Blowin' in the Wind 2008                 
2008. 7  乗鞍高原・上高地花紀行  高原の花たち          

                                    2008. 7.27〜28
どしゃぶりの雨と風、びしょ濡れ、たくさんの山に登ったが始めての豪雨と強風の体験・・

7月27日(日)乗鞍スカイライン経由で乗鞍畳平まで行きました。カーブを回るごとに谷が深くなり木々の様相も変わ
ってくるのが目に入り、高木が見えなくなりハイマツの樹林帯に入る、雪渓も見え隠れ・・スカイライン終点の畳平に
・・ここでは魔王岳とお花畑周りの遊歩道を歩く。曇り空で展望は望めなかったが、岩場・お花畑に咲く花たちを充分
楽しめた・・ところがいきなりの雷、「あっと」いう間のに雲の流れの中に・・傘を広げる間も無くどしゃぶりの雨と風・・
びしょ濡れ・・たくさんの山に登ったが始めての豪雨と強風の体験・・防災館の暴風雨疑似体験より強烈でした。
魔王岳から 畳平 花と雪渓 一の瀬園地 あざみ池

その後は落ち着いた(小雨でしたが・・)天候のもと、一の瀬園地の白樺林を散策し白骨温泉へ・・
雨風が強くなった時点で散策していた観光客達は近くの建物、バス等に非難させられており、もし・・散策する順番を
変えてお花畑から魔王岳山頂のコースにして山の頂上であったらと・・考えただけでも背筋が寒くなった一瞬でした。
7月28日(月)上高地・フルコース。早朝の白骨温泉上空は青空も見え隠れしていました。20数年前に家族と訪れ
た吊橋の宿を散歩のついでに寄ってみる。宿は綺麗に改築されていたが、川沿いの露天風呂は当時の面影が残っ
ていたように見えた。白骨温泉から沢渡へ続く道を下る湯川の深い谷に流れ落ちる細い滝がいく筋も見られる。
食事時間に間に合うように引き返すと・・雷の音が、昨日の教訓から早めにホテルへ引き返す。
一の瀬園地から 吊り橋の宿 林道には・・ 湯川の水源 大正池・焼岳

食事中に雨音と雷の音が激しくなる。予定通りの時間に宿の人たちの傘のアーケードに助けられバスに乗る。
降りしきる雨の中、スーパー林道・沢渡、釜トンネルを経て大正池バス停に着く。雨は小降りになって、焼岳・穂高も
頂上付近は雲に隠れているが、山容は見ることができた。梓川はかなり濁って濁流となっていた。
穂高に登るべく小梨平でキャンプ・・台風に遭ってテントをたたみ慌てて非難した昔のことを鮮明に思い出した。
所々通行止め、迂回の遊歩道を田代が原・田代池・田代橋、ウエストン碑・かっぱ橋から明神池までの遊歩道、明神
池から明神橋を渡り小梨平、かっぱ橋と上高地の観光コースを一通り歩き、濁っていた梓川もかっぱ橋へ戻る頃には
もとの清流に戻りつつありました。
田代湿原・奥穂高 田代池 ウエストン碑 かっぱ橋 遊歩道から

10数年前まではかっぱ橋より先に行く人は少なかったのですが、旅行会社のツアーで手軽に上高地まで入れるよう
になり、多くの観光客が奥まで入るようになっていました。
何度も歩いているのですがいけば必ず歩く、大正池から田代が原・田代池、かっぱ橋から梓川上流に向かっての左岸
の明神池までのコースは本当に素晴らしいコースです。
梓川に流れる 湿原の木道 明神池 明神・二の池 上條嘉門次の碑

高原の花たち
[ TOP ] [0410吾妻渓谷] [0602雪祭り ] [0604桃源郷] [0605秩父芝桜 ] [0607富良野・知床 ] [2007・01袋田] [2007・02河津]
[2007・05諏訪] [2007・11昇仙峡] [2008・ 1七福神] [2008・ 2白川郷] [2008・ 4桜紀行] [2008・ 6箱根] [2008・07尾瀬]
[2008・07上高地] [2008・09大雪]  [2008・10奥日光]  [2008・10軽井沢] [2008・11猿橋]  [2008・11富岡] [2008・12外苑]
[2009・02佐貫] [2009・03青梅]