉 レストハウス前で
「良いところはたくさんあるよ・・」ガイドさんの言葉に、「また、来たいですね・・」

東北の紅葉は黄から茶に変わる広葉樹が多い。派手さはないが全山が染まる姿は現地に行かなければ、その美しさを
味わえない・・所々に朱に染まるもみじが、一層の目をひいている。

[ TOP ] [personaltrip1〜20] [2008・11富岡] [2008・12外苑] [2009・02佐貫] [2009・03青梅] [2009・04神田川] [2009・04長瀞] [2009・04横浜]
      [2009・05足利] [2009・07 観蓮会] [2009・07 ゆりの里] [2009・08 高原の花] [2009・09 勝沼] [2009・10 東北] [2010・05 日比谷]
      [2010・05 富士] [2010・06 横浜] [2010・06 盛岡] [2010・09 佐久]