武蔵野を歩こう!武蔵野で語ろう!
けやき・さくら・いちょう・はなみずきの輝く新緑、つつじの色とりどりの花に迎えられ賑やかなスタートとなりました。ついこの間会った人・・半年ぶりの人・・それぞれが本当に心からの笑顔で向き合えた初日でした。
「人はそれぞれ、出逢いの運と時を持っていると思います。そして、その出逢いの縁を繋ぐのはそれぞれの誠実さ・やさしさではないかと思う」・・となりを歩く
横顔が、しみじみとそれを感じさせてくれました
2日目の団体歩行をレポートします。総勢17名で、コースリーダーあのあのさん、アンカー康兵衛さんで、キ20Kコースをスタートしました。途中、
成蹊大学のイチョウ並木、井の頭公園を経て、中川遊歩道へ。このあたりから、ホホエミさんがしきりと昼食場所を気にしだしました。今回の昼食場所は
深大寺。もちろん名物深大寺そばを食べました。団体歩行の昼と言えば、公園に弁当を広げてというパターンですが、名物料理を皆で食べるというのも
新しい試みとしてよかったと思います。
初夏の日照りに上着も脱がず・・流れる汗も拭わず・・ゴールに着けば「こふきいも」。音を立て、砂塵を舞い上げる風・・追い風に流され、
向かい風に惑わされ・・人だかりがあれば行って「ワイワイ」騒ぎ、ひとり歩きの人に声をかけ、名物のそばに舌鼓。
冷たい雨に濡れ、風に吹かれ・・着替えがないと「がちがち」と震えながら、ゴールの美酒に酔う。一人では寂しいと・・仲間を見つけ、
賑やかに歩き、歩いて語り・呑んで語る・・いつの間にかこのような仲間の中にいる・・・
スタートしてしばらく行くと「成蹊学園ケヤキ並木」。 ここは景色が良いばかりでなく「残しておきたい日本の音景色百選」に選ばれております。
 「春 新緑の優しく爽やかな葉ずれの音」。 ケヤキと風が奏でる音が、四季折々、それぞれおもむきを異にして楽しめます。
最近(風が冬から春に変わったころ)から、色々な風を感じています。 世界には風を表す言葉が1万語以上あるとか。残念ながら、わたしは風を表す言葉の大半を知りません。
2004. 5. 3〜 5
Blowin' in the Wind 2004
2004. 5 東京国際スリーデーマーチ
感じた風を言葉で表現できなく、もどかしくも思っております。楽しみながら歩けば、風の色がみえてくる」。まだ、風の色は見えませんがその言葉を味わいながら歩いております。
[ TOP ] [0205三方] [0205東京] [0206北見] [0209鳥海] [0211東松山] [0212名護] [0301指宿] [0303倉敷] [0304久留米] [0305東京] [0309鳥海] [0309洞爺]
      [0310河口湖] [0311東松山] [0311加古川]
[0312名護] [0404飯田] [0405東京] [0406網走] [0405東京] [0406網走] [0410河口湖] [0412名護] [0501指宿]
     [0505東京] [0603千倉] [0604飯田] [0605三方] [0611東松山] [0910しまなみ]