2002. 5.20〜21
Blowin' in the Wind 2006
20062. 5 三方五湖ツーデーマーチ
長操鍋の接待 小学生の応援を受けて

まさしく梅干
まな板の上の鯉?
く釣り上げられた鯉
ビールを買うには
免許が必要です

30分以上格闘したとか・・釣り上げた人は息を切らしていたが誇らしげに語っていた。ゴールが近くなると名残惜しくなり、
後ろ髪を惹かれるように景色を見渡す。
会場となりのスーパー銭湯でゆっくり汗を流しビールで乾いた喉を癒す・・至福の時だ。

この大会の宿泊施設は民宿が主である。この地方はふぐの産地なので「ふぐ料理」と思っていたが、時期外れということで
通常の料理でした。2泊3日・・いつもあわただしい旅となるが、今回は気持ち的にものんびり・ゆったり出来たと思う。いつもの
ように呑み歩くことなく、夕食がゆっくり出来たのがよかったのかな・・

「この大会は毎年、警備を頼まれてやっているけど、必ず一日雨が降る・・」信号待ちのときの警備・誘導の人の話でした。
昨夜の雨は上がり上々のスタートと思われたが、スタートの花火と同時にポツリポツリと・・しばらく行くと傘のお世話になる。
止むかな?空を見つつの歩きとなる、コースは町村合併で新しく設定されたところなのでゆっくり歩きたいところだが・・

町並みを外れ見通しの良い田園地帯に出たと同時に強い雨と風、あっという間にずぶぬれ状態・・しばらくは傘も役に立た
ない状態であった。熊井宿のチェック・昼食会場で熱い長操鍋の接待で一息入れ、小降りになった雨の中を後半のコース
に出る。後半は20Kmのコースを逆に歩くコース設定となっており、20Kmコースの人たちとすれ違いながらの歩きとなった。
多くの人と会えるのは良いが狭いところではすれ違うのに困ったこともある。

雨が上がり風だけが残った・・おかげで着ているものが少しずつではあるが乾いてきた。ゴールはぬかるみ状態、寒いことも
あり、アフター用品をスーパーで仕入れシャトルバスへ。

民宿の女将さんに見送られて出発。二日目は好天に恵まれた五湖周遊コース。鈴なりに実った青梅を見ながらの歩きとなった。
のんびり歩こうということで20Kmコースを歩く・・分岐点では「40Kmはこっちだよぅ〜」と声をかけられたが「今日はのんびり
で〜す」とマイペース。次々と変わる風景に湖の大きさを感じる。船に乗り込んだ(校外学習?)小学生たちの声援に手を振り、
湖畔で梅を干している農家の方と少々の会話、その先では釣り人の輪が出来ていた。見れば大きな鯉があがっていた。

[ TOP ] [0205三方] [0205東京] [0206北見] [0209鳥海] [0211東松山] [0212名護] [0301指宿] [0303倉敷] [0304久留米] [0305東京] [0309鳥海] [0309洞爺]
      [0310河口湖] [0311東松山] [0311加古川]
[0312名護] [0404飯田] [0405東京] [0406網走] [0405東京] [0406網走] [0410河口湖] [0412名護] [0501指宿]
     [0505東京] [0603千倉] [0604飯田] [0605三方] [0611東松山] [0910しまなみ]