Blowin' in the Wind 2008                 
        

                                    2008.11. 9
[ TOP ] [0410吾妻渓谷] [0602雪祭り ] [0604桃源郷] [0605秩父芝桜 ] [0607富良野・知床 ] [2007・01袋田] [2007・02河津]
[2007・05諏] [2007・11昇仙峡] [2008・ 1七福神] [2008・ 2白川郷] [2008・ 4桜紀] [2008・ 6箱根] [2008・07尾]
[2008・07上高] [2008・09大雪]  [2008・10奥日光]  [2008・10軽井]  [2008・11猿橋]  [2008・11富岡] [2008・12外苑]
[2009・02佐貫] [2009・03青梅] [2009・04神田川] [2009・04長瀞]
日本三奇橋のひとつ甲斐の猿橋と甲斐の名城址「岩殿山」を歩いてきました・・

案内文より・・
「甲斐の猿橋」は「岩国の錦帯橋」、「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ日本三奇橋のひとつで、広重の「甲陽猿橋之図」や
十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」などにその珍しい構造が描かれています。
長さ30メートルあまりのさして大きくない木橋ですが、谷が深く、当時の技術では橋脚を建てる事が困難であったため、
両岸から張り出した四層のはね木によって橋を支えています。
ホリデー快速
モモずきん号
ここでもよさこい
武田武士
宮下橋から 大正2年・ドイツ製 猿橋・遊歩道より
「秋色に染まる猿橋・岩殿山を訪ねて」のキャッチフレーズで駅からハイキングが開催されました。そろそろ見頃の猿橋を
歩いてきました。
山と渓谷に囲まれた山梨(甲州・甲斐の国)は四季によりさまざまな自然の表情を見ることが出来る大好きな所です。
日本三奇橋の1つ猿橋と武田二十四武将の1人小山田氏の居城であった岩殿山の紅葉を楽しみながら歩いて来ました。
猿橋の名前は以前から聞いていましたが行く機会がなく今回の駅からハイキングで「ラッキー」な初対面となり、スタート・
ゴール会場では産業祭りが開催されており郷土料理「おつけだんご」に舌鼓を打ってきました。
猿橋・展望台より 猿橋 1号水路橋 猿橋・県道より 桂川渓谷
大月の駅は富士五湖・三つ峠ハイキングの乗換駅としての利用はあったのですが、降りての観光・ハイキングは記憶には
ありません。曇り空の寒い日・・もみじが少なくケヤキ等の雑木が主体のところなので地味な紅葉と曇り空で艶やかさはいま
一つでしたが、大好きな甲斐の国の秋を満喫・・駒場発電所・桂川(相模川)渓谷・葛野川・Tepco葛野・岩殿山、大月産業
祭りと歩きとイベントを心ゆくまで楽しめた欲張りな秋の一日でした。
駒橋発電所遠景 観音像 高速からの岩殿山 ふるさと館と岩殿山 岩殿山
「駒橋発電所は明治40年に誕生し、当時の東京の電力を賄いました。現在、長距離送電発祥の地として、日本の近代化に
貢献した草分け的な発電所です」とTepco葛野の館員さんの丁寧な説明もありました。
      2008.11  大好きな甲斐の国!秋色に染まる猿橋・岩殿山を訪ねて・・